“8番らーめん”「牛もつ煮ラーメン」が10年ぶりに復活!1月21日から販売開始!期間限定ですよ | あすかりんの恋味敬食(こみにけいしょく)
2013-01-18 18:00:27

“8番らーめん”「牛もつ煮ラーメン」が10年ぶりに復活!1月21日から販売開始!期間限定ですよ

テーマ:焼肉・ホルモン・串揚げ・肉
みなさんこんにちは、あすかりんです。
本日も私、雅珠香(あすか)のブログにご訪問、誠にありがとうございます。


今回は、“8番らーめん”から10年ぶりに販売が再開される「牛もつ煮らーめん」のご紹介です。

このラーメンは昔から根強い人気があったそうですが、、素材に牛もつを使用しており、約10年前にBSE問題が発生した際、惜しまれながら販売を終了していました。
今回10年ぶりに復活するということで、当時の面影を残しながら、グレードアップして再登場。
期間限定での販売で、1月21日より発売開始し、4月中旬まで8番らーめん全店で扱うそうです。

試食をしに、川北にある本社工場にお邪魔しました。
8番らーめんの歴史ですが、1号店が誕生したのは、昭和42年のこと。加賀市国道8号線沿いの、田んぼの真ん中の掘っ建て小屋同然のラーメン店だったそうです。

店名は、国道8号線にちなんで「8番らーめん」


1号店を皮切りに、店舗数を増やし、今では国内に154店舗。
海外への進出も果たして大きく展開。タイでムーブメントを起こし、今ではなんと100店舗もあります。その他、香港や大連にも。


そのため製造工場は巨大。
来場者が2Fから見学できるようになっています。


大変キレイな工場ですよ。



そして、ハチバンさんのラーメンの特徴は、なんといっても野菜たっぷり。
大鍋でたくさんの野菜を炒めます。




出来上がってくるラーメンにソワソワしながら待ちます。



さあさあ、出来上がり。
待ってました。こちらが復活したラーメンです。



野菜 牛もつ煮らーめん(798円)



スープは味噌ベース。トッピングされている牛もつには、予め黒みがかったお味噌でしっかり味付けがしてあり、こってり系の印象を持たせます。
まず見た目から食欲が湧いてきますね。

このお味噌は、地元の「加賀味噌」。前田の御殿様が作らせたことが発祥なのだそうです。唐辛子は、京都丹波産を使用。ピリリとくる辛さの中に旨味があり、この唐辛子も味の決め手とも言えます。

そしてもつからの甘味と弾力のあるプニっとした食感も加わり、夢中にさせられる味。

“甘辛こってり”に仕上げてあるのでパンチがありますし、味噌と唐辛子、そしてにんにくと生姜の効果で、食べている途中から体がポカポカしてきます。
まさに寒い北陸の冬に向くラーメンですね。



石川県民にはおなじみの「8番らーめん」。私も小さい頃から食べ慣れていますし、「なんでやろ8番」のキャッチフレーズどおり、ふと食べたくなる味であり、おふくろの味的安心感があります。

8番に行く時は、みなさんもう食べるものが決まっている方が多いと思いますが、新しいメニューも見逃せません。
期間限定ということですから、期間中に是非一度試してみてください。


今日もお腹いっぱい!あすかりんでした。



ペタしてね読者登録してね

1級フードアナリスト雅珠香(あすか)さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス