原因不明という病

原因不明という病

中学3年15歳の娘が中学2年の1月から原因不明の体調不良に悩まされています。
登校もままならない娘の備忘録的なブログになるかと思います。また、同じような症状がある方には、検索してヒットしてくれたら良いなと思い書かせていただきます❗


テーマ:
制服を着た娘を車に乗せて
写真館に向かう。

肌の状態は特別綺麗にもならなかったし
悪くもならなかった。

血が滲んでる場所もまだある。
皮膚がトゲトゲしてるところもある。

私の方を向かせてみるが
いつもと代わらず黒目の位置も悪い。

見たいと思って凝視すること………
ここを見なきゃ!と思うこと………
そんなことが娘の意思に関係なく
黒目が動き出してしまう。

担任に電話をするが出張中とのことで
三学年の担当の別の先生に
写真館に行くことを連絡した。


写真館に着いた。

軽く化粧をすることも考えたし
今どき皮膚の修正出来るだろう!とも
考えた。

考えたけど………化粧はしなかった。
ただ、カメラマンに
目が見えていないこと。
斜視が出るので、黒目の位置が明らかに
おかしい写真は撮り直して欲しいこと
限界までお待たせして申し訳なかったこと

それらを話して娘をカメラの前に座らせた

フラッシュを試す
眩しさも手伝い、娘は身体が動いてしまう
皮膚状態を隠したくて
伸びた前髪が目にかかっていたが
カメラマンから前髪を上げるよう
指示が飛ぶ

アシスタントの女性が櫛で
娘の目が見えるように前髪を整えてくれた

娘の緊張をほぐすように声がけをしながら
一枚………二枚………と撮っていく。

不安で仕方ない………

数枚撮ったあと
『とっても良く撮れましたよ
お母さん、チェックしてみて下さい』
と呼ばれてパソコンの画像を覗きこむ


ゆったりとした笑顔で
優しい顔をした娘がそこに居た………

ライトとフラッシュ
レフ板で光を貰っているので
色白に写っている。

黒目の位置も真ん中だ………

『なんてこと❗』

皮膚から出血している部分は
3ヶ所くらい、しっかり写っているが
どうこう騒ぐ感じじゃない………
中学生だもの。
ニキビのひとつやふたつ………
他の子だって映っているだろう。


何よりも優しい良い顔をしている
親ばかでもバカ親でも良い………
120%の出来上がりだと思った。

頭の痛さも………
具合の悪さも………
ひきつるほどの皮膚の悪さも………
そんなものは映っていなかった。

お礼を行って店をでて………
車に乗ってから
『120点❗頑張ったね❗』と頭を撫でた。

『頭撫でられちゃった~😆もっとやって』
ご機嫌な娘

15にもなる娘だが
頭を撫で………撫でられたと喜び
笑いながら帰った。

機嫌の良い娘は
『私はやればできる子なんだもん』と
ケラケラ笑ってる。

ホントにスゴいよ。
ホントにエラい。

案ずるより………………なのですね。
子供の力ってスゴすぎます。

Ameba人気のブログ