View this post on Instagram

ジビーフ骨付きスネ肉がやってきました。 たぶんこの子は、てつお君なのだろうと。飼い主だった奈緒子さんが、本当は3ヶ月前に出すはずだったのだけれど、足を挫いているようで、そのまま出荷するのは忍びない、と怪我を手当てして、治ってから、10月初めにお肉になった牛です。 お肉の向こうに悠々と草を食むジビーフや、どこいったかな〜と毎日パトロールしてる奈緒子さんの顔が浮かんで、これは絶対に美味しく食べてあげないと!と。 手当てをした新保さんが、水分が多めと書いてたなあ、スネだしかたいよね、などと考えて、焼いてから煮込むことにしました。 玉ねぎと人参を炒めて、しっかり焼き色をつけたジビーフを入れて、赤ワインを。煮込んで味を見て、悩んだもののトマトをプラス。 ジビーフらしい香りを大切にしたかったので、あえてハーブは使わず塩だけ。牛乳やクリームも使わずに、シンプルに。 ジビーフの香りは…うーん、トマトに負けちゃったかな。表には現れていませんが、口に入れて噛むと、ほろっと崩れて、噛みしめるとその向こうにほんのりと…。あっさりと、でも、もう一口、と食べたくなる。 すーっとお腹におさまって、もっともっと食べたくなる味。 奈緒子さん、新保さん、美味しくいただきました。ごちそうさまでした! #ジビーフ #駒谷牧場 #骨付きスネ肉 #サカエヤ #わくわく定期便 #おうちごはん #いこまゆきこお料理教室 #いこまゆきこ

Yukikoikomaさん(@yukikoshiawasegohan)がシェアした投稿 -