2017/07/09(日)晴
今年も半年が過ぎて、後半戦に突入です。
今年、最初のテニス大会(北海道・毎日テニス選手権)で、念願だった初戦突破です。
残念ながら2回戦は敗退惜敗でしたが、4年越しで悲願達成です。7月にも大会があるので、また頑張ります。
{F057EE5C-18D9-4BB0-85AA-743B1D6034B8}
キューバ旅行記⑦
サンチャゴ・デ・クーバからバラコアへ
カリブ海側にあるサンチャゴ・デ・クーバから、大西洋側にあるバラコアへは、ビアスルーのバスで峠を越えて5時間、料金は15CUC(15$)。
{F9673821-2DC0-4FC2-91C4-04808F06EE21}
8時に出発したバスは、途中のグアンタナモで故障の修理。更に峠に差し掛かると青息吐息で、時速20㌔から30㌔で走ります。結局、220㌔の行程を8時間掛かって、バラコアへ到着します。
{0044C57D-46AD-4F63-AF93-AA08D4B81E7B}
予約していたカサのお兄さんが、辛抱強くバスターミナルで待っていました。
{2C4E6AF1-7B73-469E-8195-5B8CB66E801C}
バラコアはキューバで最初に、カカオ農園が作られた場所と言います。
同行のMさんは、バラコアのカカオ園にどうしても行きたいようで、案内してくれる人手を探しています。
街中の繁華街的な通りを外れると、田舎の風景が広がります。
{876126BB-B828-4561-8BA4-ABB8B0361074}
交通手段は、乗り合い馬車とカミオン(トラックバス)が主流の様です。
通学や通勤の人や買物の人が利用しています。もっとも、買物と言っても、日本の様にお店に行けば、必要な物がいつでも手に入る訳ではなく、「今日は、何があるのかな?」と偵察?に行くのが、買物の様です。



AD
2017/05/26(金)晴
新緑が眩しい季節になりました。
{F719835E-B3C8-44E4-8146-C7C300C6B2A8}
キューバ旅行記⑥
サンチャゴ・デ・クーバはキューバ第2、東部最大の都市です。
{88701AB4-6C29-447D-9B9A-92E5712C3392}
1953年7月26日、キューバ革命で、カストロが率いる革命軍がサンチャゴ・デ・クーバのモンカダ兵舎を襲撃し、バチスタ政府軍に鎮圧されました。
{32A7CA0D-B423-4B41-96AC-B5AA787FD40D}
兵舎の壁には今も当時の銃弾の跡が残っています。
街中は、ハバナより綺麗で落ち着いた雰囲気がします。
{F7D539C5-B83B-4E72-B728-862A3A0CBAEE}
カサの近くの公園では、柔道の練習をする少年達がいます。
{DB53BF75-F96B-43C5-81A3-B381D026AAFD}
ホテルのテラスでは、私達と同様に昼間からビールやラム酒を飲み、談笑する人達。
{4C194E84-9024-476C-B3F6-0DB9D24276A5}
決して豊かではありませんが、人生を楽しんでいる国、それがキューバのようです。



AD
2017/05/05(金)晴
札幌でも、4月28日に🌸が開花しました。3月の予報では、5月5日開花でしたので、一週間前倒しです。
近所の桜も満開で、彼方に恵庭岳も見えます。
{3CBFA61F-A449-4C35-812C-9444B110ED7A}


キューバ旅行記⑤
3月3日朝、カミオン・バスターミナルが7時集合との事で、ふみさん達が6時前に宿を出ます。
{A84AA77B-A6EB-468C-AF87-BF28B013FC45}
我々の出発は12時なので、2人を見送り、近くのホテルで朝食を取った後、旧市街の街歩きを楽しみます。
{F057CBC5-BA8F-4A08-98C4-6C6A21A2ED77}
タクシーをつかまえ、バスターミナルへ向かいますが、御約束の料金交渉です。
「ビアスルーのターミナルまで、いくら?」みたいな感じで聞くおっちゃん。
「それなら、10CUCだぜ」みたいな、運転手さん。
「えー、高いよ」みたいな、おっちゃん。
「わかったぜ、5CUCにしておくよ」と運転手さん。
一挙に半額は、びっくりですが、文句はありません。
{21875B2F-D35E-4280-ACA8-4DDEC8BEDA51}
バスは定時の12時に出発し、市街地を抜けると、高速道路並みの片側3車線道路を快走します。
道の両側には、🐂や🐐の放牧地やサトウキビ畑が広がっています。
高い山は見えず、高原状の地形が続きます。
休憩3回を挟み、約14時間後の午前1時50分にサンチャゴ・デ・クーバに到着します。
{FABCDC98-2685-466C-A61B-03D3896CB4C3}
ふみさん達が待つカサ(民宿)へタクシーで向かうと、カサの窓からふみさんが手を振って迎えてくれます。
{8D64AD73-64C5-48E0-A233-2D3119A9C9FD}
ふみさんが言うには「カミオン乗り場集合は7時だったが、出発は乗客が満員になった11時」。
5時間も早く宿を出たのに、我々の出発と1時間しか違わないのだ。
11CUCと51CUCの違いと思えば、納得も行きます。
キューバ西部のハバナから、約800㌔離れた東部のサンチャゴ・デ・クーバまでたどり着きます。
{F0A11482-8D32-4895-A4E9-289BECB52932}






AD

カミオンって何?

テーマ:
2017/04/18(火)雨時々霙
13日は猛吹雪でしたが、14日〜16日の最高気温は18度近くまで上がり、Tシャツが心地よい、初夏のような陽気でしたが、今日はまた霙に逆戻り。
春と冬の間を行ったり来たりの「気まぐれお天気」も、この時期に良くある事です。

キューバ旅行記④
ハバナ街歩き②
前日の食事会で、歩き人の「ふみ」さん達と一緒に、ハバナから東へ約800㎞離れたサンチャゴ・デ・クーバまでバスで移動する事に成りました。
飛行機や列車で移動する事も出来ますが、飛行機は高額、列車は1日に4本しか走っておらず、おまけに時間も正確性に欠けるという事で、バスでの移動に決定です。
ふみさん達とは宿泊先が違うため、バス会社(ビアスルー)のターミナルで落ち合う事にします。
ターミナルまで、歩いて1〜2時間の距離と判断した我々2人、足慣らしに歩く事にします。
OFFラインでも使用可能な地図アプリ(MAPS.ME)を頼りに、テクテク歩き始めます。
ハバナの新市街地近くでは、道路の中央に緑地帯があり、両側に住宅が広がっています。
{657FA152-6CF5-4E2B-9E5F-6AFBAFD80323}
高い所にある枝から地面に根が伸びる、不思議な木が有ります。
{2D273EC0-5753-418A-AED0-915E7C76437A}
アメリカの経済制裁で、1950年代の車が、大事に使われているキューバですが、事故や故障は日常茶飯事のようです。
あれっ、救急車に乗用車がぶつかっています!
{3FE299D4-211C-4F0D-BA30-17CB986EA20E}
街のあちこちで、ボンネットを開けて修理する光景が見られます。
{38FE8F44-D3A6-4BCD-831E-ECF230EC5CD2}
「どうも方向が違うようだ」と気付いたのは、歩き始めて1時間半ほど経った頃です。
このまま歩いては、待ち合わせ時間には間に合いません。通りがかりのタクシーを拾いバスターミナルへ向かう、おっちゃん達です。
バスターミナルでは、外国人旅行者が列をなし、長距離客を呼び込もうとタクシーの客引きが、声を枯らします。
サンチャゴ・デ・クーバまでの料金(51CUC)と時刻表を確認します。
近くの食堂で昼食後、地元の人が使う別のバスターミナルへ向かいます。
{411A6CD0-3A1A-447E-B608-10F5F2FD7A13}
この「地元の人用ターミナル」からもキューバ各地へ行け、料金も安いのですが、「外国人」に切符は売ってくれません。
ターミナルの横を抜けると、更に格安のトラックを改造したバス「カミオン」が停まっています。
{90421E7E-2E3F-4CFD-AB29-7A8AA26D93AF}
{6CA3EC27-7294-4989-8587-1F8394C506BE}
客引きが言うには、「サンチャゴ・デ・クーバまで19CUC(19㌦)だぜ」。
これは安い! ふみさん達はこれでサンチャゴへ向かう事にします。
後日、ふみさんから実際の料金は「11CUC」だったと聞き、「客引きも結構やるものだ」と感心した、おっちゃんです。
3月3日、サンチャゴ・デ・クーバへ出発の準備はできました。後は、積み残されたMさんの荷物が届くのを待つだけです。
夕食は、旧市街にあるセントラル広場から、プラザ広場まで街歩きを楽しみ、プラザ広場横にあるビール醸造所です。
{F0EB411A-5F18-4B93-B07D-287D663CA392}
{DB8E989C-3138-41D3-A93F-4D92DE2431D5}
{88DF7F24-42B7-49A3-9978-D78252CE273C}
{B9C448A9-3780-4955-B15E-6361C5CA3630}
{5F58EA1F-EC85-4F08-BFE5-2C2826ADE0AA}
キューバは野良犬天国?、放し飼いがほとんどのようです。吠える事もなく、人間と上手く付き合っているように、見受けられます。
{510215C0-BABF-430C-A726-92218FA70E76}


ハバナ街歩き①

テーマ:
2017/04/11(火)晴後曇
庭の雪も遂に消え、ブドウ棚の下に置いたテーブルを引き出し、夏バージョンへ衣替えです。

キューバ旅行記③
「積み忘れた荷物は、明日夕方までに、指定の場所に届ける」と航空会社。
此方に手段は無く、航空会社の言い分を、信じるしかありません。
28日午後、キューバ市内のH野さん宅へ向かいます。空港からタクシーで25CUC、20分位で到着します。
玄関ドアのベルを鳴らしても応答がありません。
{D7B0A716-06DF-42A3-9BA6-662C3CAA7CEC}
先ずは腹ごしらえ、隣のピザ屋さんでピザとコーヒーを頂きます。
キューバ人向けのお店なので、値段は格安。
{252C8B3E-6853-4FC8-AE98-1F816E845627}
食事の合間を見て、ベルを鳴らしますが相変わらず応答はありません。
すると、向かいの道路で自動車を修理していた男性が、何やら話し掛けてきます。
「家にはいるはずだ。呼び出し音が聞こえていない。俺が電話を掛けてやる」と言っているようです。
{29DCDCB1-F428-4517-A65B-D929F801736F}
男性が電話を掛け終わると、ドアを開けてM野夫人が現れます。
玄関から居間まで離れているため、呼び出し音が聞こえ無い事が多いと言います。
有難い。御近所さんに「感謝」です。
先着の「世界歩き旅夫婦」ふみさん達とは夕方に落ち合う予定なので、街歩きに出掛けます。
先ずは、ソフトクリームが美味しいと評判の「コッペリア」へ。
外国人とキューバ人で値段が違い、キューバ人向けは長い列です。外国人でもキューバ人と一緒に並び、安い価格で購入する事も出来ますが、根性無しの我々は並ぶ事なく外国人ブースへ。
味は? 美味しかった!
{49FDB5F6-C0CB-4562-BD6F-2A4757B6C6D9}
{FD47FBD3-FEE7-4B8C-8016-4E469CC077A6}
街中の公園など至る所に、独立の英雄「ホセマルティ」像が置かれています。
夕方にH野宅へ5人が集合します。食事を馳走になり、キューバ事情などを聞くと共に行動予定を話合います。
{B868E8AD-7A13-442F-8DAE-36F49B571E18}
キューバ東部にある、第2の都市サンチアゴ・デ・クーバへの出発は、トロント空港に積み残されたMさんの荷物待ちにします。

え! 積み忘れ?

テーマ:
2017/04/07(金)快晴

キューバ旅行記②
2月27日深夜(現地時間)、ハバナのホセマルティ国際空港に到着したものの、連れのMさんは翌日の昼前にならないと到着しない。
予定通り、空港の待合室で夜を明かす事にします。
{A27A6A3E-9294-484B-984C-3D0FEBF22F6F}
まずは両替、空港の外にある両替所に行きますが、「1万円しか両替が出来ない。それ以上は、町の両替所でやってくれ」と言っているようだ。スペイン語が分からないおっちゃんは「なんてこった! しょうがないな」と日本語で応え、分かった振りをする。
まあ、空港から市内までのタクシー代が25CUCだし、1万円分のCUC(1クック=115円)があれば、取り敢えず問題はない。
因みにキューバでは、外国人用通貨(CUC)と、キューバ国民用通貨(CUP)の二つの通貨があります。
取り敢えず、空港内を探索する事にする。まずは、「ホセマルティ国際空港のトイレの便器には便座が無い」と言う情報の確認だ。
トイレに入ってみると、ちゃんと便座があります。1年間で変化があったようです。
ただ、一般的には便座がないのも、事実です。
{3729950A-51BF-4C1B-AD28-BF4BDAE9FF79}
レストランやカフェは無く、売店の類があります。
取り敢えず、現地の人が食べているハンバーグの様でサンドイッチみたいな食べ物とコークを注文します。
{5CA620BF-6668-426F-A144-EA93D08A4C15}
食べ物は2.5CUCでしたが、コーク(500ml)が5CUCもしました。アメリカ製品は高いのでしょうか?
28日の11時過ぎに、トロントからの便が到着し、それらしき乗客が出て来ます。
花束を持って待つ人もいます。
{4EB6D203-F51E-41F3-954E-8668BC45CB86}
飛行機の到着から1時間が経ち、1時間半が経ち、2時間が過ぎた頃でしょうか、ようやくMさんがやって来ます。
{E4263B1F-2995-46C6-8CBA-F04311AB9083}
開口一番「荷物が積み忘れで、トロントに!」。
事情を聞くと、バンクーバーからトロント乗り継ぎ客の荷物が、トロントで積み忘れられた様です。
荷物は明日、宿舎に届けられるとの事ですが、行動計画に影響は必須ですが、「これも旅」と、楽しむ事にします。


キューバへGO!

テーマ:
2017/04/01(土)晴
2月27日から3月14日まで、キューバ🇨🇺へ行ってきました。
歩き旅で世界を回っている「歩き人ふみ」さん夫妻が、キューバを歩くと言う話を聞きつけた「おっちゃん」。
{61B24127-418E-4229-822F-1E9E863EAAD2}
知り合いのMさんと弥次喜多道中で、50年来の夢だったキューバ行きを決めます。
ふみさん達が先発でハバナへ入り、おっちゃんはメキシコ経由、Mさんはバンクーバー・トロント経由、ヒューストンからもう1人がハバナへ集合して、「ノープラン・キューバの旅」が始まります。
2月27日、朝5時半のバスで新千歳空港へ向かい、8時の飛行機で羽田へ。羽田から成田空港へはリムジンバスで約1時間。15時20分発のアエロメヒコでメキシコシティへ。
飛行時間は約12時間。乗継の待ち時間が7時間、2時間半の飛行でハバナのホセマルティ国際空港へ。出発から約31時間でキューバの地を踏みます。
{4D8DA03A-469B-405E-91D4-01071917C391}
さあ、これから始まる珍道中、何が起こったか? お楽しみ。

新雪!

テーマ:
2017/03/24(金)晴時々雪
一昨日夜から今朝にかけて、20㎝、25㎝と、降雪がありました。
{00F2A965-B57C-4F8C-8AA3-26C615AFC6EB}
久し振りの新雪に、心は粉雪の中を舞って、滑っています。
昨日は、国有地払い下げ疑惑の、証人喚問があり、こちらが優先で、午前、午後とテレビに釘付けでした。
籠池証人の、開き直りとも見える迫力のある証言に、安倍首相夫人の関与が益々疑わしく思われました。
今朝、車を飛ばして札幌国際スキー場へ向かいます。
予想通り、50㎝以上の新雪がおっちゃんを待っていました。
標高差460㍍の新雪を4本滑り、大満足で引き上げる、おっちゃんです。
{E7F81434-A56C-4737-96DD-3833A4D25AAC}
{04F02C49-BB98-448E-9DBC-592E7D4322C6}
来月は旭岳へ行きますが、新雪に当たれば、万々歳です。

元気一杯

テーマ:
2017/02/21(火)曇時々雪
2月は暖かい日が続きましたが、ここ数日寒波のぶり返しで、真冬日が続きます。
風が強く、所々に吹き溜まりが、出来ています。庭の雪も高さ復活です。
{507D7F96-590F-43DD-9873-03198ADBD870}
今日は小次郎のワクチン1回目です。家では内弁慶のヤンチャ坊主も、病院では「借りて来た猫」で、大人しいものです。
体重を計ってビックリです。
10日前の2・9㌔が、4・06㌔へ大幅増です。
{D51F2E8F-D44A-4D14-9619-751935A4CF0E}
{ADCA862A-2FFD-4804-9D28-0F6915E98D7B}
食べては遊び、昼寝して、食べて遊び、また昼寝。
一体、どこまで大きくなるのやら‥‥‥


さっぽろ雪まつり

テーマ:
2017/02/09(木)晴
2日前の7日、岐阜から来られたH尾さんを案内して、10年振りに大通公園の雪まつり会場に行きました。
{8D3DE51A-F61F-4B89-9007-70E05E08E806}
{D5B21A5B-C173-4352-BCAF-D05DC7FBB00D}
{02D0B71E-338D-42C7-8E43-E8B3E120023A}
{9F2F353A-4345-4C25-90A3-C76C78E90045}
びっくりしたのは、飲食コーナーが充実している事でした。北海道内の市町村のお勧め品や、世界各地の食べ物が提供されています。
記念品グッズもあり「10年一昔」の感じです。
ススキノ会場まで足を伸ばし、氷像を鑑賞します。
{B244E8EF-E81F-4CD1-8302-A1878D10C3AF}
{B4C4C588-CC01-4048-A67C-7EDCEDC22575}
{5DF1FDE1-352E-4743-8DCA-EC8C9E378E6B}
{32E2C141-DB98-4FA7-8C26-01349434F2B8}
「さっぽろ雪まつり」で定番の「氷漬けの魚」が、北九州市での問題を受け、場所を会場の隅っこに移された上、規模も縮小、寂しい展示になりました。
{FE2339BC-AB0E-43F9-831B-18DA1217F0A0}
雪像、氷像とも、素晴らしい出来でしたので、この縮小はとても残念でした。
世の中の雰囲気に流されのではなく、もう少し「主体性を持って物事を判断しては」、と考えるのは「おっちゃん」だけでしょうか?