サポートのはじめの一歩は | しゃんてぃ便り ~自分らしくいこう!      

しゃんてぃ便り ~自分らしくいこう!      

苦手があっても、得意をいかして工夫すればいい。「同じように」でなくても、「自分のやり方」を見つけたらいい。「できない」「わからない」と劣等感を育てるのでなく、自分らしく生きる道を拓いていける力を育みたい。しゃんてぃと一緒に、進んでいきましょう!


テーマ:

今日はスタッフOのリポートです。

 

「できない」とあきらめてしまうことを悔しがり、

つねに、「できる」に向けたきっかけを見つけようとするO先生。

 

自分でできる、自分で選ぶ、自分で決める。

「自分から」、を応援したいなと思うアズマです。

 

===

スタッフOです。

 

先日、TEACCH(ティーチ)の研修会に参加してきました。

 

TEACCHとは、

自閉症などコミュニケーションに課題を抱える子どもの支援の枠組みで、

環境を整えることで状況をわかりやすくし、

自立を促す「構造化」の実践が特徴的です。

 

「本人がわかるために環境を整える」という視点、

とても大切だと思います。

 

「できない」とあきらめてしまうのでなく、

できるように環境を整え、できるようにしていくことが自立につながります。

 

「10」できなくてもいいのです。

どこかに「1」だけでも、できる部分はないでしょうか。

 

そこを見つけ、そこから広げていくことが大事です。

「自分でできる」ことが達成感や自信につながり、ひいては「自立」につながっていくと考えます。

 

特別なことでなく、例えば、「ボタンかけ」だったり「たし算」だったり。

自立への一歩は、身近なところにたくさんあると思います。

 

どうやったらできるかな。

その視点が、サポートの一歩だと思います。

 

「自分でできる」ことを増やし、楽しみや喜びを増やしていってほしいなと思います。

 

===

 

1名、空きがでました!入会相談、受付中です。

安心して学べる 個別指導の 

学び舎しゃんてぃHP

 

☆ご相談のみの方も受け付けています。

 

学校に行かないことを選んだ子の学びを応援する

しゃんてぃフリースクールHP

 

好評受付中!

 

☆2019年1月27日(日)立石美津子氏講演会

「フツウじゃなくてもいい?親子で見つけた発達障害の子の幸せのカタチ」

詳細はコチラ→https://www.manabiyashanti.com/prism/

 

shantiさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス