あん摩マッサージ指圧を禁忌すべき場合
禁忌-きんき-とは

「してはいけないこと」の意

一般的な禁忌の簡易表記
   ● 骨折している場合
   ● 高熱がある場合
   ● 伝染性疾患の疑いがある場合
   ● 皮膚に炎症や広範囲の疾患がある場合
   ● 出血しやすい病気や状態にある場合
   ● 絶対安静を要する患者の場合

 

「あん摩マッサージ指圧理論」株式会社医道の日本社(2002年3月15日改定新版第14刷)による禁忌表示

1.急性症 急性熱性病、急性伝染病
2.悪性腫瘍 癌、肉腫
3.急性炎症 腹膜炎、虫垂炎
4.急性中毒 蛇毒、昆虫毒
5.出血性疾患 吐血、喀血、脳出血直後
6.外傷 創傷部、骨折、脱臼直後
7.重症の内臓疾患 心臓弁膜症、腎炎
8.血管病 動脈瘤、高度動脈硬化症
9.潰瘍性疾患 胃潰瘍、十二指腸潰瘍
10.結核 肺結核、脊椎カリエス
11.その他 梅毒、淋病、化膿性疾患
  • ※1〜7はマッサージにより、危害を招く恐れがある症状です。
  • ※8〜11はマッサージにより、悪化するまたは効果が出ない、危害を招く可能性がある症状です。
 
医療徒手リンパドレナージの禁忌症
・原則的な禁忌
感染症による急性炎症(蜂窩織炎(ほうかしきえん)など)
心性浮腫、心不全
下肢の急性静脈疾患(深部静脈血栓症、静脈炎など)
・相対的な禁忌
悪性腫瘍がリンパ管を直接圧迫している場合
 
これらの疾患以外にも、関連するような疾患がある場合には、医師に相談しましょう
 
指圧館独自で設定したい禁忌
・糖尿病の基礎疾患がある方
 
糖尿病とか本当に天敵と言って良い
・血管は脆くなり、出血しやすいし
プラークが飛んで・・・
・骨が脆くなって圧に耐えられない
・神経が鈍くなりツボ刺激が伝わらない
etc
ありとあらゆる相性の悪さがある

しかも糖尿病を疾患だと思っていない人も多く
基本的な問診で申告してもらえない事もザラ
「いや、食事制限とかしているんで・・・」
いや責めているわけじゃないんですが
伝えてもらえないといらぬ事故率があがるんですよ
言って貰えるとそれだけで配慮するんで助かります
お互いが・・・