マリノスの攻撃をざっくりゴールから逆算する | ひつじるしっ!!

ひつじるしっ!!

横浜F・マリノスを愛し
二次元を糧とし
リアルにもがき苦しむ
迷える羊羽の夢と希望と無謀の妄言。


テーマ:
マリノスの攻撃をざっくりゴールから逆算する
1.ゴール
そのために
2.フリーでシュート
そのために
3.サイド又はハーフスペースから、テンポをはずしてペナルティエリアに入ってきた選手にマイナスの低いクロス(パス)
そのために
4.ペナルティエリア角からパス回しで突破(数的優位)
そのために
5.ペナルティエリア角のあたりにいる選手に縦パス(スイッチを入れるパス)
そのために
6.キーパー、バック、ディフェンシブハーフが相手を逆サイドにひきつけて、サイドチェンジ
そのために
7.相手が取れそうな、取りに食いつくような、少々危険に見えるパス回し


勝てない試合はこのどこかで躓く。
というか、前提としてある「正確なパス、トラップ」ができないことが多い。
3までいってパスミス、2までいってシュート枠飛ばない。実にもったいない。
でも、上手くいけば得点を量産できる、その道筋はできている。

vsアントラーズでは6のところでうまくいかなかった。
5のところで、ペナ角で受ける選手をサイドに流れたがる大津にして、大津とウィングとインナーハーフの3枚で崩すはずだったが、そこまでボールが行かなかった。
4のところで、大津か他の選手個人が突破しようとして、上手く行かなかった。

あくまで私の見え方ですが。

選手にはもう一回、頭を整理して、やることを確認して、焦らずにサッカーして欲しい。

羊羽さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス