ひっぱりっこ

テーマ:






今夜はシャンティに遊んでもらいました







夕方、ピンポンが鳴り、隣の棟の人が
『猫、帰って来てますよ』と教えてくれました

あ!帰ってきたわ!と手を出したらサっと逃げ・・・
こないだの猫でした💦うちの猫にそっくりすぎて私まで戸惑ってしまう!

この黒猫のせいで私の猫の正確な情報が入ってきません
見かけたよ!という情報もこの猫かもしれないし・・・

猫がこうやって集まってくるのは困るので今夜からマタタビを置くのをやめました

動物に中途半端に情けをかけるとかわいそうな結果になる
責任を持つなら最後まで、持てないなら手は出すな、と
子供の頃から母に言われています

黒猫の顔をよく見たら、ほっぺがぽこっと腫れています
腫瘍か、歯根の化膿か、傷のせいで中に膿がたまっているかだと思うので
触らせてくれるようになったら病院へ連れて行って処置してもらいます

野良とはいえ、かわいがっている人がいるかもしれないので周りに聞いてみます
飼われる生活を選ぶか、野良に戻るかは処置後に本人(猫)に決めてもらうことにします

なんでもかんでも外にいるから飼うわけではなく、猫が自分で治せない怪我を追っているときだけ
保護するというルールを自分で決めています

レスキューしているつもりが、ある日自分がレスキューされる側になる、
これが一番周りに迷惑をかけることなので自分の財力と相談しながらやっています
病気になったとき、どの子にも後悔しない医療を与えられる範囲で・・・

動物病院に電話したら、捕獲機はないから自力で気をつけて捕まえてねと言われました

お腹がすいているようなのでご飯をあげました
お皿からサっと咥えて遠くで食べて、また来て。。の繰り返しですが
ちゅーるの誘惑には勝てないようです




以前のことですが、にゃんた君という、
生きているのが不思議なくらい顔の半分がごっそりなくなっていた野良猫は
可愛がってくれていた人の飼い猫になりました

引っ越す前に会いにいったら、首輪を付けてもらってお外で日向ぼっこしていました

病院に連れていってくれてありがとう
あれが転機になって家で飼うことにしたわと飼い主さんに言われました
夜は家の中で眠っているそうです

今だから言いますが、にゃんた君のほっぺがひどくなったのは
その可愛がってくれていた人がマキロンを毎日つけていたからでした

動物病院の先生が、顔の傷にマキロンが入って痛くて痒くて猫自身で引っ掻いて
どんどんひどくなり治らないから
翌日またマキロンを(良かれと思って)つけてもらうという悪循環ですから
引き取れるならあなたが面倒を見ては?と言われ私もそのつもりでしたが、
飼うと決めた人がにゃんた君を病院に連れていくようになったので結果オーライでした
(動物は高いから連れて行きたくなかったらしいけど、リーズナブルな病院だったので)

ほんとにあの子は病院に連れていって良かったと思います



イタグレブログ村参加中です

シャンティとタイガの写真をポチっと押してね

にほんブログ村 犬ブログ イタリアングレーハウンドへ
にほんブログ村
AD

リブログ(2)

リブログ一覧を見る