心をこめることは力を入れることだと・・ | 愛の夢のつづき

愛の夢のつづき

野谷恵のピアノとフィギュアスケートのBlogです

長く勉強を続け50代で多くのピアノコンクール入賞
現在も演奏を続けながら 札幌 東京 大阪で
楽で 美しい音の出るピアノ奏法と
楽譜の魅力を感じ取る表現法を指導

羽生結弦選手 浅田真央さんを応援しています

◎連絡先等 東京・大阪・札幌のピアノレッスン ◎レッスンポリシー レッスン内容・方向性 

◎東京レッスン 2/7(金)午後~16(日)夜 

◎最近の記事 ■知らないでピアノ弾くのは もったいない

■夢にも思ってませんでした。

■バラード第1番 / 音楽表現とは・・

■人間の可能性

■一番感動していること / 熱意が意味を変える

■羽生選手のオーラにあるゴールドと決断/ショパンの言葉/不思議な話

■憧れのベヒシュタインの音だと「一瞬」感じたのは・・

・・・にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへにほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへクリックして頂ければ幸いです。

 

 

 

前記事まで、続けてご紹介したのは

 

全盲の双子姉妹ピアニスト

 

りえりさDUOの、妹さんの方、

 

りささんからのメールでした。

 

 

今日の記事は、

 

お姉さんのりえさんです。

 

熱情のこと、

 

「あのようなレポート書いたのに」とあるのは、

 

この記事の事です。

 

■こんなに感動しながら弾けるなんて

 

 

レポート書いた時に思ったことや決意したことが

 

いつの間にか変わるのはふつうです。(笑)

 

 

それより、

 

こんな風に、レッスンの内容を

 

ずっと考え続けてくださるのが

 

素晴らしいことだと思いますよ。(^_^)

 

 

***公開了解済***

 

 木村りえです。

今日もレッスンありがとうございました。

まず、トンデモ演奏

本当にすみませんでした。


特に熱情の1楽章は

あのようなレポート書いたのに、

全然発揮できず。


練習が悪かったのですね。

アラベスクも然りですけれど。



(中略)


 さて、今日のたくさんの言葉を

さっそく全部は思い出せなくて愕然!


でも本番は大丈夫ですたぶん。

お辞儀の仕方を見ていただいたのは

本当によかった。

あれで緊張を取っていただきました。


それから、


鍵盤と仲良くして弾く弾き方、

良い弾き方の感覚は


「頭の中に住まわせて」しまえばいいのですね。


もうね、

先生語録やっぱり作らなくちゃ。



 色々意識して弾きましたけれど、

今の練習後の感覚をそのまま申し上げると、

「持たない、弾かない」という感じでしょうか。


どれだけ余計な力を入れて

弾いていたことでしょう。


アラベスク1・2番も熱情1・2楽章も、楽で楽で。


こう書くと「いつもの変わり方ね」

と来そうですが、全然違います。

…言葉にならない!悔しい!



きっと今まで

心をこめることは力を入れることだと

(身体が)勘違いしていたのですね。


絶妙な間の取り方とか歌い方とかが大事。


決して
力で

 

気持ちがこもるわけではないことを知りました。


 それでね…。

この感覚をずうっともっておくことが

今回の課題です。


レッスン後3・4日はいいんです

(あくまでも自分の感覚では)。


でも1ヶ月もすると忘れているのですね。


今回は次のレッスンまで

良い意識を保つことを一つの目標にしてみます。

でも既に言葉を幾つか忘れている…。

がんばって思い出します。

 

(中略)

金曜日の本番は

教えていただいた呼吸やお辞儀や

準備の方法で臨んでみます。どうなるかな。

(中略)


 
今は力が要らないすっごい感覚を得られて

めちゃくちゃ嬉しいし幸せです。


本当に濃い2時間をありがとうございました。


 レッスンの日程が最後まで守られますように。

お身体も体調も、体力も気力も、

札幌ご帰宅まで保たれますようにお祈りしています。



先生、休息はほんとに大事です。

 

休むときも与えられますように。

*************
 

 

こんなふうに、

 

りえさん、りささん、お二人とも、

 

頻繁に長いメールをくださるのですが、

 

それが、頭の中を整理する役にも

 

立っているのではないかと感じています。

 

 

それでも、、それを発揮できず

 

「練習が悪かったのですね。」

 

とか、

 

レッスンの言葉に大感激したはずが

 

「でも1ヶ月もすると忘れているのですね。」

 

とか、とか、、

 

ここをご覧の皆さんは

 

びっくりされているかもしれません。

 

 

特に、

 

昨年の演奏会の「ブラボーの嵐」を

 

ご存じの方々は、

 

「えええっ!!

 

りえさんでも、練習が悪かったり、

 

レッスンで習ったこと、忘れちゃったりするの?!」と

 

衝撃を受けつつ、

 

「なんだ、私とおんなじだ~!」と

 

安心されるかもしれません(笑)

 

 

すぐにできたり、

 

楽々できたり、

 

1回聞いたらもう忘れなかったり、

 

そんな人は、まず、いません。

 

 

でも、すぐできなくても、

 

何回忘れても、

 

それを身に着ける価値があると考えて

 

レッスンを受け続ける方々が

 

どんなに素晴らしく進化出来るか、

 

言葉では説明できないのです。。(^_^)

 

 

 

最後まで読んでくださってありがとうございます。

 

よろしかったら是非。。

 

2/16■誰かの進化が他の誰かを励ます「証拠」となる / 園さんとりささんのレッスン

 

4/12■門下生のお子さんが障害越えて大舞台で演奏

 

4/18■4月18日(土)札幌で演奏します♪

 

いつもクリックありがとうございます音譜

 

にほんブログ村 クラシックブログへブログ村クラシック    

 

ありがとうございます(^_^)

 

                 Megumi(野谷 恵)