一昨日に開催されました勉強会には、20歳代から70歳代まで様々な年齢層の方にご参加いただき、とても深く豊かな学びの場となりました。
 
抽象的な概念で一見とっつきにくく感じる「中空構造」ですが、松下信武先生によるお話は、様々な書籍や動画の資料、そして河合先生(臨床心理学者・元文化庁長官)のナマのエピソードなどを交えての、とても楽しい時間でした。
参加者の方々からも、“もっともっとお話を伺いたい”との声を複数いただきました。何らかの形で続編を、と考えております。
 
…   …  参加された方からのご感想 …   … 
 
中空構造の奥深さとか、日々暮らす中でしばしば感じることが、このkeywordで読みとけた気がします。面白かったです(山口ひとみさま)
 
とても参考になって面白かった。日本に生まれて良かったと思います。(伊藤秀典さま)
 
中空構造を学ばせていただき、それがエビデンスはなくても、生きる中で、生活の中で実感できるものであると思いました。真ん中が空であることの無責任性が社会問題化していますが、反面はそれをどう活かしていくか、実は様々な可能性を秘めていると感じました。(Y・Oさま)
 
日本人のリーダーシップ育成の際に基本的な知識として知っておくべき智恵のつまったお話でした。
日本のリーダー育成に役立てたいと思います。(女性)
 
とてもおもしろかった。中空構造という考えから日本や外国との違いを見ることができた。日本ではやはり集団にも個人にも中空構造を見ることができると実感することがあった。(男性)
…   …   …   …   …
筆者も真剣に聴くあまり会場での写真を撮り忘れてしまいました。写真は今回の勉強会のシンボルイメージです。
 
〈ライター:斉藤知江子
 
AD