令和になるんですね | レバレンド サトシ の 整え部屋

レバレンド サトシ の 整え部屋

「世界は、あなたに此処にいて欲しい」と思っている。
体調、家庭、仕事、人間関係や人生を変える瞑想を教えています。
また職場、家庭の気を変えるハウスヒーリング、そしてお母さんと胎児、親子の関係を癒すスピリチュアル・ミッドワイフなどの活動をしています。


テーマ:
平成が終わって令和になるんですね。
 
昭和が平成に変わる時、
サンフランシスコにいて、
それから殆どを海外で過ごしていたので、
何となく馴染みが薄い気がしていましたが、
 
令和になる時に 日本にいるという事が
嬉しいです。
 
 
「天皇陛下 万歳」
と叫んで自ら身を投げ出していった
サイパンの「バンザイクリフ」
  
彼らはバカじゃない。
狂信的な天皇信者でもない。
自ら死にたいわけでもない。
 
それでもどうしても
そうしなければいけない状況になった時、
 
天皇に日本の将来を託して、
自ら日本の礎になる。
 
そんな思いがあったんだと思う。
 
海外に長く住んでいると、
自分が日本人だと
細胞の隅々から、心の奥底から
叫びに近い思いが浮かんでくる。
 
「日本のために」
そう思う気持ちは 
日本に住んでいる日本人より
強くなるのかも知れない。
  
  
そんな全ての思いを受け止めて、
天皇陛下が
海外の慰霊の旅の最初に選んだのが
サイパンだった。

日本人である事に誇りを持って
天皇に日本の将来を託して
自ら死んでいった人たちへ

生きている人 死んでいる人
どんな人にも差別なく
同じ目線で 真摯に向き合う
その姿に 目が潤みます。
 
日本に天皇がいて、
本当に良かったと思う。
  
将来を託せる人がいる
日本人に生まれて良かった。
 
{6332865E-D46E-4005-96A7-BC5983C2CC4F}



レバレンド・サトシ の「整え部屋」さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ