サカつくRTW的マリノス2019選手補強予測 | ひつじるしっ!!

ひつじるしっ!!

横浜F・マリノスを愛し
二次元を糧とし
リアルにもがき苦しむ
迷える羊羽の夢と希望と無謀の妄言。


テーマ:

サカつくRTWというスマートフォンアプリゲームがあります。

この冬からJリーグも搭載されるようです。

私は、リリース当日からずっとやってますが、なかなか勝てませんね。



さて、このゲームでは、例えば、FWであればストライカーやポストプレーヤー、シャドーストライカーなど、選手には一人一つずつ特性が割り当てられています。



監督も同様で、このゲームで一番重要なのが、監督の持つフォーメーションコンボと呼ばれる、能力アップ機能です。

監督の得意な戦術、フォーメーションに加え、どこにどの特性の選手を配置するかが決まっていて、それがぴったり一致するとフォーメーションコンボが発動します。

このゲームは自分の持ってる選手の特性と監督のフォーメーションコンボの発動条件を見比べて、どうすれば強くなるかを考えるところがポイントです。





さて、このフォーメーションコンボを現在のマリノスの監督、選手で当てはめる、以下のようになるでしょうか。

(実際のゲームにはありません)



監督:ポステコ
戦術:ポゼッション
フォーメーション:4-3-3A
フォーメーションコンボ名:アタッキング・フットボール

――〇――
〇―――①
―②―〇―
――〇――
〇④―〇③
――⑤――

①ウィングストライカー
②アタッカー
③組立SB
④カバーリング
⑤スイーパーGK

こんな感じ?

この5人の特性が変わってしまうと、フォーメーションコンボが発動しませんので、戦力はガクッと落ちてしまいます。

この①から⑤について、実際の選手で当てはめると・・・

①仲川
②天野
③松原
④チアゴ
⑤飯倉

となるでしょうか。

私のイメージとして、この5人が今、全く替えが効かない選手だと思っています。

特に、①仲川と③松原の右サイド2人現状いなくなるとかなり厳しい。

この2人のバックアップとなる選手獲得が最優先ではないでしょうか。

と、言いつつ、テルのバックアップには渓太を右で使い、マツケンのバックアップには山田康太をサイドバック起用する、というのはプランであると思うのですが。



②天野と④チアゴのところは、久保建英と畠中がいるので、チアゴと久保の完全移籍をお願いいたします。

(このあたり、サカつく的には畠中は組立CBでしょうし、ドゥレはハードマーカーで、フォーメーションコンボがずれてしまいますが、ご愛敬ということで・・・)



⑤飯倉については、もう日本人にほとんどいない上に、他チームでもスタメンでしょうから、今いるメンバーを育てましょう。

特に原田岳には期待しているのですが、はてさて。





とまあ、こんな感じで見ていくと、なかなか面白いのですが、もう少し現実的な感じで考えると以下のようになります。



・右ウィングFW(テルのバックアップ)
・アンカー(扇原のバックアップ)
・右サイドバック(マツケンのバックアップ)
・チアゴ、久保建英の完全移籍
・山中のライバル(×バックアップ)



これが必要なところではないかと思います。

特にマツケンのバックアップ。簡単には見つからないと思います。

それこそ、ボランチをコンバートするくらいの考えが必要。



山中については一つ前の記事で書きましたので、良ければご覧ください。

必要なのは、バックアップではなく、ライバル。


そのうえで、さらに各位置にいい選手がいれば獲得に動くべき。

私の意見を言えば、具体的にはサガン鳥栖の小野ゆが欲しいです。

両サイドウィングできますし、実績ありますし、10番空いてますし。


いろいろ意見はあると思いますが、ここ数年の補強は日本人、外国人ともに当たっていますし、年間を通じて検討されているので、またいい選手が来て活躍してくれることでしょう。

羊羽さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス