2018年のマリノス感想 | ひつじるしっ!!

ひつじるしっ!!

横浜F・マリノスを愛し
二次元を糧とし
リアルにもがき苦しむ
迷える羊羽の夢と希望と無謀の妄言。


テーマ:

われらがボス、アンジェ ポステコグルー監督が就任して始まった、2018シーズン。
事前の情報通り、そして私の予想以上に、アタッキングフットボールは強烈で個性的でした。
いいね。こういう他のチームにない個性はとてもうれしい。
私はアタッキングフットボールにすごく魅力を感じるし、相当面白い。

ただ、私が想像していたのは「よし優勝だ!」って感じだったのですが、そう簡単ではなかった。
残留争いの中、W杯後の試合で形が見えてこないゲームが続いたときは、残留すら出来ないかもと思ったのが正直なところ。
結果は12位。残念でしたが、仕方ないのかなという気持ちもあります。
フットボールっていうものは、何とも難しいスポーツですね。

ボスのアタッキングフットボールの生命線は、ポジショニングとパスの速さと正確性。
良いポジションにいる味方に、速く正確なパスを出す。それの連続でゴール前まで行きましょう。
味方が良いポジションに移動するために、キープする。
それはDFだろうが、GKだろうが、やる。
キープ中に相手が来たらかわす。失わない。

やってることを書き出すとこれだけなのだが、すごく難しい。
この良いポジションの概念がすごく難しい。何をもって良いポジションか。
このあたりの説明は、ポジショナルプレーについて書かれている本で勉強してくださいとしか言えない。
何せ私がわからない。説明できない。

ただ、試合を見ていてあそこのスペースを使う、そのために誰が移動する、というのが感覚的にわかってきました。
そのあたり、偽サイドバックだか、偽センターバックだかなのでしょう。

このポジショニングに関して、選手は相当できるようになったと思います。
迷子で、どうすればいいのかわからない選手がいなくなったように見えました。
ただ、そこに速くて正確なパスを出す。これがあまりうまくない。
とにかく練習から手を抜かず、速くて正確なパスを出せるようになってもらうしかない。
全選手が成長していかないといけませんね。
でも、それって当たり前だよね。頑張ってください。


で、このことを抜いたうえで、2018シーズンは凄く運が悪かった。
運も悪く、タイミングも悪く、流れがすごく悪かった。

運が悪い。
とにかく、審判の判定が不利だったイメージ。
最終戦vsセレッソの1失点目、ファールを流されて失点。
ホームのvsエスパルス、失点はオフサイドだし、PKだろう!!ってシーンがいくつもあった。
PKについては、思い出したくもない、ルヴァンカップ決勝。

実際、このあたりは、あっても勝てるように強くならないといけないはずだが、それでもねぇ・・・
来年以降、審判が敵でも勝てるようになりたいものです。この言い方がすでにダメかもですが。

タイミングが悪い。
W杯があり、前半戦ぎゅうぎゅう詰めの日程。
ここで監督変える判断をしたのはマリノスだけれども、あまりにぎゅうぎゅうすぎ。
試合の連続でなかなか練習できず、成熟が遅れた。
言っても詮無いことだけど、どうにかできなかったのか。

というか、見る側も結構しんどかった。毎週2試合はなかなかハードですよ。
個人的な意見としては、楽しみが多いのはいいが、一時期に集中してるより分散してる方がいいので、毎週1回くらいのペースがいいんだけどなぁ。。。

こうしたことで、全体の流れ、波として調子が良い時より調子が悪い時の方が長かった印象。
調子が良くなったときは、これでずっと勝てる!とか感じるくらい良いのだけど。
で、調子良いと対策されて、勝てなくなる。調子悪くなる。

Jリーグはやっぱりレベル低くないよ。
ヨーロッパに比べて、相手の良さを消す方に注力するチームが多いだけ。
それは地味で目立たないけど、相当難しいはず。


さて、そんなわけで、天皇杯決勝から始まった2018年も選手はオフに突入。
ゆっくり休んで、頭をリフレッシュさせてほしいです。

ボスも、来期続投決定を社長明言したし継続して強くなろう。
そのために、私はポジショナルプレーを勉強します。

ファン、サポーターももっと勉強した方がいいと思いますよ。
いまだに「俺の知っているマリノスはこうだ」「俺の知っている戦術はこうだ」を押し付ける人多いですが、現状何をやってるか、どうしようとしてるか、把握しないで言うと恰好悪いです。
残念なことに解説の元選手とかにもいますが、古い知識をひけらかして恥かくのは誰も得しない。

幸いなことに、多くの最先端戦術がネットで見れます。
今で言うと「ポジショナルプレー」と「ストーミング」ですか。このあたりから私は勉強しようと思います。


2019年どうなるかはわかりませんが、勝手な予想をすると、ボスは初期ポジションとして3バックを目指しているように思います。
夏にサイドバックを補強せず、ドゥシャン、チアゴ(買い取りオプション付きのはず)、畠中を獲得したことや、最終戦の3バックチャレンジ。
まだわかりませんが、現状と同じ選手構成なら3バックでしょう。今の3バックも勉強してみないと。
外国人も枠5人になるし、新たな選手の名前も出てますし、予想を楽しみながら来季を待ちたいと思います。
 

羊羽さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス