80代後半の母が2~30年前に着ていたというブラウスと、私が編んでプレゼントしたらしいニットを、結構気に入って着ています。

 

ブラウスはバブル期の物か、肩パッドがしっかり入っていて(あの頃は何にでも肩パッドだった)肩幅もあり過ぎたので、パッドを外して袖山を少し縫い込んだら、まだまだ着られそうな感じになりました。

透け感のある綿ローンで5分袖の前開きだから、ノースリーブの時にちょこっと羽織れて便利です。

 

ニットは、以前も書いたけど、こんな細い糸で良く編んだと自分を褒めてあげたい作品。

編み物は一時凝っていていろいろ編んだけれど、これは私史上最細糸で編んだから、何だかホントに捨てがたい。

 

IMG_2772.JPG IMG_2773.JPG

 

自粛中、お洋服の整理をしていて、どうしても着ないだろうという物はかなり捨てたんだけど、私はお洋服はよっぽどボロくならない限り捨てられないタイプ。

私の場合の捨てる基準は、「ときめかない」ではなく、着ていて「ストレスがあるか」かな。

そんなこんなで、自分の服も捨てられないのに、母から貰っちゃってまた増えちゃいます。。。てへぺろ

 

ところで3月に転んで骨折したから、もう5cm以上のハイヒールは履かない決心したんだけど、これまた気に入って履いていたミュ-ルとか捨てられずしばらく保留にしておいたのを、先日貰ってくれる人が現れ、おまけにサイズが細くてもう着ないワンピ-スも貰ってくれて、とっても嬉しい。気に入ってくれたらしいから、ますます嬉しい。

 

やっぱり「もったいない」が身についちゃって、物の命みたいなものを無視出来ないのは、あぁ、、やっぱり昔の人間なのかしらね~~~。

 

 

↓よろしければポチッと。。

役者(演劇) ブログランキングへ