1月13日(月)

 午前中は南砺市で手をつなぐ育成会「成人を祝い、新春に語る会」、午後から小矢部市藪波地区新春の集い、富山市でボーイスカウト・ガールスカウト県連盟新年懇談会。

 

 顧問を務めるボーイスカウト富山県連盟の新年会に出席。

 少子化などにより団員は減少傾向にありますが、家庭や学校ではできない自然での活動・奉仕活動、異年齢の人との交流など、貴重な体験ができるスカウト活動はこれからの時代も必要不可欠です。

 私自身も、小学3年生頃から小矢部第4団(残念ながら今はありませんが)カブ隊に入り、高校生までスカウトをやっていました。

 「あれから何十年」と言うと「綾小路きみまろ」みたいな話になりますが、当時の活動や体験が現在の自分の血となり肉となっていることは間違いありません。

 そういうことからも、次を担う青少年のために、今後もボーイ・ガールの両スカウト活動を一生懸命応援していきます。