小林部長は事実を述べた上で世界選手権に出場する三人に三枠取れるよう頑張ってほしいとエールを送っただけなのに、なぜか悪質ウノタ(宇野ファン)が小林部長に牙を向けています。

そして羽生氏に憎悪を剥き出しの悪質マオタデーオタの中に世界選手権に出場しないなんて枠のことを何も考えていない!しょーまばかり酷使させている!と面白いことを言ってる連中がいるんですよね(笑)

五輪団体戦の時から気づいていましたが、憎悪を剥き出しにしている悪質マオタデーオタが誰よりも羽生氏の実力を認めている悪質粘着アンチという構図(笑)

五輪後に世界選手権に出場しない選手なんて珍しくないですよ。

しかも羽生氏は怪我の治療という理由なので当然でしょう。

悪質デーオタは大ちゃんがソチ後の世界選手権を欠場したこと記憶が抜けているのかもしれません(笑)

それにまるで世界選手権出場を罰ゲームみたいな言い方(笑)

いやいや、世界選手権ですよ?(笑)

そんな考え方初めて聞きましたが悪質ってこんな考え方をするんですねぇ。

しょーまばかり酷使と言いますが、例えば四大陸に出場するかどうかは選手の判断ですし、羽生氏が団体戦に出場していてもしょーまも団体戦に出場していたはず。
デカさんには悪い言い方になりますが現実的に考えてそうでしょう。









小林部長の発言の話に戻すと、実際男子の枠は羽生氏を頼りにしていましたよ。

一スケオタの私だって頼りにしてましたもん。

さすがに女子の枠まではいくら羽生氏でも無理ゲーですが(笑)

これからは羽生氏がいなくてもこれが日本男子ぞ!という力が必要なのです。

そもそも羽生氏は以前は平昌五輪で引退する予定を立てていたはず。

スケオタにとっても羽生ファンにとっても今後の羽生氏の現役生活はいわばボーナス。

これからは下の世代が結果においてもメンタル面も引っ張っていける力をつけないと。









私は以前にも書いてるとおり日本人のスケオタとして世界で日本人フィギュアスケーターがより長くトップクラスの地位にいてほしい。

なぜか。

当然でしょ、自分が好きな競技で日本人が強いということは日本のメディアも多く取り上げるわけ。

そして競技への注目度が高くなり競技人口が増える、競技人口が増えればその競技の活性化、選手同士の競争も激しくなり強い選手が出てくる。

この循環はどの競技においても当てはまります。









そして日本人フィギュアスケーターが「より長く」トップクラスの地位にいるために必要なもう一つの重要なこと。

世代交代です。

もっと言うと世代交代しても地位を継承できる下の世代がいること。









だからこそ私は二年前からしょーまに平昌五輪の金メダルを獲ってほしいと思っていたのですが、全日本を見て絶対に金は無理だと確信したんですよねぇ…。

今しなければいけないこと(4T-3Tを安定させる)
をないがしろにして2A-4Tを実際の試合で組み込むとはねぇ…。

試合での成功率が高いなら組み込めばよし。

しかしねぇ…五輪まで時間がない中でそんな博打を試合で組み込んでる場合じゃないっしょ…と。

野球の話になりますがカープに岡田という投手がいまして。

先発投手なんですがバントがド下手くそで(笑)

セ・リーグの先発投手ならバントは上手くなってもらわないと困ります。

それなのに奴はなぜかシーズン中にバントの練習ではなく長打を打つ練習をしていまして。

しかも試合でホームランを打つことが目標だとさ…( ´△`)

うん、絶妙にずれている。

全日本のしょーまを見てるとこの岡田に重なったんですよねぇ。

なので平昌金メダル候補からこの時点で外しました。









そもそも頂点を狙える位置にいる選手が注目されなくて楽だなんて考えではね。

大ちゃんも羽生氏もエースとして動向に注目が集まることは受け入れてましたよ。

ネイサンなんて普段では考えられないほどの注目とプレッシャーをアメリカから受けていました。
(アメリカは普段はフィギュアスケートへの注目度について日本より低い)

ハビも言わずもがな。

それが五輪なのです。

それは頂点を狙える位置にいる選手には付き物。

羽生氏がいるから注目はあっちにいって楽できるなーでは一番世間から注目を浴びる五輪で金メダルは無理でしょう。









身体的には羽生氏の怪我は本田氏の言うとおりフィギュアスケーターにとっては相当痛手だったわけなのに、なぜ金メダルの獲れたのか。

ぶっちゃけネイサンがSPでやらかしてしまい、羽生氏もあの怪我の状態なら金メダル狙えるには狙える位置ではあったんですが、SPが終わった時点で金メダルは羽生氏かハビだろうとここも確信しました。

とにかくしょーまの金メダルはないなーと。

なんだろう、CSで初戦勝ったのに全然勝ち抜けるような気がしなかったあの横浜戦くらいの確信はありました(苦笑)

競技を長く見てると予感が当たる確率高くなりません?(笑)

良いことも悪いこともなんですが。

それって長く競技や選手を見てると、無意識の中で実力とポテンシャルとメンタル面と経験を冷静に判断できるように鳴ったからなのかなーと。

どんな競技もそうですが、実力差がほとんどないトップクラスの選手になればなるほど最後の差はメンタル面と競技に対する姿勢で結果に明暗が分かれます。

そう考えると今回の平昌五輪でその明暗の「明」になったのが羽生氏なのは当然の原理なのかもしれません。

ただあの怪我とあの練習量であそこまでの演技ができるのはマジで漫画の世界の住人です(笑)

私の大好きな昭和元禄落語心中の菊比古さんにそっくりだし漫画の世界の住人でも違和感なしですが(笑)

あの容姿とあの独特な雰囲気と今までの実績、どんな逆境も跳ね返すマンというところからして二次元界の住人説あるで!とは思っていましたが、今回の平昌五輪で私の中では何らかの事情で三次元に舞い降りてきた二次元の住人説がかぎりなく高まっています←









あと、もしこの記事を読んだ羽生ファンが昭和元禄落語心中の菊比古さんってなんぞや?と少しでも興味を持たれる人がいたらぜひぜひググって下さい(笑)

アニメ化もされています!

ちなみにアニメでは菊比古は私の大好きな石田彰さんが声優を担当されていた作品です(///∇///)