ある教師の方のお話です。

 

東大に入った人で、電子辞書で学んできたかどうかと聞いてみると、、

電子辞書も中学から持っていたけれど、辞書は紙をメインにして用例とか単語学習・英検のテスト対策に使っていたという人や紙の辞書オンリーで東大という人までいたそうです。

 

結局
紙の辞書を使っている人もいれば、
電子辞書を使っている人もいる

 

 

じゃ、どうしたらいいの?

と思いますよね。

結論的なことを言うと

「本人が決める」
 

どんなに、紙がいい「自分もそうだった」と言っても、納得しなければ意味がありません。

性格も十人十色ですが、勉強方法も他の人のやり方でいいところ・自分に合うところは取り入れたらいいのですが、嫌々やったり無理強いしても意味がありません。

 

昔と違って選択肢の増えた便利な時代

「教育は」は「投資」と思って取り組んでいくのがいいのではないでしょうか?

 

 

電子辞書の歴史は20年くらいはあり、各社経験と口コミなどを取り入れながら進化したのが今の電子辞書です。

 

中学は早い場合もあるし、や使ってみたら「バリバリ」やる気が手出るかも!

「本人が決める」
これが、ベストではないでしょうか?

 

無理な受験戦争ではなくて、楽しく「自分の未来を作る」のが勉強ですから、、

 

使わせてみたくなる電子辞書

シャープ中学生向けPW-SJ4がおすすめです。

 

気になる価格などはトップページからご確認ください。

 

中学生向け電子辞書 シャープPW-SJ4、PW-SJ3の価格や最新お買い得情報はTOPページから確認してくださいね。
 ↓ ↓ ↓ ↓

2017年中学生におすすめ電子辞書ならシャープPW-SJ3ですね! TOPページはこちら