独立開業「癒し・整体」専門 不安一掃講座

独立開業「癒し・整体」専門 不安一掃講座

「整体院」で独立開業し、大手「リラクゼーションサロン」創業期に5店舗の店長、教育担当、店舗運営事業部長を担ってきたこの道20年の谷田貝が教える!「具体的で分かりやすく、実行できる」3ヶ月で黒字化の開業講座!

独立開業「癒し・整体」専門コーチの谷田貝です。

ブログ訪問ありがとうございます。


整体で8年、リラクゼーションで12年

この業界に身を置いてきております。

その間整体院で独立開業、

またリラクゼーションサロンの店長、マネージャーとして

12店舗のオープンに携わってきました。


これから独立開業して

サロンをオープンする方にとって

不安や分からないことも多いと思います。



僕自身は、整体院を勢いでオープンしてしまったので、

あまり不安はなかったのですが、

オープン後にどっと不安が襲ってきました。

当然のことながらお客様がいらっしゃらなければ、

収入にならないことを

改めてオープン後に実感したものです。


少しでもお役に立つブログに成長させていきたいと思いますので、

気軽にコメントなどくださいねビックリマーク




Amebaでブログを始めよう!

テーマ:
今日は、「オファー」について私見を書いてみようと思う。

マーケッティングをかじるまでは、「オファー」そのものの認識が違っていました。

リラクゼーションサービスや整体で、”初回限定○○%OFF”など

他にも事例は、いろいろありますが、「オファー」とは相手が抱えている不安をとり払うための提案です。

行ったことのない店、買ったことのない商品には、いろいろと不安がありますよね。

例えば・・・

時間が無駄にならないかな・・・

お金損しないかな・・・

騙されていないかな・・・

などなど、購入やサービスを受ける前に感じる不安を取り払う為に提案することを「オファー」といいます。



今振り返ってみると

「このくらい割り引けば、お客さま来てくれるかな?」

「そんなに技術を安売りしたくないから、○○%OFF以上はできないよ」

「そんな割引してたら利益でないよ」

こんな感じでした(笑)


「オファー」とは、上記にも書きましたが、利用しようとする方の不安を取り除くのが目的です。

ですので上記の考えをしている方は、考えの方向性が違うのです。



最近では、「全額返金保障」なんてのもあります。

某カラオケ屋さんでは、料理がまずかったら「その料理代金返金」なんてのも10年以上前からやってましたね。

こうしたオファーは、払って頂いたお金に対して商品の価値が十分でないと感じた場合には、お支払い頂いたお金を返しますよ!ということです。

最近では、このオファーはもう珍しくなくなってしまったので、それほど驚きのオファーでなくなってしまいました。


「あなたが満足されなければ全額返金いたします。さらに交通費をお支払いします。」

なんてのも見たことあります。

「迷惑料お支払します」なんてのも・・・



広告を目にした顧客候補の方が、そこまで言うなら(やってくれるというなら)行ってみようか!!と思っていただける

オファーを出せたら、集客は面白いです。

私が整体に入った20年前、初めての院で「初回1000円キャンペーン」(通常:40分¥4,000)やったんですが、ものすごい効果でした。

院の電話が鳴りっぱなしでした。

あの頃のデータは、もう記憶にないですが、月に300人くらい新規ご来店あったように思います。



ここまではオファーの話ですが、

大切なのは、次のステージです。

皆さんにとって腕(実力)の差が出るところです。

再来店率が勝負のポイントです。

どれだけ高めていくことができるか!

次回予約を取ることであったり、回数券を販売することであったりするわけです。



自分との勝負です。

それは、初回ご来店の接客から始まり、施術、お見送りまでの一連の中にあります。

ここのプロセスこそ真剣勝負です。



そこで話を戻しますが、

なので「魅力あるオファー」でたくさんの見込み客のご来店を誘発し、いかに多くの方を顧客にできるかが重要なんです。

はじめのうちは、いろいろな失敗もあるでしょう

だからたくさん挑戦できる方がベターなのです。


技術ももちろん大切ですが、顧客にする仕掛けも重要です。

それをどれだけ高めることができるかも先生の腕のみせどころですよ

先月より今月、どこか成長していますか?





テーマ:
山田光彦さんのブログから一文をご紹介します。

   
少し前に、オックスフォード大学のオズボーン准教授がこんな大胆な予測を発表して話題になりました。

1.仕事の価値を下げる原因:供給過剰

供給過剰というのは、商品を提供する側が増えすぎてしまう状態。ビジネスは需要と供給で成り立っています。単純計算すると、売り手が10人で買い
手が100人いれば、売り手1人あたり買い手が10人いることになります。ですが、売り手が20人、買い手が100人なら、売り手1人あたりの買い手は5人になってしまします。

つまり、売上が半分になってしまうということです。売上が半分になってしまったら、ほとんどの事業が潰れてしまってもおかしくありません。

このように売り手が急激に増えてしまう、つまり、ある仕事が供給過剰に陥ってしまうとそのビジネスで利益を出すのが難しくなり、収入が減ってしまうのです。

そして、この供給過剰がどんどん進んでいく仕事の具体例としては、柔道整復師や整体師などのいわゆる治療家の仕事があります。

接骨院の数は2002年には25,975店舗だったのですが、2012年には42,431店舗に急増。10年で1.6倍になってます(厚生労働省:平成 24 年衛生行政報告例(就業医療関係者)の概況より)。これは、コンビニ最大手3社のセブン・イレブン、ローソン、ファミリーマートの店舗数の合計41,085店舗よりも多い数です。しかも、これは接骨院だけの数で、整体院なども含めると10万店舗を超えるのではないか、ともいわれるほど急増しているのです。

他にもリラクゼーションサロンもどんどん増えておりますし、価格破壊も起こってます。
またもみほぐすというスタイルだけでなく、ストレッチのお店も増えてます。

生き残るための創意工夫がますます必要になってきてると感じますね


テーマ:
ずいぶん寒くなった気がしますけど、風邪などひいていませんか?

久々の連休なのでブログ更新しようと思ってみました。

今日は、表題の「お客様がいない時何してますか?」です。

自分が一人開業していた時は、まちまちでした。

テレビ見てたこともあるし、ネットサーフィンしてたことも

でもいつも遊んでたわけではないです(笑)


実は、一人で整体院やってましたが、

玄関しめて、電話は転送にして携帯持ってチラシ配りに行ってました。

正直チラシ配りは、そんなに好きでないですけどね

でも配りに行って、以前に来店された方に会うこともあるし、

先生見かけて思い出して来てくれたりということもありました。


まだご来店のない方も

「あなたがやってくれるの?」ということで

後日予約してご来店ということもあります。



人間て心理学でもよく聞きますが、

知らない人には、不安が生じるものです。


できればホームページには顔出しがお薦めですよ。

どんな人がやってくれるのだろうかとう心配や不安があったりしますからね


話戻って、暇なときどうするかですが

仕事ですから

売上に繋がることをやるってことがベストですよね

寝てたり、ネットやってるよりは(笑)

疲労を取るために仮眠なら話は別かもですが


たとえ個人事業主のかたでも

同様です。

お客様が来ないから、稼げない、

だから辞めるでは悪循環になるだけですから

会社任せにしないで連れてくるぐらいの意気ごみでないと

これから生き残れないです。



テーマ:
こんにちは 独立開業「癒し・整体」専門コーチ 谷田貝です。


今日は、一番効果の高い集客方法の紹介です。

それはなんでしょう


  ・

  ・

  ・

そう 「紹介」です


以前にも書きましたが、

知らないところや知らない人って不安なんですよね

だから「紹介」は最強なんです。




紹介してくれる方って

もちろん以前から知ってる方な訳ですし、

紹介してくれた後に

逃亡しないですよね(笑)

だから「不安」を払拭してくれるんです。




私は、サロン内に

綺麗なご紹介チケットを作成して

術後にお茶を飲むテーブルに

さりげなく置いておきました。

ご紹介してくださる方は、

どんどん紹介してくれます。

ご主人、奥様、ご両親、ご兄弟、会社の人、お子さん

近所の人、知人・・・・



もちろん

ご紹介で来てくださった後には

ご紹介者に

感謝を込めて

サービスしてました。


テーマ:
こんにちは 独立開業「癒し・整体」専門コーチ 谷田貝です。


意外と皆がやらなくて

効率的なのが

「挨拶回り」です。



方法としては、


二つあります。

一つ目は、企業やお店回りです。

これをする時にも

以前ブログに書きました

お試しクーポンを持っていくと

喜ばれます。



お店でしたら

先方のちらしやクーポン券も

いただいてきて店内に置いてあげる

と喜ばれますし

地域で探していらっしゃる住民がいれば

ご紹介もできて

双方向から喜ばれます。



二つ目は、ご近所です。

よく生命保険の方やリクルートの営業の方がやっってますね

自己紹介欄などを入れて親しみやすく作成されてます。

訪問の際は、

クーポン券とチラシをもって


「困ってる方がご家族や身近にいらっしゃいましたら

ご紹介してください」

と簡単な挨拶程度で十分です。


以前訪問販売してた頃は、

1日に300件程度が限界でしたね


販売するのではなく

挨拶とクーポンおいていくだけですから

受けとってくれる方は

販売よりずっと多くなります。



でもけっこう日中は

留守が多いですけど

暇ならやる価値あります。





テーマ:
こんにちは 独立開業「癒し・整体」専門コーチ 谷田貝です。


今日は、深刻なテーマ

現役のころ

私の再来店率は100%ではありませんから

様々な理由で

お客様は再来店しなかったのだと思います。



では、

なぜ

再来店してくれないのだろうか?

それは、やはり

要望を満たせていないから

です。


たとえば

”腰が辛い”

楽にならなかった

来ないですよね

期待できないのですから



仮に少しでも楽になったと感じ

また完ぺきに楽にならない理由が説明され

お客様の腑に落ちたのなら

必ず再来してくれます。


これは、技術のお話です。

他にも

店内の清潔感や

あなたの(担当スタッフ)の第一印象や

接客も

影響してます。


自分の感覚だけではわからない

要因があるはずです。



第3者に聞いてみよう!

友人知人でもいいですし

ミステリーショッパーなどをやってる会社でもいいですし

同業のかたでもいい


傷つくかもしれない

自信を無くすかもしれない

腹がたつかもしれない


でも

真実をみなければ

前には進めないから

決断しよう!!

テーマ:
こんにちは 独立開業「癒し・整体」専門コーチ 谷田貝です。


今日は、地域誌を有効利用しよう!です。

僕の住む千葉市にもありますが、

あるところが多いのではないでしょうか


だいたい広告って

大きく出すには、

費用が高くなります。

しかし

小さく出しても効果は、やはり小さいのが現状です。


どうせ出すのなら

大きく出しましょう!


できれば

1度だけではなく

数か月続けて出すのがベストです。

そうすると出稿料金も割引になりますし




その際は、

いろいろ変化をつけてください

写真

お試し価格

コピー

などなど



ここでも

顧客目線で考えてみましょう!

やはり大きく出てるお店や会社の方が

安心しませんか

僕は単純にそう感じます。

小さいと

儲かってないから

こんな小さな広告しか出せないんだと




もし

お金がないのなら

国金とかの融資も相談してみてください

広告費は、融資になりやすいですよ




テーマ:
こんにちは 独立開業「癒し・整体」専門コーチ 谷田貝です。


以前書いていたかもしれませんが、

改めて新規集客について


店長会議でよく耳にした言葉があります。

「安売りしたくないんですよ!」

もちろん、正当な価格はいただくべきだと思います。

しかし

顧客目線を忘れてないだろうか?



行ったことのないサロン、治療院に対して

見込み客の方々は、どう感じ、

どう思っているでしょうか


どんな施術(治療)なんだろう?

どんな人が先生(担当者)なんだろう??

上手なんだろうか???

効果でるのかな?

先生って男の人かな??

先生一人なのかな???

着替えって清潔かな?

・・・・・・・


と いざ必要に迫られて探し始めたとき

いろいろな不安が出てくるんですね!



なので

お客様のリスクを少しでも減らしてあげる必要があるんです。



リスクを減らすためには、

可能な限り情報は提供しましょう



たとえば

店内の写真

スタッフの顔写真

お客様の声



そして

お試し価格(クーポン)が必要です。

たとえ技術に自信があっても

受けたことのない人には、伝わりません。

すっごいキャリアがある先生

本を出版している先生

もちろん、いらないと思いますが


無名の先生は、

やるしかないです。




お試し価格があれば、

お客様も

「試してみるか!だめだったらもう行かなければいいんだし・・・」

「この値段だったら、一度試に行ってみるか」

と思えるわけです。

お客様のリスクがこうして減るんですね!


お客様も今の時代

たくさんあちこちで受けてる方が多いです。

若い人は別ですが

だから、いい先生の技術の味を知ってるわけです。

また、ダメな先生の味も知ってるんです。


まずは、お試ししてもらいましょう


どのくらい割り引いたらいいのかって

ご質問も受けますが

赤字にならない程度まで引いていいと思いますよ

来なければ、売上0なんですから



また人を雇っていらっしゃるんでしたら

人件費を下回らない程度まで下げてもいいと思います。

初回の料金で利益をだそうなんて

あまり考えない方が得策です。


その1度の来店で良ければ

次からは、獲得単価は0円で集客できるわけですから

これが2回、3回、・・・・続けば

ずっと無料で集客できるんですから
















テーマ:
こんにちは 独立開業「癒し・整体」専門コーチ 谷田貝です。



集客は、まさに開業者にとって生命線です。

とにもかくにも

私の新規集客は、ポスティングでした歩くポスト

前回は、頻度でしたが

今回は距離のお話をしますね~

まあ~これはやってみないとどのくらいまでが妥当かは、

正直分からないですが、私はスクーターでの出張もしてましたので

最寄り駅の前後2駅は確実に来店してくださいました。

それを越えると確率は、落ちてきましたがゼロではなかったです。

ポスティングは、地域を知る上でも

いろいろ会話のネタにも繋がりますし

健康にもいいですからね



待ってても来ないですから

暇でしたら、外に出て行きましょうビックリマーク

もう暖かいですから




テーマ:
こんにちは 独立開業「癒し・整体」専門コーチ 谷田貝です。


とりあえず1か月の目標を

立てる人は多いのでしょうか?

そして今日の目標も


振り返ってみると

今日の目標(予算)達成のための

動き(アクション)できてる人、スタッフって

まずいないといってもいいくらい

自分も雇われてる立場の時そうだった。



お客様が来ることを信じてる?(笑)

来たら一生懸命接客して施術する人が多いよね

でもお客様が入ってきてくれるのって

極めてちっちゃな確立だよね

街の人口や歩いてる人の数から比べたら



だから

毎日来ないことを想定して(笑)

やるべきことを決めておかなければ


新規集客数増やすには









リピーター増やすには








離反客にならないようにするために









数が足らないのなら

単価アップする

その為に








待ってるだけじゃ

人は来ない


例え業務委託で働いていても

集客は会社の責任だとか言ってないで

やるべきこと決めて

やろう

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス