こんにちは、marikoです。

 


前回のブログでは台湾式足つぼで


痛みを感じるメカニズムと原因

その効果について書きました。

 


全部書ききれなかったので

 


今日は第二弾!

 


 

もうひとつの大切な効果


 

「足裏のアーチをつくること」


についてです。

 

 


足は骨・筋肉・腱(けん)・じん帯


が組み合わさってできた

アーチによってバランスをとり、

 


歩く、走る、立つ、

運動する、ことができます。

 

 




母趾球・小趾球・かかとの3点と甲に

綺麗なアーチができていることが理想。


 

 


ところが、

 


運動不足で足の筋肉や

足指が使われなかったり

 


悪い姿勢ダラダラ歩き

 


合わない靴や高いヒール

 


長時間立ちっぱなし

 



など、不自然な負担をかけてしまうと

アーチのバランスが崩れてしまいます。


 


崩れるとどうなるかというと…

 



◇内側アーチ→偏平足


歩行の衝撃を吸収できずに

足が疲れやすくなる。


血液を心臓に戻すポンプ機能が弱まり、

冷えむくみにつながります。

 

 

* * *



◇外側のアーチ→O脚

ももの張りヒップダウン

股関節・骨盤の歪み



* * *

 

 

◇横アーチ→甲が平たくなる


開帳足外反母趾巻き爪


指下にタコウオノメができたり、

指が”く”の字に曲がるハンマートゥに。

 


* * *

 


指下に限らず足にタコができたら

足裏の一部分に負担がかかり、

アーチが崩れているサインです。


角質ケアをしながら

早めに足裏をほぐしてあげてください。

 

 



体の全体重を支える足裏。

その面積は全体の約3パーセント

といわれています。

 



大事なのでもう1回言いますね。

 



たった3%が

体すべてを支えています!

 

 


 

足裏は毎日がんばってくれているんです👣

 


昔の人はデコボコした道を

裸足や草履でたくさん歩いていたので

綺麗なアーチを保っていました。

 



現代では、硬いコンクリートの上を

硬い靴で生活し、歩く時間も減っています。



足首や指も硬くなり

アーチが崩れやすくなってきています。

 


 


足つぼは他のマッサージと違って

毎日やっても良い施術なので



青竹踏みやツボ押し棒などで

自分でも足裏をもみほぐして

 


2週間に1回~月1ペースで


定期的にサロンでメンテナンス

をしてあげてくださいね♪

 

 



2回にわたって読んでいただき

ありがとうございました☺️




mariko



 

明日以降の予約&空き状況はこちら♪

(女性専用・前日までの完全予約制)