2月11日(火)

 早朝は南砺市で実践倫理宏正会福野支舎設立記念朝起会、午後から石川県で金沢・南砺ゆかりの集い、夜は富山市で富山維新の会役員会。終了後、最終の新幹線で上京。

 

 加賀藩政時代から続く金沢と南砺の交流をさらに進めるために、今年も集いが開かれました。

 特に今年は、長年陳情を重ねてきた「金沢福光連絡道路」が前進しそうな雰囲気も出てきたので、例年以上に盛り上がりを感じました。

 とにかく、金沢と南砺の県境を越えた連携が今後一層進み、共通する地域の課題解決に弾みがつくことを心から願っています。