山中に危機感を | ひつじるしっ!!

ひつじるしっ!!

横浜F・マリノスを愛し
二次元を糧とし
リアルにもがき苦しむ
迷える羊羽の夢と希望と無謀の妄言。


テーマ:
山中が日本代表に選ばれた。
ここまで頑張ってきたのが実を結んだと思う。
特に今年はボスのアタッキングフットボールにトライすることで、SBは一番影響が大きかった。
だからこそ目立って、メディアの露出も増えて、代表監督の目にも留まったのかもしれない。


ヤマには代表でいろいろ感じ取って、「危機感」を覚えてきてほしい。

せっかく代表に選ばれたのに、ここでいうか?っていうことを以下書きます。

正直、今のヤマのプレーには不満がある。
ツイッターなどでは、ゴール数やアシスト数を挙げ、攻撃的なSBとして期待されている。
確かにミドルシュートやロングシュートの威力はすごい。精度も高い。
日本人でこれ以上蹴れる選手はいないように思う。

ただ、そこが目立つが、目立たないところをきっちりやらないとだめだ。

特に思うのはポジショニングとパスの精度。
ポジショニングはもう少し考えて、相手の選手が届かないところにいないといけないと思う。
というのも、今、ヤマは狙われている。
高い位置からプレッシャーをかけるチームは、SBのヤマとマツケンにパスが出た瞬間にアタックしてくる。
トラップ間際が一番ボールを奪われやすい。そこを狙われている。
SBがボールを奪われれば、それはすぐさまピンチになるから、ロストしてはいけないのだ。

その点、最近ヤマはロストが多い。狙われているから仕方ないが、やられるままに取られてはいけない。
そのために、ポジショニングをもう少し工夫、改善して、相手が一歩届かないとか、ボール一個届かないとか、そういうことをもっと細かく考えてプレーしてほしい。

パスの精度は、簡単にパスミスすんなって話。
前のウィングFWに出す縦パスをミスするのは、まだよい。横パスずれてかっさらわれて大ピンチが多すぎる。
上でも書いたがSBがボール取られたらそのままピンチなので、そこはきっちりやらないと。


でも、ヤマできるんだからね?これから成長しましょう、じゃなくて、できるのにミスってるんだからね?


なんで今こうなったのかっていうと、危機感だと思う。
私が「ヤマいいプレーだ!」と思ったときは、昨年と今年の前半戦。
昨年は移籍初年度で、ライバルもいて、やらないとヤバいという危機感があった。
今年の前半戦は、アタッキングフットボールでSBに大きな変化があったことで必死だった。

今は、左SBとして、ヤマがファーストチョイス、というか一択である。
アタッキングフットボールに慣れて結果も出てきた。

余裕が生まれるのは良いことだが、それでプレーが雑になってはいけない。
余裕が雑なプレーを生み出すなら、常に必死の状態に追い込む必要がある。
でも、それしんどいじゃん?ヤマ自身が一番しんどくなる。
そうならないために、もっと危機感を持って、必死でプレーしてほしいと思う。


個人的にはそのために、やはりライバルが必要だと思う。
バックアップとかではなく、ライバル。ヤマをサブに追いやるライバル。

でも、その前にチャンスが来た。

ヤマにとって最大のチャンス日本代表。
ここで周りを見て、今のままじゃヤバいって思って、帰ってきてくれるといいな。


ヤマにとって、素晴らしい代表選出になることを願う。

羊羽さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス