11月22日(月)

 昨日、高岡市での国政報告会の前に高岡イオン近くで久々に街頭演説。

 演説をしながら、同じ場所で行った先般の同市長選挙での富山維新の会・街宣活動での一コマを思い出しました。

 富山維新の会は角田悠紀氏(現市長)を支援したわけですが、上野蛍富山市議(富山維新の会幹事長)が私の横で、角田さんの若さを強調するため「角田悠紀、30年やっても68歳」と訴えていました。

 それを聞きながら「俺は30年経ったらいくつだろう? やや91か、やっぱり若いな!」と改めて感じたものです。

 新市長誕生から早いものでもう5か月。

 まちがなく高岡はいい方向に変わりつつあります。

 高岡を前に進めるために、その若さで大いに頑張って欲しいものです。