yoga kutir 凪

自分自身を「整える」コンディショニングサロン yoga kutir 凪 の裏ブログ


テーマ:
ハチャメチャなお天気が続きますが、皆さま・・・

10月21日=つまり明日は、円光寺のヨガクラス開催です!

おっと忘れてた!というかた、ご参加お待ちしております。



円光寺ヨガ日は結構大雨ということが多く、修行っぽいのですが。
明日もまた、雨ニモ負ケズ、といきたいところです・・・。
(念のため、明日の状況をよく見て開催が難しい場合はご連絡します。)


というか、各地を暴風域に巻き込みつつ、今週末は投票日でしょ・・・。

もういっそ全国的に台風が経過するまで日程ずらせば?という気さえしますが。


マジメなオトナならそれも見越して期日前投票済みでしょうか。



さて、円光寺のヨガレッスンは年末までスケジュールが決まっています。




また、あの忙しない季節がやってきます。

ぜひ前もってスケジュールにヨガの日を設定ください。


お寺ヨガ@円光寺

風情ある下町の禅寺です



*開催日時*

10月21日、11月18日、12月16日(土)

15:30~17:00

*料金*

1,500円+お寺の募金箱に100円程度の寄附



お申込みフォーム


AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
またまたマイナーワールドへと誘われ、観てきました。

uplinkではこんなの↓が掲示されていました。


ただでさえ北の国々であるスカンジナビア半島からロシアの超・極北地域の先住民族がサーミだそうな。厳しい自然と融合しながらトナカイを放牧して生きている人々。

世界の歴史の流れを概観するにあたっては、その存在を完全無視しても大勢に影響がないような、そんな少数民族。(逆に、それだけ平和的な民族と言えるのかもしれない。)

でも彼らにももちろん、ひとりひとりの人生がある。

サーミとして生まれ育ちながら、故郷を捨てた女の子。何十年ぶりかで帰郷するところからその青春時代の回想が始まります。

自分の出自や故郷に対する愛着と嫌悪。都会の人々の暮らしに憧れつつ、常に抱いている心のわだかまり。スウェーデン人にもなりきれず、故郷にも帰れない、宙ぶらりんで複雑な心のあり方。

劣等民族とされた彼女への偏見と差別は、都会であるほど複雑な様相を呈している。その描かれ方がもう絶妙。カントリーサイドでは「やーい、ばーかばーか」みたいなものだった(いや、もちろんそんな可愛いもんじゃないが…)のに比べると、都会の「お育ちのいい」感じの子女達が彼女を小バカにする態度なんて、もう本当に絶妙に意地悪で…(笑)。

学校の先生に、サーミの脳は現代文明についていけないという研究結果が出ている、とか言われるシーンがある。

そこにあるのは、「文明=正しい、進歩」というパースペクティブ。

これを、

「いわゆる【文明人】達は自然と融合して生きていく能力に欠けている。彼らには自然を破壊し、征服しようとする傾向がある。」

っていうくらい、モノの見方をひっくり返して検討してみることが出来るだろうか。善悪や優劣の判断を超えて。

「(サーミの人々が)かわいそう」とか、「差別、偏見はダメ」「みんな平等な社会」とか、それだけでは、映画に出てくる絶妙に意地悪な都会の女の子達の心理をさらに拗らせたような状態を助長するだけなんじゃないかなあ、と。


まあ、いずれにしても、自分自身のルーツに対して心のわだかまりがあるとか、嫌悪を抱くとかいう状態はとても不幸なことだと思う。


ところで。。。学生時代の友人が結婚してロシアのムールマンスクというところに住んでいる。調べてみたら、サーミの地域に入る(とは言え現在はロシア系民族が多くを占める)らしい。オーロラが見られることもあるという極北の街。

。。。行きたいな〜( ̄∀ ̄)


yoga kutir 凪
自分が「整う」ヨガ・ピラティス
ボディコンディショニングサロン

ホーム料金お問合せ
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
あら、これ、去年セーナさんがキューバで撮影してるところに遭遇したよって言ってたやつじゃん!てなわけで観に行ってきましたよ。





平日昼間の空いてそうな時間帯探した方がいいかなあ、とも思ったのですが、この前の連休中に時間があったので行ってきました。

そしたら、、

「…えっ?」

引くぐらい空いてました。(・_・;

私あまりテレビチェックしてないからわからないけど、あまり派手な前宣伝をしてないみたいだし、そんなもんなんでしょうかね。

前知識はゼロでも十分楽しめると思いますので、観てほしいですね。しかも全編2時間超のこの映画。オダギリジョーさまったら、全部スペイン語で役をこなしています。スゴい!

↓ちなみに今年がゲバラの没後50年とのこと。
https://mainichi.jp/articles/20171009/ddm/007/030/214000c
そこに寄せての公開なのでしょうね。

ボリビアの日系人医大生(オダギリジョー)が、キューバ留学中にゲバラに出会い、引かれ、ボリビア戦線へ身を投じるまでを、描いています。

ボリビア戦線の激しさには驚きました。ゲバラが亡くなったのもボリビアだったのですね。
てか、私が無知過ぎなのか(^-^;

ゲバラを突き動かしていたものは、「怒り」だと言う。
「憎しみではないよ」とも言っている。

憎しみではなく怒り。
忿怒の姿で表現される不動明王といったところでしょうか。


それにしても、結構世界史の授業は好きだったけど、現代史は流れをザザッと追いかけるだけで、この辺りの中南米の歴史とかどれくらい話題にあがっただろう…。ボリビア戦線、出てきたっけか?ほとんど記憶にない。

「キューバ危機…凄く緊迫したけど、回避されました(チャンチャン♪)」くらいにしか記憶してないですよ。当時の空気感も想像出来ないというか、分からないんですよね。

この辺りが映画では、ソ連とアメリカという大国の下、将棋の駒のように扱われたやるせない怒りとして内側からの目線で描かれていて、多少なりとも臨場感をもって歴史を感じることが出来たかな、と思います。


そんなわけで、最近また改めて、世界史におけるメジャーとマイナーということを考えてしまいます。


マイナーは、軽視、無視、抹殺され、メジャーはいつも、世界を動かすだけのチカラ(というかカネ?もしくはカネを生み出す仕組み?)を持つもの。別に本質的に瑣末なものや異端なものがあるわけでも、良いや悪いがあるわけでもなく、マジョリティを獲ったものが正当ということになっていくだけ、みたいな。


私も本流に呑まれながら生きるマイナー。
静かに自分の仕事を全うしますワ。(。・ω・。)

yoga kutir 凪
自分が「整う」ヨガ・ピラティス
ボディコンディショニングサロン

ホーム料金お問合せ







AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
先日こんなの行ってきました。


紹介したはいいけど…。
開催期間が思ったより短くてもう終わっちゃいますね。

とても可愛いイラストやスケッチの原画が展示されてます。

あと、各インドに限らず各地から持ち帰ったおみやげ。
ジンバブエかどこかのカリンバは本当に買おうかと一瞬迷いましたが、やめときました。

インドでワシも考えた(だったか?) の椎名誠さんとのトークイベントとかは早々に満席になったようです。


「ああ、私はバックパッカーじゃないな〜」と、つくづく思いました。

海外旅行好きと思われがちなんですよね。

別に好きじゃないし、旅慣れてもいません。。

計画立てて準備するだけで疲れるし。。。

大抵出発する時は仕方なく行く感じ。。。。

まあ着いてしまえば楽しいけど(о´∀`о)


80〜90年代に貧乏旅行とかしまくった人なんかには、共感ポイントとか懐かしさとか、いっぱいあるんだろうなー、、と思いながら見てました。雨漏りという域をはるかに超えた(漏れてるというか降ってる?)雨漏りする部屋の様子だったり。(笑)

サラスワティ女神だったかのイラストが素敵でした。
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
早いものでもう10月。

円光寺のヨガレッスンは年末までスケジュールが決まりました。



ご都合つくかたはぜひお会いしましょう!





お寺ヨガ@円光寺

風情ある下町の禅寺です



*開催日時*

10月21日、11月18日、12月16日(土)

15:30~17:00

*料金*

1,500円+お寺の募金箱に100円程度の寄附



お申込みフォーム



会社勤めしていた頃、11月あたりになってくるとこういうことが多かったなあと思い出しています。

「この件、年内には片付けたいですね」みたいなことを何故か皆が言い出し、何故かいつもより慌ただしく(いつもより本気を出して?)仕上げなければならない仕事が増えたり。

部や課、それらを超えたプロジェクトのグループ、同期や同僚、プライベートのたまにしか会えない友人、、、と色んな単位で「忘年会やろうね」なんてことがあったり。人によっては一晩に2、3件ハシゴしていたり。

1年という区切りなんていうのは、人間が勝手といえば勝手に区切ったに過ぎない気がしますが、区切りには結構翻弄されるものだなあと感じていました。

そして、今の私は、、、

皆さんの様子から、年末を感じます。

そもそもヨガから足が遠のいたり。そして久々にいらっしゃると明らかにいつもより身体に疲労が溜まっている様子だったり。


バッキバキの身体になる前に気づいてあげるためにも、日頃から身体への意識の向け方が大切だなあと、ちょっと真面目にそう思います。


身体も、感情も、頭脳も目一杯使って仕事をして、毎晩グッスリ眠っている、というなら良いのですが、頭脳に偏っている人が多いですし、肉体労働だとしても使い方が偏っていたり。

自分にとって概ね快適だ、という状態を知っている人は、ガツンと偏り切ってしまう前に気づいて修正したくなるんですわな。このチョコチョコ修正が結構大事。溜めまくっておいて、「リセットする!」とか、やっぱり無理なんですよ。
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。