こんにちは。

 カウンセラーの柴田しずかです。

 

 暑いですね~。

 今日、街を歩いていたら、

 

 「暑いしか言葉が出てこない」

 

 という会話をしている人たち何組ともすれ違いました。

 ホント暑い。

 

 熱中症には、くれぐれも気を付けてくださいね。

 

 

 =================

    声をかけることができなくても 

 =================

 

 書いてたら長文になってしまったので、

 先に結論を書いてしまうと・・・・。

 

 街や駅や電車の中で、

 身体に障がいがある方には、

 「何かお困りですか?」

 「サポートは必要ですか?」

 

 と声をかけてほしい。

 

 大丈夫な時は、自力で何とかする。

 

 というのが、当事者の思いなのだけど、

 

 障がい者と接する機会がない人にとっては、

 助けたいという思いはあっても、

 声をかけられない社会だということに気が付いた!!

 そんなお話です。

 
 

 一昔、いや二昔前かな.....

 いきなり手を取って引っ張っていく人とかいたけど。

 

 ここで、実話を一つ。

 小学生のころ。

 校則で白杖持って通学しないといけなくて、

 いつもの通学路を歩いていて、

 横断歩道の途中で信号が変わりそうになり、走ろう!と思った瞬間、

 反対方向に引っ張られ・・・・。

 引っ張った人は、無言で去って行ったの。

 

 連れて行かれた歩道は、いまさっきまでいたところで・・・・(^_^;)

 渡ろうとした反対側に向かっていたのは気が付かなかったのか!?

 っていうか、あんた誰!?

 、心で怒りまくったことがあります(子どもだったからね、熱くなっちゃった)。

 

 もっとひどい人は、

 乗るつもりじゃない電車に、

 やっぱり無言で乗せられ、

 「もう安心だよ」と言ったおじさんがいたなぁ。

 

 乗せられたのは、反対方向の電車・・・・・(^_^;)(^_^;)(^_^;)

 

 最近は、「大丈夫です」というと、

 それ以上は、本人が自力でやるからという人権尊重を教えるのが主流のようです。

 

 これは、とても助かります。

 通学・通勤ルートで、突然手を取られたら驚くし、

 毎日自力で動いているエリアだから、自分のペースがって.

 実話のように大きなお世話なときもあるし。

 

 初めてのところは、サポートあると嬉しいけど。

 

 で、

 この話をして、

 実際に街のバリアを生で見て、

 中高生たちから出た言葉が、

 

 

 「声をかけるのは、すごく勇気がいるけど」

 とか、

 「声はかけられないけど、点字ブロックの上に自転車が倒れてたらどかすようにしようと思いました」

 とか。

 

 何かしたい、

 障がい者や高齢者、その他交通弱者と呼ばれる人たちは、

 想像以上に危ない目に遭っているというのはわかったけど。

 

 声をかける勇気。

 

 この壁、

 とてもとても高いと思います。

 

 そう感じたエピソードです

 

 では、解説を。

 

 

 先日、

 地元の社会福祉協議会さんの催しに参加してきました。

 

 「夏!体験ボランティア」

 

 なんて読むと、

 

 あぁ、なつかしいなぁと思った方もいらっしゃるのでは?

 

 たぶん、どこの地域でも、

 夏休みになると、

 学生さんを対象とした「ボランティア体験」というのが行われています。

 

 実は、これはけっこう長い歴史があって、

 20年前に学生だったわたしも、

 参加した経験があるのです。

 

 私の住む地域も、

 おそらくは、福祉施設行ったり、イベント出たりなんていう選択型ではないかな?と思うのですが。

 

 バリアフリーマップ調査という、

 地元ボランティアさんたちによって、定期的に活動されているものがあり、

 そこにも、学生さんが来たりします。

 

 区域を決めてルートを決めたら、

 実際に街に出て、傾斜がどれくらいか、道幅がどれくらいか測ったり、

 夏ボラ以外のときは、もっといろいろ調べているみたいですが。

 

 夏ボラバージョンは、下記のようなプログラムになります。

 

 1.社協さんのこと、活動内容

 2.街のバリアのこと

 3.障がい者や高齢者、妊娠中の方などの対応

 4.実際に車いすに乗ったり、アイマスクしたりの体験

 5.街を歩いて見て、どんなところがバリアになっているかに気が付く

 6.レポート作成

 

 ってな感じで、

 ここ数年、毎月の定例会には仕事の都合で欠席しているけど、

 夏だけは参加して、

 障がい者(とくに視覚障がい)が困ること、してもらえると助かること,,etc,etc,,,,,,

 なんかをお話させてもらってます。

 

 で、

 例年は、終了までご一緒するのだけど、

 今年は仕事に戻らないといけなくて、

 成果報告の最後までは聴けず、

 でも、学生さんたちの感想は聴きたいなと思ってギリギリまでいたら・・・・。

 

 

 冒頭の声が続いたの。

 

 例えば、

 白杖を持っている人を見かけた!

 どうしよう、ちょっと迷っているみたい、

 「何かお困りですか?」

 

 心ではつぶやけるけど、

 声に出せない.,,,,,,

 

 

 とのこと。

 

 

 彼女たちなりに、

 自分のできるところで貢献しようとか、

 勇気を出してみようとか、

 前向きな意見ばかりだったけど。

 

 

 たしかに、

 声かける人って少ない!!

 

 

 そう思ったの。

 

 実は、

 この感想を聞き終えて、会場から慌てて電車に乗ったら、

 斜め前の優先席に座ってた女性が、

 無言で立ち上がった。

 

 ??????

 

 

 まだ、駅には着いていないけど?

 

 なんか、

 わたしのほうをちらちら見てる?

 弱視だから、曖昧な視線しか返せないけど。

 

 たぶん、30秒以上はこの空気だったんじゃないかな。

 立ってる人は他にもいたけど、

 だれもそこに座らない。

 

 普段だったら、

 どかっと座って、 

 スマホ触り出す人ばかりなのに(優先席でもね)

 

 これは、

 わたしに対して

 「ここへどうぞ」という意味なんだろうな。

 

 たぶん、95%当たってると思うから座ったけど(^^ゞ

 

 

 日本人特有なのか、

 地域制(関東です)なのか?

 

 公衆の面前で、

 声を出すのが苦手な人って多いなと気が付いた!!

 

 「すみません、降ります!」と言えずに、

 無言で前の人ごみを押す人とか、

 ぶつかっても気まずそうに会釈する人とか。

 

 

 「どうぞ」

 

 「大丈夫ですか?」

 

 そりゃぁ、言えないし、

 言えたら、周りに見られちゃう!

 それは何か嫌だ。

 

 なんなんでしょうね、この心理。

 

 でも、

 たしかに、わたしも若いころは、

 ぶつかったり、何か助けてもらったりしても、

 はっきりとは「ありがとう」も「ごめんなさい」も言えなかった。

 

 友だち同士では言えたのに。

 

 そっか~、勇気いるなぁ。

 

 大人でも、

 「無言のサポート」が精いっぱいだったりするわけで。

 

 まだ中学生とかじゃ、

 大変よね、その一言。

 

 

 本当は、

 声をかけやすい空気が一番だけど、

 たぶん、それは無理だと思うので、

 彼女たちが言っていた

 「声をかける勇気はないけど」

 

 その代わり、

 街のバリアを自主的に取り除く、

 ちょっと小声だけど、態度をこっそり出すでいいかな、

 それができればじゅうぶんでしょ!

 感想を思い出しながら、

 譲ってくれた女性を眺めて感じていました。

 

 ちなみに、「こっそり」とは何か?というと。

 

 実は、障がいの説明をした際に、

 わたしが、電車内でよく遭遇するサポート。

 

 後ろから、そっと肩とかを叩かれて、

 「あの」とか、「良かったら」と小声で言って去っていく人が、

 けっこう多いので、

 身体が弱い人とかだったら、

 そういう形でも、助かりますよって言ったの。

 

 視覚障がい者的には、

 「なに?」と思いますが.

 

 それ以外なら、

 通用するだろうからと思って、例で挙げたら、

 

 「それならできそうです」という子もいたの。

 

 

 なんだか、とっちらかったけど。

 

 あなたが、もしどこも不自由ではなくて、

 あ、困ってそうな人がいる、でも勇気がない・・・・

 

 そんなときは、こっそりやりましょう。

 

 またまた実話ですけど、

 駅員さんを呼んできて、本人は立ち去った人もいましたよ。

 

 関わりたくないとか、急いでたとか、

 恥ずかしいとか、

 色々でしょうけど。

 

 それでもいいんです。

 

 あなたのできる範囲で、

 もし「勇気」が出せる時期になったら、

 「あのぉ」だけども大丈夫なので、

 

 

 少し手を差し伸べてもらえたらうれしいな。

 

 今回も、

 最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

話し相手サービスに登録しています。

カウンセリングは敷居が高い、

気軽にお話したいという方、

よかったら、お電話ください。

些細な世間話、愚痴、相談などなど、

多岐にわたる内容のお電話がきています。

もしもしサービス

以前使っていたカウンセラーネーム「静花」で登録しています。

携帯番号に直接電話する形式:10分300円

 

わたしは、受付時間少ないですが、

他のスタッフでも、優しく明るくお話聴いてくれますよ(*^。^*)

自分の思いのたけを人に話すのは、

メンタルヘルスで大切です

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 

 もちろん、通常のカウンセリングも、

 引き続き、お受けしております<m(__)m>

 対応時間や料金につきましては、

 アメブロのメッセージでお問合せください。

 

 

        ~~~~~メール講座のお知らせ~~~~~

 

メール講座、

ただいま新作作成中です!

2019年の軌道修正に沿った内容にする予定です。

 

すでに、新作作ると宣言して半年近く・・・・。

どこかで本腰入れたい(^_^;)

 

 これまでの、

 「視覚障がい児の“できない”を“できる”に変える7日間講座」は、

 新作が出来上がるまでは、配信可能です。

 

 ご希望でしたら、登録してください(新作完成後、こちらの講座は配信中止します)

 

 ~★~★~★~★~★~★~★~★~★~★~★~★~★~< 視覚障がいを持つお子さんの“できない”“できる”変える
7日間講座卒業証書

<1日目>お子さんに視覚障がいがあるあなたへ
<2日目>目が不自由でも、たくさんの○○で情報キャッチ!
<3日目>弱視の私が、自立できたたった1つの秘密
<4日目>なぜ、学校卒業後こそ大切なのか?
<5日目>「そっと見守る愛」VS「しっかりお世話する愛」
<6日目>一生役立つ!生活力を身に着けるカンタン法則
<7日目>お子さんの将来を明るくする3人からの魔法
   ラブレターラブレター3秒で登録できますラブレターラブレター
     ↓  今すぐ登録する ↓

    無料メール講座登録フォーム

 


障がい者 ブログランキングへ

 こんにちは。

 柴田しずかです。

 

 台風だったり、蒸し暑かったり、

 体力が消耗されそうな日々ですが、

 いかがお過ごしですか??

 
 
 

 =================

     自己PRできますか?

 =================

 

 今、

 色々なことがまとめて押し迫っていて、

 「自己PR」を書きまくらないといけない状態で、

 ちょっと現実逃避のブログ更新です(^^ゞ

 

 講演会とかワークショップとか、

 障がい者援助関連でとか・・・。

 

 講演会のほうは、

 もう締切ってしまっているので告知できませんが、

 ワークショップは、タイミングを見て告知しますね。

 

 さて、

 自己PRに戻して。

 

 これ、

 意外と難しいですね。

 

 久しぶりにやりましたけど・・・・自己分析。

 

 

 ご相談されたときは、

 自己肯定感を高めるよう支えている立場ですが、

 それはとても大事だし、

 たぶん、わたしは高くも低くもないところかなと思いますが。

 

 

 PRとなると、

 また違ってくるんです。

 

 アピールしなきゃいけないんです。

 

 いくら、

 自分にはこれがある!という自信があっても、

 必要とされていないものだったら、

 「だから何?」となってしまうのですよね。

 

 そんな反応されたら、

 否定されたと思ってしまって、

 落ち込むし、

 デリケートな人は立ち上がれなくなるかもしれない。

 

 わたしも、

 「だから何?」と面と向かって言われたら・・・・・????

 

 ちょっと困るかも。

 

 

 ということで、

 自分のスタンスは残しつつ、

 嘘にならない程度にポジティブに書く。

 

 この作業、精神的にキツイと思う人、

 いるのではないでしょうか?

 

 時々、

 自分の長所だけを書き出して見てというセラピーをする方いらっしゃいますが、

 実は、

 わたしは、その方法は、あまりお勧めしていません

 (場合によっては言いますけど)

 

 他の人から、「魅力的なところ」を言い合ってというワークはやりましたが、

 自分で良いところを掲げてもらうというのは、クライエントさんや聴講している方々には、

 あまり出さない手です。

 

 というのも。

 

 なんか照れくさい、

 ナルシストみたい。

 

 そう言われたことがあって、

 実践してみたら。

 

 ナルシストとは思わなかったけど、

 たしかに照れる!!

 

 だからって、

 自分の欠点もあげて、±0というオチはつけちゃいけない場合。

 

 いやぁ、

 ちょっとした精神修行ですね、これ。

 

 

 とか言っているけど、

 登壇したら、ペラペラとポジティブ発言しちゃうんだろうなぁ。
 
 そして、
 その記録を見せられたら、
 恥ずかしくなる・・・・。
 
 こころに寄り添うことをしていても、
 堂々と自己PRができないなぁと感じたお話でした。
 
 あなたは、
 突然
 「自己PRしてください」と言われたら、
 堂々と、照れずにできますか??
 
 
 余談ですが、
 ちょっとお仕事絡みで、
 芸能オーディション(面接会という名前だったけど)の現場を
 生で見たことがあります。
 
 受けに来ていた人たちの、
 自信満々の喋り方!
 
 そうでもしないと、
 それくらい自信を出さないと、
 いけない世界なんですね。
 
 
 今回も、
 最後までお読みいただき、ありがとうございました。
 

 

 

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

話し相手サービスに登録しています。

カウンセリングは敷居が高い、

気軽にお話したいという方、

よかったら、お電話ください。

些細な世間話、愚痴、相談などなど、

多岐にわたる内容のお電話がきています。

もしもしサービス

以前使っていたカウンセラーネーム「静花」で登録しています。

携帯番号に直接電話する形式:10分300円

 

わたしは、受付時間少ないですが、

他のスタッフでも、優しく明るくお話聴いてくれますよ(*^。^*)

自分の思いのたけを人に話すのは、

メンタルヘルスで大切です

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 

 もちろん、通常のカウンセリングも、

 引き続き、お受けしております<m(__)m>

 対応時間や料金につきましては、

 アメブロのメッセージでお問合せください。

 

 

        ~~~~~メール講座のお知らせ~~~~~

 

メール講座、

ただいま新作作成中です!

2019年の軌道修正に沿った内容にする予定です。

 

すでに、新作作ると宣言して半年近く・・・・。

どこかで本腰入れたい(^_^;)

 

 これまでの、

 「視覚障がい児の“できない”を“できる”に変える7日間講座」は、

 新作が出来上がるまでは、配信可能です。

 

 ご希望でしたら、登録してください(新作完成後、こちらの講座は配信中止します)

 

 ~★~★~★~★~★~★~★~★~★~★~★~★~★~< 視覚障がいを持つお子さんの“できない”“できる”変える
7日間講座卒業証書

<1日目>お子さんに視覚障がいがあるあなたへ
<2日目>目が不自由でも、たくさんの○○で情報キャッチ!
<3日目>弱視の私が、自立できたたった1つの秘密
<4日目>なぜ、学校卒業後こそ大切なのか?
<5日目>「そっと見守る愛」VS「しっかりお世話する愛」
<6日目>一生役立つ!生活力を身に着けるカンタン法則
<7日目>お子さんの将来を明るくする3人からの魔法
   ラブレターラブレター3秒で登録できますラブレターラブレター
     ↓  今すぐ登録する ↓

    無料メール講座登録フォーム

 


障がい者 ブログランキングへ

 こんにちは。

 柴田しずかです。

 

 すっきりしないお天気が続いていますが、

 ご気分はいかがですか??

 

 

 

 ===================

   あなたの大切にしている「価値観は?」

 ===================

 

 もう1年以上も前なのですが、

 「働く弱視者のメンタルヘルス」ワークショップの2回目を開催しました。

 (3回目の告知が始まり、そういえば去年のこと書いてない!!と気が付きました(^_^;))

 

 

 第1回は、

 自分の心に溜まっていることは、

 他の人に聴いてもらって、

 どう感じたかのフィードバックを相手にしてもらうと、

 

 「物事の見方が変わる」

 「想像できなかった事実が見える」

 「気持ちが晴れる」

 

 ということを

 ワークで体感していただきました。

 

 そうしたら、

 頂いた感想の中に、

 楽しかったというのが多かったのだけど、

 

 「一人で解決できることが知りたかった」というものがあり・・・。

 

 

 たしかに、

 いつでも、どこでも、

 人に話したり、意見聴いたり、肯定してもらえるわけではない。

 

 ということで、

 昨年は、セルフケア編というサブタイトルをつけて、

 「自分で自分に気が付く」というワークをやりました。

 

 

 ~~~~~~

  価値観探し

 ~~~~~~

 

 「価値観」と一言で言っても、

 さて、どういう意味でしょう?と訊かれたら、

 うまく説明できますか?

 

 

 あなたの価値観は何ですか??

 

 そう訊かれたら、応えられるでしょうか。

 

 

 価値観=信念ともいいますが・・・。

 

 信念というと、重い印象があるかもしれませんね。

 自分の中で大切にしている思いというか、

 

 こういう考え方を大事にしている。

 

 もっと砕くと、

 こういうことが普通だと思う部分でしょうかね。

 

 「責任感持って」と思う人もいれば。

 

 「マイペースが一番」と思う人もいる。

 

 この「」が、全て価値観です。

 無数にあります。

 

 で、

 意外と、

 本音の「大切な価値観」って、

 気が付いていない、見つけられていない人が多いのです。

 

 なぜかというと、

 これは、人によって解釈は違いますが。

 

 わたしは、

 本音と建て前。

 こうありたい自分と、見たくない自分。

 

 からくる「ギャップ」かな?と考えています。

 

 

 例えば、

 「自尊心が強いですね」と言うと、

 言われた相手は、

 否定したり、怒ったり、悲しんだり・・・・。

 自信満々に、

 「そうです」と言えない人、けっこういるんですよね。

 

 「自分は、そんなにプライド高くない」

 「上から目線」

 「傲慢」

 

 そんな風に思われてると勘違いしてしまうんです。

 

 そんな評価は、

 公然と誰かにされたわけではないのに、

 自分の評判を又聞きしたり、

 そういうタイプに見える人への不満を聴いてしまったり、

 テレビやブログなどのネットでの他人の意見、造られたキャラクターの影響。

  

 それら膨大な情報が集まってくるうちに、

 いつの間にか、

 そんな風にインプットされてしまったのはないでしょうか。

 

 それで、

 「協調性」とか、「達成感」とか、「優しさ」「寛大」のほうが印象がいいから、

 自分はそういう価値観を大切にしている「フリ」をしている。

 

 だけど、

 本当の信念とは違うから、

 なんか人間関係が窮屈。

 

 もっというと、生きづらいな・・・・・。

 

 と感じてしまっていませんか?

 

 そういう問いかけをして、

 「声に出さなくていいので、

 自分にしっくりくるキーワードを探しましょう」

 

 価値観リストから探してもらいました。

 

 一見、ネガティブなキーワードだと躊躇するけれど、

 それがネガティブなのは、あなた本人がパラダイム変換(色眼鏡)で見ているだけ。

 

 みんながそう思っている訳ではない。

 

 だから、安心して、

 自信をもって、

 自分の「価値観」を大切にして、

 信念のままの行動は、空気を読むと無理な瞬間もあるけれど。

 

 今自分はがまんしているけど、

 本当は違う。

 

 あとで、一人になったら思いを解き放とう!

 

 

 と感じながら過ごしたら、

 職場や、その他のコミュニティで、

 少しこころのストレスが減ってほしいなと思います。

 

 「価値観 リスト」で、ネット検索してみてください。

 

 信念で検索したら、

 ちょっと精神論っぽいサイトが多かったので、

 「価値観」のほうがいいと思います。

 

 自分のキャリア軸を探すための自己分析とかも、

 できたりするみたいですよ。

 

 ということで、

 「他人にどう思われるか」を取り除いて、

 自分に「ピタリ」と来るキーワード、探してみてください。

 

 そして、

 見つかったら、

 それを大切に大切にしてくださいね。

 

 今回も、

 最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

話し相手サービスに登録しています。

カウンセリングは敷居が高い、

気軽にお話したいという方、

よかったら、お電話ください。

些細な世間話、愚痴、相談などなど、

多岐にわたる内容のお電話がきています。

もしもしサービス

以前使っていたカウンセラーネーム「静花」で登録しています。

携帯番号に直接電話する形式:10分300円

 

わたしは、受付時間少ないですが、

他のスタッフでも、優しく明るく対応してくれますよ。

自分の思いのたけを人に話すのは、

メンタルヘルスで大切です

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 

 もちろん、通常のカウンセリングも、

 引き続き、お受けしております<m(__)m>

 対応時間や料金につきましては、

 アメブロのメッセージでお問合せください。

 

 

        ~~~~~メール講座のお知らせ~~~~~

 

メール講座、

ただいま新作作成中です!

2019年の軌道修正に沿った内容にする予定です。

 

すでに、新作作ると宣言して半年近く・・・・。

どこかで本腰入れたい(^_^;)

 

 これまでの、

 「視覚障がい児の“できない”を“できる”に変える7日間講座」は、

 新作が出来上がるまでは、配信可能です。

 

 ご希望でしたら、登録してください(新作完成後、こちらの講座は配信中止します)

 

 ~★~★~★~★~★~★~★~★~★~★~★~★~★~< 視覚障がいを持つお子さんの“できない”“できる”変える
7日間講座卒業証書

<1日目>お子さんに視覚障がいがあるあなたへ
<2日目>目が不自由でも、たくさんの○○で情報キャッチ!
<3日目>弱視の私が、自立できたたった1つの秘密
<4日目>なぜ、学校卒業後こそ大切なのか?
<5日目>「そっと見守る愛」VS「しっかりお世話する愛」
<6日目>一生役立つ!生活力を身に着けるカンタン法則
<7日目>お子さんの将来を明るくする3人からの魔法
   ラブレターラブレター3秒で登録できますラブレターラブレター
     ↓  今すぐ登録する ↓

    無料メール講座登録フォーム

 


障がい者 ブログランキングへ

 こんにちは。

 柴田しずかです。

 

 いかがお過ごしですか??

 

 

 ==================

    仕事に就いたはいいけれど・・・・

 ==================

 

 久しぶりに、

 本来の得意分野(というか、一番気にかかるところ)です。

 

 障害者雇用のお話。

 

 難病患者さんも、当てはまる部分がありますが。

 

 官公庁の障害者雇用水増し問題から時間も経過し、

 実際に、採用がされたようですが・・・・。

 

 

 定着しなーい、仕事がなーい!

 

 「配慮がない!!」

 

 

 というか、どうして良いのか、

 何をやらせてよいのか、

 知識というか、想像すらできないのでしょうね。

 

 民間企業でも、

 雇用率が上がるために、今「売り手市場」だそうですが。

 

 それにあやかってか、

 障害者を就職させるビジネスも散乱しています。

 

 障害者は仕事は見つかる、

 企業は、雇用率達成で社名公開されたりしない、

 助成金などで潤うビジネスもある。

 

 

 これだけ書くと、

 みんながHappy!!に読み取れますが。

 

 

 わたしが、

 これまで就職活動してきた感覚では、

 どんな配慮が必要か?

 

 面接の段階で、けっこうすりあわせをしていたように思うんです、昔は。

 

 ところが、

 最近は、

 「あ、EXCEL使える?では、内定!」

 

 

 

 マジです、この話。

 

 スピード内定で、

 企業間の障害者の奪い合いもあtったりします。

 

(どこに内定が出てるのか、

 年収は?とか聞いてきます)

 

 

 わたしの実体験と、

 仲間内での話で、

 身体に限ったことのようですが。

 

 

 で、

 晴れて仕事に就いてみたものの。

 

 なんの準備もしていない(^_^;)

 

 

 配慮します、じゃあ、この仕事は大丈夫です。

 これだけやっておいてください。

 

 散歩とか行ってていいですよ。

 

 

 配慮?排除の間違いでは?

 あるいは、差別?ちょっとしたパワハラ。

 

 

 そんなことが後を絶たないようです。

 

 障害の「がい」が差別的ということでひらがな表記になっていますが、

 害がないように扱う。

 

 びっくりするような仕事を切り出してきます。

 

 数年前の書類をデータ入力。

 何に使うんですか、こんな古い情報?

 

 机拭き拭き

 事務職ではなく、清掃業の間違いでは?

 

 そんな仕事(作業)すら、

 内部で奪い合いが勃発。

 

 うちの部署の障害者の仕事取るなら、

 人ごと連れて行って。

 

 人はいらない。

 仕事だけ引き取る、うちの障害者用に。

 

 

 こんな会話も飛び交います。

 実話です。

 

 雇用促進法、差別解消法・・・。

 法は整備したけど、

 運用している実態調査はされておらず。

 

 途方にくれた当事者が相談しようと思っても、

 「職に就くまで」のサポートばかり。

 

 じゃあ、また違う仕事に行くしかない。

 

 こうして、

 短期離職が増える・・・

 

 

 あぁ、悪循環。

 

 

 本当の意味でのマッチングって、

 どのくらいの確率なんでしょうね。

 

 100%満足いく環境は無理でしょうし、

 障害者も譲歩するところも必要ですが。

 

 それにしても、

 最近はひどい気がする・・・・・。

 

 「うちは特例子会社は作りません。

 健常者と対等にする方針です」

 

 インタビューでそう言った会社が、

 数年後に特例を作り、親会社の障害者を全員そっちへ送り。

 正社員にしてあげるからという約束で移籍したのに、

 契約のまま・・・・。

 

 難聴者に、

 「聞こえてなかったの!?」と怒っている上司。

 

 それが障害なんですって・・・・。

 

 発達障害者に、

 幼児のように話しかける社員・・・・。

 

 

 あぁ、本当に悲しすぎる。

 

 それをフォローするビジネスは生まれないのかしら。

 

 障害者定着コンサルみたいな。

(いるようですが、あんまりお見かけしませんし、

 ちょーっと知識不足ではと思うサポーターとも出会ったし)

 

 

 雇用率決めるのもいいけど、

 最低5年勤務しないと、

 助成金返納&社名公開とかしてくれないもんかしら。

 

 

 と、ちょっと怒りモードでの記事でした

 (これ、ほんの一例ですよ)

 

 今回も、

 最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

 

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

話し相手サービスに登録しています。

カウンセリングは敷居が高い、

気軽にお話したいという方、

よかったら、お電話ください。

些細な世間話、愚痴、相談などなど、

多岐にわたる内容のお電話がきています。

もしもしサービス

以前使っていたカウンセラーネーム「静花」で登録しています。

携帯番号に直接電話する形式:10分300円

 

わたしは、受付時間少ないですが、

他のスタッフが優しくお相手いたします。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 

 もちろん、通常のカウンセリングも、

 引き続き、お受けしております<m(__)m>

 対応時間や料金につきましては、

 アメブロのメッセージでお問合せください。

 

 

        ~~~~~メール講座のお知らせ~~~~~

 

メール講座、

ただいま新作作成中です!

2019年の軌道修正に沿った内容にする予定です。

 

すでに、新作作ると宣言して半年近く・・・・。

どこかで本腰入れたい(^_^;)

 

 これまでの、

 「視覚障がい児の“できない”を“できる”に変える7日間講座」は、

 新作が出来上がるまでは、配信可能です。

 

 ご希望でしたら、登録してください(新作完成後、こちらの講座は配信中止します)

 

 ~★~★~★~★~★~★~★~★~★~★~★~★~★~< 視覚障がいを持つお子さんの“できない”“できる”変える
7日間講座卒業証書

<1日目>お子さんに視覚障がいがあるあなたへ
<2日目>目が不自由でも、たくさんの○○で情報キャッチ!
<3日目>弱視の私が、自立できたたった1つの秘密
<4日目>なぜ、学校卒業後こそ大切なのか?
<5日目>「そっと見守る愛」VS「しっかりお世話する愛」
<6日目>一生役立つ!生活力を身に着けるカンタン法則
<7日目>お子さんの将来を明るくする3人からの魔法
   ラブレターラブレター3秒で登録できますラブレターラブレター
     ↓  今すぐ登録する ↓

    無料メール講座登録フォーム

 


障がい者 ブログランキングへ