京都でアレルギー検査!鈴木診療所に行ってきました。part1 | こじょるのおこじょなえぶりでい
新型コロナウイルスに関する情報について

こじょるのおこじょなえぶりでい

ClassicalHomeopathy柊舎の個人的なBlogです。
基本的に、自分自身の忘備録を兼ねた呟きと
茶話会参加者さん、クライアントさんに向けたBlogです☆
好きなカフェ、趣味、本、手作りのもの等
プライベイトについても時々書いてます☆

リアルタイム更新です☆!(^^)!


昨日、京都の下鴨にある鈴木診療所さんにいってきました!(*^^*)🌟


鈴木診療所は、全国から患者さんがつめかける診療所で

私は1ヶ月ほど前に予約を取りました。(^^)/

というのも、やはりみなさんが頼りにされているので

待ち時間が長くなってしまいがちとのこと。

5ヶ月の赤子は簡単に待つことが出来ませんので

出来る限り、朝一番の診察をお願いしたかったため、早めの予約でした(^^)/☆

※授乳スペースはありましたよ!!




鈴木診療所までは、最寄りは京阪出町柳駅から徒歩かな?

通勤ラッシュとぶつかるため、

阪急河原町駅を降りてから、京阪電車にのりかえはせず

阪急河原町駅からタクシーを利用しました。

タクシーでだいたい1200~1500円くらい。

20分程で到着します💕(^_^)/



住宅街にある診療所は、少し入り組んだところにありますので

有名な診療所ではありますが、

タクシーでもナビしてあげられると親切かもしれません☆(^-^*)💦



診療所に入ると、壁の張り紙が色々と。

アレルギー科の特性上、化学物質に過敏な患者さんへの配慮をお願いします

といった内容の張り紙があり、シャンプーや柔軟剤、香水は配慮してほしいとのこと。

これ、凄くわかります。 

合成香料の工業製品としての臭いなので

人によっては、香料=アレルゲンになります。

花粉症やアレルギーのしんどさをわかってあげられる人であれば

人工香料は、是非公共の場では少なくしてあげられるといいですね…(゚o゚;

私も赤ちゃんが生まれてから、香料を特に避けていて

シャンプーもすべて替えました。。。(>_<)


原発や、放射線汚染、社会全体への問題の新聞の切り抜きも目に留まりました⭐



さて、問診票です✨✨

どんなおうちに住んでいるかといった環境のこと

過去の病気や、家族歴。

予防接種の履歴や、今回の相談内容など書き込んでいきます。

今回は、離乳食がはじまる前の息子のアレルギー検査のつもりでした。

助産院オススメの京都T病院の小児科にかかり

血液検査をされましたが

今一つ、納得がいく説明を受けられなかったため

セカンドオピニオンとして、アレルギーの専門家である

こちらの診療所の門をたたいたわけですが

どのようなアレルギー検査をして、それがどのようなものなのか。

赤ちゃんだと、程度がわからないし

どんな感じなのか自分自身が

また納得できないかもしれないため

私も、息子と一緒にアレルギー検査を受診することにしました!!(^_^)💓




問診票を提出して…

大人は、身長体重血圧と、内科の診察があります。

内科では、アレルギーの説明をとてもわかりやすくして下さいます。

今まで、全然わかっていなかった…😌(笑)

本で読んだことよりも、一歩進んだ専門家の先生ならではのわかりやすいアドバイスです。💞💞

血液検査もしていただきました。

赤ちゃんは、オムツを替えて、はだかんぼう体重の測定です。

息子はすでに受けた血液検査の結果があったので、そちらを持参して行きました!ヾ(^v^)k



~続く!~