セリ当日。

 
 
 
会場はとにかくインスタ映えしてました(笑)
{DDBAC2D1-0094-4B1E-A774-F48EE0B6FC16}
アストンマーチンは飾られてるわ
ジュエリーブランドのグラフさんは出店してるわ…
 
 
 
出店の理由はオークションが始まってすぐにわかることになりました。
 
 
 
 
 
まずは会場入り。
{15662D61-22E1-4605-8289-7AB9D60338F0}

 
 
まだ早かったので人はまばらですが…。
 
 
 
 
 
 
始まって比較的すぐに。


 
 
目の前で2億4000万円のお買い物がされました。
 
 
 
序盤50番台ほどまでセリ会場内にいたのですが、全部予想を遥かに上回る金額。
 
 
 
本当に買えるのか不安を感じながら、目をつけていた一頭目が出てきました。
 
 
 
セリは本当に難しくて。
 
 
 


 
第一希望の馬が前半に上場してくれていたら問題ないのですが、
そんなうまくいくこともなく、私たちの第一希望の馬は後半に
差し掛かる辺りでの上場番号でした。
 
 


そのため、候補に挙がっている馬がそれまでに10頭ほど出てきます。
 
  

 
 
その10頭が格安で落とせればむしろラッキー!な感覚ですが、
そうではない限り、
 

 
「一応候補馬だし予算内で買えそうだし」

「でも本命馬はもしかしたらもっと安いかもしれないし」

「でもでももしかしたら予算オーバーで買えないかもしれないし」

「でもでもでも…」


 
と、一度のセリで何頭も買える予算が有り余っている馬主さんではない限り、
この辺の具合が非常に悩みどころ。
 
 


 
始まる前はどの候補馬で挙手しようか非常になやんでおりましたが、
全っっっっくその必要はありませんでした。
 
 
 
 
 
最初の候補馬の登場。
 
 



去年までのデータで行けば、予算が余るレベルで買える金額の馬です。
 
 
 
しかし。
 
 



手をあげる暇もなく、金額が上がる上がる‥。
 
 
 
わずか30秒ほどで金額は予算の3倍に。
 



 
そこからせめぎ合いになり、最終的にリザーブ価格の
4倍近くの金額で落札されました。
 
 
 
時間は昼12時を回る前でしたが、そんな高額な買い物が
次々とされていくその世界はある意味異様で、
普通の感覚では理解できない世界で、
外で車とジュエリーが出店されている理由がよくわかりました。
 
 



 
馬の値段に比べたら300万や500万の指輪は高く感じないように
麻痺されていくし、車も3000万円なら許容範囲の金額に思えてくる不思議。
 
 
 


異世界です(笑)
 
 
 

 
外には屋台式で、いろんな食べ物が売ってます。
 
 
{839D851E-6D68-4629-944C-573FC1167A97}



セリ参加者や関係者は無料なのですが、どれも食べても美味しいのはさすが!
 


 
おにぎりや焼きそばすら味が美味しい。
 
北海道らしく、北海道産の黒豚やカニの炭火焼もありました。
 

 
 
ドリンクももちろん無料で、シャンパンはドンペリがいただけます。
 
 


食後のデザートにはソフトクリームも。
 
 
 
ちょっと大人のピクニックのような感じで、楽しかったです。
 
 



 
後半に行くにつれ、候補馬が半数以上アウトになっていきました。
 
 

 
どれも予算オーバー。
 
 
 
初めてのセリでしたが、ある意味めちゃくちゃ馬を見る目があるのでは?
と思うほどに候補馬が5倍、6倍と高額になっていきます。
 
 
 
例年よりも平均価格が全体的に高いことはわかっておりましたが、
選んだ馬のリザーブからの上がり幅が特にすごくて気が遠くなりました。
 
 
{3BFC6545-2EA2-43B0-986B-56922163C514}


 
 
手も足も出ない状況で、主人のアルコール摂取は進んでいきます‥
 
 
笑いしか出てこなくなるような価格の連続で、
飲まないとやってられなくなってきたようでした(笑)
 
 


 
セリは基本的に波があるようで
序盤〜様子見のため落ち着いた価格
中盤〜価格が一番跳ね上がる
終盤〜目当ての馬購入後、もしくは帰宅組がいるため落ち着いてくる
 
こういった流れで進むようなのですが、
今年は落ち着いた価格がとても高額でした。
 
 
 


歴代でもっとも平均額が高くなっていたようです。
 
 
 
 
途中、前日の社台ツアー懇親会でご一緒させていただいた
地方競馬の調教師の先生と合流。
 


 
相談の結果、条件を広げることに。
 
 
 
予算額が元々の金額の2.5倍まで引き上げ、
オスに限らずメスにも焦点を当て、対象馬を増やすことにしました。
 
 


会場外のパレードリンクへ行き、
取り急ぎの歩様チェックと血統から
セリ会場内とパレードリンクを大急ぎで往復しながらも
中々しっくり来ず、ちょっといいなと思った馬は全部引き上げた予算ですら
大幅に、非常に大幅にオーバー。
 
 
 


ここで事前にチェックしていた馬は残り4頭。
 
 
 
 
はるばる北海道まできて、初めてのセリ。
 
 
 
 
買えないのか?
買えるのか?
 
 
 
不安になりながら、だんだんと疲れてきた私‥。
 
 


 
そんななかで、昨日の事前下見で二重丸をつけていた雄馬の番が来ました。
 
 
 
 
半分諦めかけながら、セリ会場へ。
 
 
 
また挙手する暇もなく終わるかなと思っていたら、
中々上がらない。
 
 
これはいけるかも?
と思い、主人も挙手。
 
 
相手と主人、2人でのやりとりになりました。
 
 
 
他の候補馬のときはすべてムービーを撮っていたのに、
最初から諦めモードだったため、この時に限って撮っておらず‥
 
 
 
 
無事落札!
 
 
 


 
それも当初の条件通り。
 
 

予算内であること、
オスであること、
社台生産馬であること、
事前に下見をしていたこと。
 
 
全ての条件が合致しておりました。
 
 

 
色々苦労はしながらではあったものの、
無事初めての愛馬がこの瞬間できました。
 
 
 
 
{AEDA1C44-9ACF-4CA5-A708-D3BE29E28751}

 
 
落札後の記念撮影。
 
 
 
 
 
一応最後までセリを見届けて、
今回買えなかった子達を見に厩舎へ。
 
 
{DD223317-22ED-4CB8-9998-C9DC49FA37C8}

{450C1FBA-616D-49C0-B0BE-CD3F2FD02956}

{5B14B93B-3499-4167-A7B0-D5D867742D56}

{CBC5E4CB-16A4-4FE7-A066-D1E817C3101D}

 
 
人前と、大きな騒音に疲れていたのか
疲れ切った馬たちが休んでいました。
 
 
 
 
 
そんなこんなで初めての愛馬に出会えたセリ。
 
これから色々なセリに参加しましたが、
さすがのセレクトセールは一番印象的でした。
 
 
 
 
様々な人の出会いもあり、これからが楽しみになっていったこの日は
私の馬漬けライフの初日でもありました(笑)