【リストランテホンダ】繊細でセンス光る和魂洋才な現代イタリアン!赤ワイン練り込み冷製タリオリーニ | あすかりんの恋味敬食(こみにけいしょく)
2016-12-30 18:00:05

【リストランテホンダ】繊細でセンス光る和魂洋才な現代イタリアン!赤ワイン練り込み冷製タリオリーニ

テーマ:ミシュランガイド星獲得レストラン<東京>
みなさんこんにちは、あすかりんです。
本日も私、雅珠香(あすか)のブログにご訪問、誠にありがとうございます。

今回は、東京北青山にある「リストランテホンダ」さんのご紹介です。
オーナーシェフは本多哲也さん。西麻布のアルポルトではスーシェフを務められ、ここ外苑前にて2004年に開業されています。レシピ本も出版されていますよ。とっても物腰柔らかく明るい方で、お食事のおいしさが上書きされます。

image


image


感想と解説は総括にて。
お料理は繊細さとセンスが光る和魂洋才で現代的なイタリアンです。見た目の美しさにまずは胸を掴まれますが、それだけではなくて、一皿の中で味のグラデーションや風味の演出、後から重低音のように響いて追いかけてくる旨味、口どけや食感まで計算されていて、口に入れてからも芸術性の高さが印象的です。食材は国産でというこだわりで、確かにポテンシャルの高さを感じます。ワインはイタリアを中心に200以上の取り揃えがあり、ソフトドリンクにも並々ならぬこだわりがあり。ソムリエさんがしっかりと解説とサーブをしてくれます。
 

image





今回は幸運にもクリスマスディナーの2回転目の訪問でしたが、サービス面もしっかりされていましたし、(クリスマスディナーと言えば!の予測範囲内の定番ばかりでなく)1品1品発見があってしっかり作り込んでありましたし、大変楽しませて頂きました。しかしながら本多さん的には、「ぜひ次は通常営業で」ということでしたし、私も興味が沸いてきました。



(今回はクリスマス限定メニューなので全部にコメントは入れませんが)私が印象的だったのは、プリモとセコンドです。メインまでが素晴らしかったのでそれ以上の感動を求めていませんでしたが、終息せずにより盛り上げて感動を頂点に持ってくるあたりはさすが!


白子のフラン 黒トリュフのコンソメ


全粒粉のパン
予めバターをたっぷり塗ってあるのでそのままで。これがうまい!




北海道産毛ガニ、アボカドと根セロリのセルクル仕立て




寒ブリのカルパッチョ リンゴとブレザオラ添え 柚子の香り




フォアグラのソテーとパシートでコンポートした洋梨




◎(プリモピアット)赤ワインを練り込んだ冷製タリオリーニ フレッシュキャビアと共に



赤ワインを練り込んだ鮮やかな色の冷製タリオリーニで、ワインビネガーを絡めてあります。赤ワインが味の土台をしっかりと支え、そこにビネガーのたおやかな甘さと遊ぶような酸味が舞い踊り、とっても妖艶な印象です。




◎(セコンドピアット)北海道産仔牛と玉ねぎのロースト マルサラソース 黒トリュフ添え

仔牛のローストで、プリッとジューシーに仕上がった最高の火入れに舌が喜びます。マルサラソースのキャラメルのような香ばしい甘さ、そこに遠慮なく絡み付いてくる卵黄のねっとりとコクがいい仕事をしています。


苺とチョコレートのフラン グラッパのザバイオーネ


お店を後にしても、夢心地が余韻に残ります。
ああ、また行きたいレストランの一つだなぁ。


今日もお腹いっぱい!あすかりんでした。


読者登録してね


●リストランテホンダ
東京都港区北青山2-12-35 小島ビル1F
電話:03-5414-3723
営業時間:Lunch12:00~14:00(LO)、Dinner18:00~22:00(LO)
定休日:月曜日(月曜日が祝日の場合は翌日火曜日)



1級フードアナリスト雅珠香(あすか)さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス