河川法の許可 愛知県 岐阜県 三重県 | 志波行政書士(岡崎市)

テーマ:

発電、ダム等で河川の流水を活用したい際、運動場を設置したい、土石採取の許可取得の際には、河川占有等の使用許可申請を行う必要があります!


主な範囲としては、河から40m前後の範囲となっております。

河川には1級河川(国土交通大臣管轄)と2級河川(都道府県知事管轄)があります。



使用の際には、十分な役所との事前協議、関係者との協議、工作物の設置図等が必要になります。


行政書士志波法務事務所では、


①役所との事前協議および許可取得の可能性調査

②占有許可を受けるまでの準備指導

③許可申請に係る書面作成、提出代行


となっております。

報酬の目安としては、1単元あたり10万円+消費税となっております。


例:①+③=216,000円



ご相談は以下まで連絡ください。

行政書士志波法務事務所

担当:志波

電話:0564-74-4652

問い合わせフォーム



志波行政書士さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス