走っているときに起こる、肋骨下または腹腔全体の差し込むような痛みを感じることは誰にでも一度は経験のあることではないでしょうか。その原因は諸説ありますが、その中でも「運動にともなう横隔膜とその付近の筋肉や内臓への血流不足・酸素の供給不足」が関係していると考えられています。この説が現時点までの研究結果を踏まえ、最も有力とされています。また、この痛みは、食後に運動すると起こりやすいといわれています。
 この痛みを予防するためには、走る前は消化のよいものを食べる、丁寧なウォームアップを心掛ける、スタート直後から飛ばしすぎないなどのポイントがあります。また、痛みに襲われた時の対応として、ペースを落として横隔膜や呼吸筋、内臓への負担を減らす、呼吸筋をリラックスさせるために深く呼吸をするなどの工夫をするとよいでしょう。

しあわせカイロプラクティック院
電話番号 011-616-7726
住所 〒063-0002 北海道札幌市西区山の手二条3丁目5-25
営業時間 (平日)9:30~21:00 (土)9:30~18:00 (日・祝)9:30~17:00
定休日 不定休




引用元:走るとわき腹が痛くなるのはなぜ?