「うまれる」のつばきちゃん2 | 瞑想カウンセラー 上田サトシ

瞑想カウンセラー 上田サトシ

「世界は、あなたに此処にいて欲しい」と思っています。
それぞれの存在する意味を見いださせてくれるメディテーションで体調、家庭、仕事、人間関係が好転する方法を教えています。
また職場や家庭を好転するハウスヒーリング、カウンセリング、コンサルなども好評です。


テーマ:

つばきちゃんは、

映画「うまれる」の中に出てくる赤ちゃん。

 

出産予定日前日に心音が止まり、

死産でうまれてきました。

 

 

赤ちゃんがうまれてきて

成長していって、

大人になるって、

普通のことだと思っていました。

 

流産でうまれなかったり

死産でうまれてくるとか

 

現実味が無くて、

自分の周りでそんな事が起きるって

思ってもいませんでした。

 

それが「うまれる」のつばきちゃんを見て

 

「ああ、こういう事ってあるんだなぁ。

 

出産って普通なことじゃ無くて

危険ととなり合わせなんだ」

そう思うようになりました。

 

医学が進んだと言われている現在でさえ

お産をする7人に1人は、危険なお産だそうで

そのうち流産や死産になるケースも

少なくないと思われます。

 

そして、

母子共に危険な状態というのもあると

お聞きしますので

 

本当に、出産というのは命がけで

新しいいのちが、うまれてくるというのは

奇跡 なんだと思えます。

 

そんな大変な出産なんですから

うまれてくる赤ちゃんを

見てるだけで 癒されて

嬉しくなってきます。

 

そして自分だって

あなただって

 

そんな出産を乗り越えて

うまれてきたんですから

 

どんなに苦しくて

辛いことがあっても

 

此処にいて

生きてるだけで

嬉しくなる

 

そう思える時が

多々あります。

瞑想カウンセラー 上田 サトシさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス