心の奥に抱えていた感情に
気がついた時、
 
自分の弱さを知って
自分自身を気がついた時に、
 
胎児の魂との会話も
軽くなっているのに 
気がつくのです。
 
生まれる時、そして死んでいく時<br>〜魂を直感的に感じる時〜

人間の頭の中には 

左側と右側に異なる脳の部位があり、

左脳と右脳と呼ばれています。

 

左脳は、経験の積み重ねや知識を基に

現実を理解しようとしたり、将来を予想したりします。
それに対して右脳は感覚的で、

直感的に感じた事を重視しようとします。

 

「人と繋がりたい。魂と繋がりたい。」と感じるのは右脳の方です。
魂を感じるのは右脳と呼ばれる部分だと言われています。

 

「人間の中に宿る魂というのは、何処から来て何処へ行くのか?
生まれる前は何処から来て、死んだ後は何処へ行くのか?」
というのが僕の人生のテーマのように思えますが、

その魂というものを考える時に重要なのが右脳なのです。

 

人間には誰でも魂を感じる時というのがあります。
その魂を感じる時というのは、

生まれる時、そして死んでいく時なのです。


そういう時期というのは、

左脳が十分に動いてない状態で、

右脳が活発に動く時期だから 

魂を直感的に感じるのかも知れません。

 

そして女性にとってはもう何回か、

そう言った右脳が動く機会があります。


それは妊娠している時期なのです。

自分自身の身体の中に、

もう一人の人間の身体と魂が宿るというのは

人間の不思議、魂の神秘を感じないではいられません。

 

それは考えると不思議な現象で、

左脳的な考えだけでは説明出来ないのだと思います。

 

その妊娠期間中というのは、

胎児の魂と会話が出来る期間でもあります。


魂と会話をするというのは、

考えただけでもワクワクしますし、

 

う言った機会といのは

そうそうあるものではありません。

 

起きていても寝ていても四六時中、

胎児が自分の身体の中にいるのですから、

「魂を感じて話をした」と言っても、

誰も不思議とは思わないと思います。

 

それどころか、

羨ましいと思う人もいるかも知れません。

「これは自分自身の心に向き合って

話しているのかもしれない」

 

胎児と話をする時、

妊娠している方は

そう感じる時があるかもしれません。

 

(続く)

 

----------

● 癒しフェア@TOKYO 2017に出演、出店決定!