mama育ってなあに?①

テーマ:

私が夫婦問題を乗り越えたとき、子育てでイライラしてた時、こんな場所があったらいいのに・・・と感じていたことをぎゅっと詰め込んで作ったのが「湘南おひさまるーむ」です。

 

おひさまるーむで集まって、ただおしゃべりするのもママの息抜きという点ではいいんだけど、それだと「ここじゃなきゃだめな理由」にならないし・・・と

1年かけて探しに探して、やっとこれだ!と思うものに出会いました。

 

それがmama育なのです。

mama育は、NPO法人ウーマンプロジェクトの 毛利理恵さん が作ったもので、子育てに役立つ心理学を全8章にまとめた講座です。

 

子育て講座はたくさんありますが、私が心ひかれたのはこの講座のベースに交流分析が使われていること。

交流分析は口語の精神分析といわれていて、とてもわかりやすく自分を知り、人間関係をスムーズにするのにぴったりなんです。

(私も夫を理解するのにかなり便利に使っています)

 

そしてもう一つ、ここが重要なんですが、私自身がこれを作った毛利さんのことが好きなんです。

私は「直感」や「無意識の感覚」をとても大事にしています。ピンときたとか、なんとなくそう思ったからとかその場では説明のつかない感覚。

 

おもに東海で活躍していた毛利さんが、今度は関東に・・・とmama育を広めていく活動を始められた時に、たまたま私がその情報を検索して「おっ!これは・・・?」と第1の直感

 

でもこの時はメインに夫婦カウンセリングを考えていたので、非常に迷っていたんです。

そんな中、これまた偶然に茅ヶ崎市で毛利さんにお会いするチャンスを得ました。

 

実際にお話ししてみて、毛利さんは心理カウンセラーですからね、

とてもお話しやすい。(慎重派の私がついつい本音を話してしまう)

 

私もちょこっと心のことをかじってますからわかるんですが、話を聞くテクニックを使っているというより、人間力の一部としてそれが備わってしまっているタイプの人。

あたたかさと大きさが伝わってきたのです。

 

「だからこのひとはあんしん」

第2の直感が働きました。

2回も直感からのメッセージを受け取りました。

やはり誰から習うか・・・を重視したいので、その点はご安心ください。そして毛利さんから教わったことを心を込めて、私もお伝えできるようにしたいと思っています。

 

 

すべての準備が整うのは、2017年秋の予定です。

mama育の詳しい内容は mama育ってなあに?② でご紹介しますね。

 

 

AD

リブログ(1)

リブログ一覧を見る