大学生になったHくんの転機は | しゃんてぃ便り ~自分らしくいこう!      

しゃんてぃ便り ~自分らしくいこう!      

苦手があっても、得意をいかして工夫すればいい。「同じように」でなくても、「自分のやり方」を見つけたらいい。「できない」「わからない」と劣等感を育てるのでなく、自分らしく生きる道を拓いていける力を育みたい。しゃんてぃと一緒に、進んでいきましょう!

こんにちは。しゃんてぃのアズマです。

週末はご相談を受けたり、お話を聞いたり、そんな時間を多く過ごしています。

 

先日は、大学生になったHくんの来し方をじっくりうかがう機会がありました。

 

発達に特性を持つHくん。

小学校生活での大きすぎた苦労。

不登校からの中学・高校進学。

高校休学中に訪れた転機。

配慮を受けての大学入試。

家を出て一人で送る大学生活。

悩みながらも、「もう、これまでみたいに逃げたくない」と踏ん張っている今。

 

H君が、一歩踏み出すきっかけをつくったのは、「好きなこと」でした。

あるとき、自分から「やりたい」と言い出して…

 

「そんなこと、思ってもみなかった」とお母さん。

それができるところをさがし、つないで、応援して。

「あのときは、無我夢中でした」。

その時々で悩みながら息子さんに向き合ってこられ、「今」があるのでしょう。

 

情報があふれる今だけれど、

「こうすればいい」という単純な解決策はないように思います。

ひとりひとりちがう「思い」があり、重ねてきた経験があるから。

 

「本人は」何に困っているのか。

「本人は」どうしたいのか。

 

そこを一緒に考えることから、ひとりひとりにとっての「よりよい答え」が見つかるのではないでしょうか。

 

「これやりたい!」という気持ち。

「うまくいかなくても、逃げたくない」という気持ち。

そういう気持ちを育んでいけたら、と思いながら子どもたちに向き合っています。

 

 

 

 

===

 

自分らしい学び方を見つける 1対1の学び場 

学び舎しゃんてぃHP

☆ただいま入会受付中

 

学校に行かないことを選んだ子の学び場

しゃんてぃフリースクールHP

☆新規メンバー募集中