10月4日(金)

 臨時国会が始まり、安倍総理の所信演説を聞く。

 概して総花的で、山積する内政・外交の諸問題に具体的にどのように取り組むのか、よく分からなかった。

 特に、消費増税で日本経済への悪影響が今後大きくなることはまちがいないが、その認識はきわめて甘く、対策も不十分と言わざるを得ない。

 また、増税の一方で身を切る改革・行財政改革などについては、ほとんど言及はなかった。

 「維新ならこうする!」。今後の国会論戦でこれからのあるべき日本の姿を示せるよう、しっかり論陣を張っていきたいと思う。

      (日本維新の会参議院議員総会にて)