この投稿をInstagramで見る

僕もリチビってます。 先週の遠賀川では宿泊先にボートを持って帰れない関係で、毎日バッテリーを積み降ろししなければいけない状況でした。 そこでこのリチウムバッテリー『リチビー』の恩恵を最大限に受けることに。 今回のエレキは24V仕様のため鉛蓄電池だと23kg×2個のバッテリーを運ぶことになりますが、リチビーだと15kg×1個の運搬で済みます。1/3以下の運動量です。 若い頃なら平気だったかもしれませんが、もうおっさんなので毎日朝夕の重労働は堪えます。 TOP50選手の間でもリチウムバッテリー使用率はかなり上がっています。(みんなおっさんだと言いたい訳ではない) 魅力はやはり軽さ&コンパクトさ。36Vでもリチビー1発でOKなのでストレージのスペースがバッテリー2個分空きます。 価格はちょい高いですが、耐用年数が長いことを考えると値段相応。むしろメリットが多いし、仲間内で悦に浸れるし、イイこと多いですねー。 #reins #slpworks #smith #daiwa #steez #sunline #lowrance #motorguide #proshopks #kahara #hayabusa #バスフィッシング #fishing #lure #bass #篠塚亮 #バス釣り #リチウムバッテリー #リチビー

篠塚 亮さん(@ryoshinotsuka)がシェアした投稿 -