世界は「あなたに此処にいて欲しい」と思っている(1) | 瞑想カウンセラー 上田サトシ

瞑想カウンセラー 上田サトシ

「世界は、あなたに此処にいて欲しい」と思っています。
それぞれの存在する意味を見いださせてくれるメディテーションで体調、家庭、仕事、人間関係が好転する方法を教えています。
また職場や家庭を好転するハウスヒーリング、カウンセリング、コンサルなども好評です。


テーマ:

昨日は久しぶりに、大阪のセミナールームにて

 

不妊治療をなさっている方と、

親子の関係にお悩みの方の

スピリチュアル・カウンセリングをさせて頂きました。

何年もの間、メディテーションをしてきたこの部屋は
僕にとって、どこよりも落ち着いた空間になっています。

7年前に、アメリカから帰国して瞑想教室を始めた時、
大阪には、家族や親戚、知り合いさえ一人もいませんでした。

それでも「瞑想教室をしたい」という思いを
打ち消す事は出来なくて、

最初は、たった一人の生徒から始めました。

生徒も、カウンセリングを受けたいというお客さまも
誰も来なかった頃、

僕は部屋で一人でメディテーションをしました。
何時間でも、朝から晩まで一日中、何日間も
メディテーションをして、空間を清め続けました。

その成果もあって、
少しづつ生徒さんが増えてきて、
カウンセリングを受けたいという方も、
少しずつ来られるようになりました。

あれから7年。
大阪では3つのクラスが継続するようになり、
東京でもクラスが3つに増えました。

昨日、カウンセリングをさせて頂いて、
あの頃からの時間の流れが、頭の中によぎりました。

「一人で部屋を何時間もメディテーションしていたのは、
きっと今日の日のためだった

無駄なことは一つも無い。
あの時、諦めなくて良かった。


不妊治療をなされている方の、身体の緊張を言葉で一つ一つ外していきます。
そして赤ちゃんのたましいが、オーラの中に入ってくるスペースを造っていきます。

「大丈夫だよ。心配しなくても、
 世界はあなたに『此処にいて欲しい』と思っているよ」
そう赤ちゃんのたましいに語りかけます。

そんな言葉が素直に出てくるような 雰囲気があるこの空間からは、
どんなたましいでも受け入れる、

大きさと暖かさを感じます。

 

そんなふうに赤ちゃんのたましいと話をしていて、

 

世界が僕に、「此処にいて欲しい」

ずっと思っていたということを

今、やっとわかるようになってきました。

 

そして、この文章を読まれているみなさま、

あなたのことも

世界は「あなたに此処にいて欲しい」

そう思っています。

 

これまで出会った方たち

全ての人たちを思い浮かべてみると、

それぞれの人から、

 

世界からの

「あなたに此処にいて欲しい」という思いを

ふつふつと感じます。

 

これまで出会ったみなさま、

ありがとうございます。


瞑想カウンセラー 上田 サトシさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス