3月13日(金)

 昨日、衆議院で「新型インフルエンザ特措法改正案」が可決しました。

 この法案審議に先立って日本維新の会は、「一定規模以上のイベント等開催について制限・停止の命令を行う法的根拠を創設するとともに、当該命令に従い経済的不利益を受ける者への補償措置を規定すべき」と与党に申し入れしたところ、同改正案の付帯決議にわが党の主張が盛り込まれました。

 同提案は、今月9日の参議院予算委員会で私自身も政府に求めたことであり、その趣旨が付帯決議に明記されたことは嬉しく思います。

 これからも、新型コロナウイルス対策の充実強化のために積極的に提言・提案をしていきたいと思います。