先日の「瞑想Basic クラス開講」の記事を読まれて沢山の方から質問があったのですが、

情報発信が少ないせいか、思いが伝わってないと感じ、もう少し詳しく書く事にしました。

 

大分前に書いた「シリコンバレーの魔法学校」という記事をもう少し解りやすく書きます。


そしてシリコンバレーの写真は無いかと探していたら、シリコンバレーのフリーウェイを自動運転している車の写真がありました。

 

こんな感じの技術の最先端が道を走っている不思議な街がシリコンバレーですが、

ふた昔前ぐらいにはサイキック能力開発でも有名でした。

 

元々はスターゲート計画という

軍関係での超能力研究開発が始まりだったそうで、

 

場所はスタンフォード・リサーチ・インスティチュートというパロアルトにある総合技術開発研究所で行われたそうです。

 

そこはサイキックのみの開発研究をしているところではなく、日系企業とのコラボ技術開発などもしています。

 

ちなみにそこで研究開発して有名になった製品は、世界中の人たちが使っているコンピューターのマウスです。

 

一度訪れた事があったのですが、

「原爆が落ちても大丈夫」

と言われる設備とはかけ離れた

「あれっ。普通の建物じゃん」

と期待はずれで、思わずガクッとしたのを覚えてます。

 

その近くに僕の行っていたサイキック学校がありました。

80年代後半には、

軍でのサイキック研究は終了と公表されていたとはいえ、

 

場所と時代背景から、

民間研究開発が行われたのも無理はなかったのかもしれません。

 

僕がそこに通っていた頃でも

身分を明かさなくても

軍関係、政府研究所関係、FBI関係、CIA関係などと解る人たちが、スパイに訪れていました。

 

「何処で働いているの?」

と訪れた人に聞くと、

「FBIの超能力捜査に携わっている」

と言う人が来たり、

 

いかにも政府機関の超能力者たち

と思える人たちが来たり、

「家族が軍で働いている」と言う人が来たりと

興味深い人たちが訪れて来たのでした。

 

そんな学校で瞑想、ヒーリング、透視能力などを学んでたので、日本では考えられないような厳しさ、楽しさ、技術力の高さがありました。

 

同窓生や関係者では、

世界的なヒーリングのベストセラーの著者である「バーバラ・ブラナン」、以前渋谷でサイキック学校を開講していた「レバナ・シェル・ブラド」などがいます。

 

ここで学んで日本で教えている人は僕以外は、現在まずいないでしょう。

そして日本の文化に合うように10年間の研究開発をしてきた瞑想は、

 

これは元々学んだ同じ形では無く、

日本の人たちの心に合うように変えていったもので

心に響いて、人生を変える瞑想へと進化したものです。

 

東北の震災があって9年近くの時がたち

多くの人たちが日本を訪れるようになり

多くの人々の思いが一つとなっていくのを感じます。

 

今この時だから、

いのちの大切さ、心の大切さを思い

自分を大切にする瞑想を伝えたいと思っています。

 

ご興味のある方は、ぜひご連絡ください。

 

詳細ページはこちらです。

 

 

=== 関連記事 ===

2019年11月から、瞑想Bacic 初級クラス開講します!

 

アメリカの超能力開発研究 その1〜 シリコンバレーの魔法学校
アメリカの超能力開発研究 その2〜シリコンバレーの魔法学校

 

=== これまでクラスを受講された方の感想など ===

自分の中の壁をとる
「イメージセラピー 初級コース」とは?
『シャスタヒーリング初級コース』を修了して
初級コースの感想 (2011年11月29日)
東京の瞑想教室
イメージ セラピー(瞑想)の会 感想
セルフ ・ ヒーリングの体験会、感想
『瞑想クラス 体験会』 の感想 (12月17日)
初級コースの感想 (2011年11月29日)
 

 

----------
★ 整え親方の整え部屋(現在放送中)

★ お得なメルマガ登録はこちら!

 

いのちのやくそく いのちのやくそく
1,944円
Amazon