2月19日(金)

 午前中はマスコミの取材、午後から日本チベット国会議連総会。その後富山県首都圏本部から来年度予算案の説明、ウイークリー動画の撮影。

 

 チベット議連総会に出席。

 ダライラマ法王日本代表部からチベット情勢について報告を受け、人権状況等厳しい現実を改めて認識しました。

 このチベットはじめウイグル、香港と中国が深く関わる国際的な人権問題が続いています。

 日本は毅然として中国に物申すべきです。

 しかし、今日の議連も超党派といいながら、我が党の参加者がもっとも多く、与党議員はほんの数人。

 衆議院の本会議前という事情もあったのかもしれませんが、与党の「本気度」が感じられませんでした。

 本日の総会をもって我が党議員が多数入会したことを機に、国会の中でもチベットへの関心が高まり、状況を少しでも改善できる第一歩になればと願っています。