5月2日(日)

 今日は気晴らしに、歩いて数分のところにある目白庭園を散策。

 この庭園の中央には大きな池があり、水際には石垣を築いてその上に数奇屋建築の「赤鳥庵」が配されています。

 赤鳥庵は、この地で創刊された文芸雑誌「赤い鳥」に因んで」いるとのこと。

 京都の杉山杉を用いた瓦葺平屋建てで、なかなか優雅です。

 池ではカルガモの親子が楽しそうに泳ぎ回っていました。

 短い時間でしたが、大都会の喧騒を離れ、しばし穏やかの時を過ごせました。