聖母マリアの卒業セレモニー | Lemurian Angel

Lemurian Angel

宇宙の愛をお届けする光のネットワークです。
今日も平和で愛に満ちた日でありますように。


テーマ:

今年のシャスタのヒーラー養成コースは、山火事の影響で

 

シャスタの青い青い空にくっきりと浮き上がるように現れるシャスタ山を見ることはできませんでした。

 

その代わりに、じっくりと個々のプロセスを進めることができました。

 

今年のクラスのメンバーの二人は

 

宿題のレポートも期限通りに提出していたし

 

毎月のたくさんの課題にも真摯に取り組んでくれました。

 

ヒーリングの結果も効果をあがっていて、

 

口コミでモニターさんがどんどん増え

 

シャスタ合宿が終えて、有料でセッションをするのを待ってくれている状態でした。

 

こうして、実力をつけながら、自分の世界を広げていくのが最善です。

 

様々な集客術がありますが

 

地道に実力をつけて努力していくことが長く続いていくコツです。

 

ネットの集客術を否定する訳ではありませんが

 

その前に、自分の核を作ることは重要です。

 

いくらきれいな洋服を着ても中身が伴わなくては、魅力的には見えないからです。

 

自分の適性をみつけて、その分野で輝く!

 

それしかないと思います。

 

 

 

シャスタ合宿の最後に

パンサーメドウで、卒業セレモニーをしたいと思っていたのですが・・・

 

そのために山に行くと・・・・

 

煙がひどくて、車から降りることもはばかられるくらい・・・

 

パンサーメドウも標高2000メートル以上あるので、町が煙に覆われていても山の上までは煙が上がってこないのですが、この日は、登れば登るほど、煙が深くなりました。下から吹き上げる風が強かったのです。

 

その1時間前に、ニーナに山の様子をチェックに行ってもらっているのですが、突然の風向きの変化で、結局、そのときはパンサーメドウには入れませんでした。

 

諦めて降りてきました。

 

卒業セレモニーをすることは誰にも言っていなかったので、私は心の中で、これは、パンサーメドウで卒業セレモニーをするべきではないということかな・・と思いました。

 

じゃあ。。。どうしたものか・・・・

 

と思いながら最終日の朝の瞑想を始めようとした時。

 

ふっと、聖母マリアを感じました。

 

「えっ」と振り返ってしまったくらいの存在感でした。

 

そして、ハートに深く優しい温かいエネルギーが入り込んできました。

 

瞑想を始める前に

 

「自分のルーツとも言える光の存在。自分が一番深くつながっていると思う光の存在は誰ですか?」という質問をしました。

 

答えは、意外にも

 

二人ともが、「マリア様」でした。

 

いままで、このクラスの中でマリアエネルギーが降りてきたこともないし

 

一度もマリア様のことに触れたことがなかったのです。

 

いつもエンジェルにつながっていたので、ミカエルやメタトロンという答えが来るのだろうと思っていました。

 

まさかの「マリア様」ですあせる

 

そして

 

最後の瞑想は、聖母マリアから送られた慈愛の卒業イニシエーションになりました。

 

まさに、ここにつながるために今までがあったのか・・・という感慨深い瞬間でした。

 

二人のマリアエネルギーのチャネルになって、慈愛の光を広めていくヒーラーさんになっていくのでしょう。

 

聖母マリアの祝福と慈愛の光は、一瞬にして、ブロックを解除し、エネルギーレベルを引き上げて感動的な最後になりました。

 

私の裁量を超えて何かが起こる時というのは、私自身が手放して、ゆだねていて、何が起きても起きなくても絶対的な信頼があるときですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Yukoさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント