おかげ様で2011年10月にスタートして以来、今日で1000回目の記事となりました。
こんな日がくるということを、スタート当初は想像もしていませんでした。目に留めて読んでくださる方、「いいね!」で応援して下さる方、シェアして下さる方、お一人おひとりに心より感謝申し上げます。


日本人らしいしあわせの感じ方って、きっとあるよね…知りたいね…から始まったこのプロジェクトですが、試行錯誤を重ねながらの毎日でした。
今日は、ここまで1000回もの記事を書き綴ることに、完全ボランティアで力を貸してくれているライターズを、身内びいきな感じになりますが改めてご紹介させてください(ライター歴の長い順です)。


宮坂雪里(みさと)さん
2011年スタート当初からのライターです。この人がいなければここまで続けることは不可能でした。アロマやオーラソーマもこなすプロコーチ。最初の頃は1週おきに5日間連続で記事を書いてくれていました。現在は第2・第4水曜担当です。


松尾尚子さん
書道、華道などを(私から見ると)プロ級にたしなむ上に、日本についてさらに学びたいと会社員と大学生を掛け持ちし、その上に数秘家の顔を持つというパワフルな人です。仕合わせるプロジェクトの和風総本家的存在。毎週金曜日担当です。


山田亨さん
元官僚の理系男子でプロコーチ。この人が加わってくれたおかげで、仕合わせる一言には生物学的な視点が加わりました。実は体育系もござれの”根は優しくて力持ち”なパパ。ペットの鳥ちゃんにも癒され(振り回され?)ているらしい。毎週月曜担当です。


大沢良啓さん(ペンネーム沢 啓さん)
仏教や瞑想の話をしてもらうと後からあとから引き出しがあきます。仕合わせるプロジェクトの知識派担当メンバーです。身近なところから仕合わせる風景を見つけ出すツボの心得具合が面白い。第1・3・5水曜担当です。


木原しのさん
インドから記事を書いてくれていました。海外視点が入ることで初めて、仕合わせる力が立体的になるということを実感させてくれた、エネルギッシュ&可愛い人です。今はライターお休み中です。


斉藤知江子(本日のライターです)
仕合わせるプロジェクトの言い出しっぺで、スタート当初から担当。「次の記事は何を書こう」とジタバタする中で、一番仕合わせる力について学ばせてもらったのは自分だなぁと感じます。毎週火曜・木曜担当です。


ライターの他にもプロジェクトメンバーがいてくれます。総合力で進めてきた仕合わせるプロジェクト、今年も色々挑戦していきますね。


写真のバラは「春風」という名前です。伊勢神宮そばの神宮会館で撮りました。
ピンクのバラの花ことばは「感謝」。皆さまへの感謝の気持ちが届きますように。
そしてこれからは、より皆さんと一緒に創れるページにしていきたいと思っています。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。