西武特急の新型車両である001系Laview(ラビュー)のデビュー日が3月16日(土)に決まり、明日(2月16日)で1ヶ月前となります。

1ヶ月前の明日(2月16日)は、Laviewの特急券が朝7時から発売されるので、初便のちちぶ5号(池袋 7時30分発西武秩父行き)を中心に激戦が予想されています。

2月5日は、所沢駅で、10105F(レッドアロークラシック)による特急ちちぶ31号(池袋 18時30分発西武秩父行き)と、むさし42号の並びを撮影したけど、平日のむさし42号は、3月18日からLaviewで運転されることになります。

新型特急Laview(ラビュー)で運転される列車

平日下り(飯能、西武秩父方面、3月18日から)

ちちぶ9号 池袋 9時30分発→所沢 9時52分発→入間市 10時03分発→飯能 10時14分発→横瀬 10時49分着→西武秩父 10時53分着

ちちぶ17号 池袋 13時30分発→所沢 13時52分発→入間市 14時02分発→飯能 14時12分発→横瀬 14時43分着→西武秩父 14時48分着

むさし27号 池袋 17時ちょうど発→所沢 17時22分発→入間市 17時35分発→飯能 17時42分着

ちちぶ37号 池袋 19時30分発→所沢 19時55分発→入間市 20時06分発→飯能 20時15分発→横瀬 20時50分着→西武秩父 20時54分着

むさし51号 池袋 23時ちょうど発→所沢 23時22分発→入間市 23時33分発→飯能 23時40分着

平日上り(池袋方面)

むさし6号 飯能 6時11分発→入間市 6時19分発→所沢 6時30分発→池袋 6時55分着

むさし12号 飯能 8時04分発→入間市 8時12分発→所沢 8時25分発→池袋 8時48分着

ちちぶ24号 西武秩父 11時25分発→横瀬 11時29分発→飯能 12時05分発→入間市 12時12分発→所沢 12時23分発→池袋 12時44分着

ちちぶ24号 西武秩父 15時25分発→横瀬 15時29分発→飯能 16時05分発→入間市 16時12分発→所沢 16時23分発→池袋 16時44分着

むさし42号 飯能 18時36分発→入間市 18時43分発→所沢 18時55分発→池袋 19時17分発

ちちぶ56号 西武秩父 21時25分発→横瀬 21時29分発→飯能 22時06分発→入間市 22時13分発→所沢 22時25分発→池袋 22時47分着

土休日下り(飯能、西武秩父方面、3月16日から)

ちちぶ5号 池袋 7時30分発→所沢 7時51分発→入間市 8時01分発→飯能 8時11分発→横瀬 8時46分着→西武秩父 8時51分着

ちちぶ13号 池袋 11時30分発→所沢 11時52分発→入間市 12時02分発→飯能 12時12分発→横瀬 12時43分着→西武秩父 12時48分着

むさし67号 池袋 15時ちょうど発→所沢 15時20分発→入間市 15時31分発→飯能 15時38分着

ちちぶ29号 池袋 17時30分発→所沢 17時54分発→入間市 18時05分発→飯能 18時15分発→横瀬 18時48分着→西武秩父 18時52分着

むさし43号 池袋 21時ちょうど発→所沢 21時22分発→入間市 21時33分発→飯能 21時40分着

土休日上り(池袋方面)

※むさし64号 飯能 6時29分発→入間市 6時37分発→所沢 6時48分発→池袋 7時10分着

ちちぶ20号 西武秩父 9時25分発→横瀬 9時29分発→飯能 10時05分発→入間市 10時12分発→所沢 10時23分発→池袋 10時44分着

ちちぶ28号 西武秩父 13時25分発→横瀬 13時29分発→飯能 14時05分発→入間市 14時12分発→所沢 14時23分発→池袋 14時44分着

むさし34号 飯能 16時35分発→入間市 16時42分発→所沢 16時53分発→池袋 17時17分着

ちちぶ48号 西武秩父 19時25分発→横瀬 19時29分発→飯能 20時05分発→入間市 20時12分発→所沢 20時23分発→池袋 20時46分着

※3月16日のむさし64号は、10000系ニューレッドアローで運転されます。

Laviewの特急料金は、従来の10000系ニューレッドアローと同じであり、池袋からは所沢まで400円(小児200円)、入間市、飯能まで500円(小児250円)、横瀬、西武秩父まで700円(小児350円)であります。

Laview(ラビュー)は、贅沢(Luxury)なリビング(Living)のような空間のL

矢(arrow)のような速達性のa

大きな窓から移りゆく眺望(view)からの造語であり、その名の通り、リビングのような空間で眺めを楽しむことが出来て矢のように速い列車であります。

arrowに関しては、レッドアローと被る点であり、レッドアローのDNAが受け継がれていることが分かります。

Laviewの車両形式が50000系ではなく001系となった理由は、今までに見たことのない新しい車両であることや、次の100年に向けた出発点である車両であることが表現されている為であり、00(無限)の可能性の意味も込められています。

前面、側面共に大きな窓ガラスが使われていることは、小田急電鉄の70000形ロマンスカーGSEとの共通点であり、都会だけでなく、緑の風景を思い存分眺めることが出来ます。

外からでも一際目立つ座席は、根強い人気を誇る黄色い西武電車がイメージされた黄色であり、ソファーのようなデザインで、コンセントも完備されています。

黄色ということでフィット感だけでなく、幸福感もあります。

Laviewのトイレは、1号車と5号車の2ヶ所あり、1号車(飯能寄りの先頭車)は、多目的トイレ(男女共用の車椅子対応幅広洋式トイレ、誰でもトイレ)、男性用小トイレ、洗面所 5号車は、男女共用洋式トイレ、女性専用洋式トイレ(西武の車内トイレ初)、男性用小トイレ、パウダールームから成っており、特設サイトの360度ビューで確認したところ、男性用小トイレに関しては、小田急50000形ロマンスカーVSEの男性用小トイレと同様に、確認用の小窓が付いていないので、洋式の個室と同様に入ったらロックをしておく必要があります。

車椅子対応座席は10000系ニューレッドアローと同様に1号車にあり、周辺には広々とした空きスペースがあります。

Laviewの眺めの魅力は、側面展望だけでなく、これまでのレッドアローシリーズにはなかった前面展望が出来ることです。

このことに対して、東武鉄道の500系リバティは、分割併合対応の低運転台車であるにも関わらず、前面展望が出来ないので幻滅を感じていました。

Laviewのviewは、前面展望にも生かされていることが分かります。

Laviewは、1号車(飯能寄り)から8号車(池袋、西武秩父寄り)から成る8両編成で、座席数が422席と、10000系ニューレッドアロー(7両編成)の406席よりも増えているので、飯能、秩父方面への行楽輸送だけでなく、通勤輸送にも適しています。

因みに1969(昭和44)年から1995(平成7)年まで活躍していた5000系初代レッドアローは、6両編成の400席でありました。

5000系から10000系に置き換えられた時に7両編成化されたのにも関わらず、6席しか増加していなかったのは、シートピッチが拡大されていたことの影響であります。

Laviewの編成は、A編成とB編成の2編成で、1本運用1本予備であり、予備編成は臨時列車でも使われることが予想されます。

Laviewの試運転では、営業運転で入ることはない豊島線や西武新宿線にも入っていたことで話題になっていました。

今年は、10月14日(鉄道の日)に西武秩父線開業及び西武の有料特急のデビューから50周年という節目の時を迎えるので、Laviewのデビューは、それに合わせる形であることが分かります。

3月2日と3日の土日には、西武球場前駅で、Laviewのお披露目イベントが行われるけど、内覧会と撮影会には、混雑緩和により、西武線アプリ(スマホアプリ、ダウンロードが必要)で発行される電子入場券(両日共に9時台から13時台までの入場の入れ換え制で1回のみ有効)が必要であり、その申込は、22日(金)の15時からで、先着順となっています。

その後には、西武球場前→池袋間の体験乗車イベント(有料、2500円)が行われる予定であり、その申込が行われています。

詳しいことは、西武鉄道のホームページをご参照願います。

10000系ニューレッドアローは、来年度中(来年3月までの間)には、池袋線系統が全てLaviewとなる予定なので、レッドアロークラシックでなくても撮影、乗車はお早めにということになります。

現在Laviewの画像は未だ撮影していないので、所沢駅で撮影したレッドアロークラシックの画像を載せておきました。






こちらは、2月7日に、小田急電鉄の新宿駅で撮影した、70000形ロマンスカーGSEの70052Fによるホームウェイ87号(藤沢行き)です。

平日のホームウェイ87号は、70000形GSEが主に使われるえのしま2号(片瀬江ノ島 19時56分発)の折返しで、新宿駅を21時15分に発車した後、途中、新百合ヶ丘、相模大野、大和の各駅に停車してから藤沢へと向かう列車であり、藤沢駅到着後に喜多見検車区まで回送されることになります。

土休日のホームウェイ87号は、新宿 21時40分発の藤沢行きで、60000形MSEの6両編成(MSE6)が使われています。

昨年の2月14日は、新百合ヶ丘駅で営業運転開始前の70000形GSEの70051Fの試運転を撮影することが出来たという喜びがあったけど、あれから1年ということで早いもんだなと思いました。

当時は普段営業運転に入らない多摩線で試運転が行われていたので、あの頃が懐かしいです。

今日(2月14日)は、バレンタインデーということで、当時小田急からのバレンタインデーのプレゼントでありました。

GSEがデビューしてから来月(3月)17日に1周年を迎えるのでこちらも早いもんです。

今日はバレンタインデーということで、ラブロマンスに因んだロマンスカーを話題にしました。

今回撮影した時もグッドデザイン金賞のステッカーが付いていたけど、前回とは違って夜バージョンであります。

このように、グッドデザイン金賞ステッカー付きのGSEを夜バージョンで撮影することが出来て良かったです。







久しぶりのバスの話題だけど、昨日(2月12日)は、初台駅前から渋谷駅西口まで、2月17日(日)をもって廃止される、京王バス東のA31314(練馬200か28-12)号車の三菱ふそう(FUSO)エアロミディMK(TKG-MK27FH)による、渋61系統(京王バス渋谷初台線)の最終バスに乗りました。

渋61系統は、京王バス東の中野営業所(記号はA)所属で、渋谷駅西口と京王新線の初台駅の間を結ぶバス路線であり、渋63系統(渋谷駅西口~幡ヶ谷経由~中野駅間、幡代線)や渋66系統(渋谷駅西口~阿佐ヶ谷駅間、阿佐ヶ谷線)、ハチ公バス丘を越えてルートと一部重複していることにより利用客が減少した為に、2月17日の終バスをもって廃止されることになります。

渋61系統は、前身の代々木乗合自動車により開拓され、東急バス淡島営業所(こちらも営業所記号はA)によって運行されていた路線であり、渋55系統(渋谷駅西口~幡ヶ谷折返所間、東急バス幡ヶ谷線)と共に、京王線沿線の初台エリアに乗り入れる東急バスの路線として異彩を放っていました。

2000(平成12)年6月16日には、京王バス永福町営業所との共同運行となり、渋61系統の東急バス便の運賃が京王に合わせて値下げされ、2002(平成14)年6月1日に東急バスが撤退し、京王バスによる単独運行となっていました。

2013(平成25)年5月13日には、笹塚循環線(渋68,69系統)と共に、永福町営業所から中野営業所に移管され、翌年の2014(平成24)1月16日には、渋谷駅西口~代々木八幡駅入口間のルートが、前述の渋66系統(渋谷駅西口~笹塚駅経由~阿佐ヶ谷駅間、京王バス東 永福町営業所と都営バス小滝橋自動車営業所杉並支所による共同運行)と同じルート(初台行きは西武百貨店(渋谷店)、宇田川町、放送センター西口経由、渋谷行きは神山、東急百貨店本店前経由)から、上下線共に東大裏、東急百貨店本店(松涛通り)経由に変更されていました。

自分(しゃもじ)が、渋61系統に乗ったのは、2016(平成28)年7月7日以来であり、当時は同じA31314号車(中野営業所で唯一のエアロミディ)が使われていたけど、当時は30分間隔となっていました。

昨年2月1日の改正で渋61系統の本数が70分間隔に減らされ、初台駅 18時05分(土休日は18時20分)発と繰り上げられたので、廃止されるのも時間の問題となっていたのであります。

渋谷駅西口 18時32分(土休日は18時55分)発は、新国立劇場(初台駅入口)で打ち切られ、到着後に中野営業所まで回送されます。

京王バス中野営業所は、中野区弥生町(地下鉄丸ノ内線方南町支線の中野新橋、中野富士見町両駅の中間)にある、中野、新宿、渋谷、練馬エリアの路線を扱う営業所(京王バスで唯一練馬ナンバーでの新規・転入登録が出来る営業所)であり、1994(平成6)年までは、八王子営業所(現在は京王電鉄バス本体の営業所となっている)と同様に、日野自動車(HINO)の車両が指定されていました。

後者の八王子営業所で、日野車の比率が高いのは、日野自動車の本社、工場が沿線(日野市)の甲州街道沿いにあることの縁であり、現在でも高速バス、路線バス共に日野車が盛んに導入されています。

2月18日(月)からは、京王バスの新宿、渋谷、中野、永福町エリアの路線でダイヤ改正が行われ、渋66系統(渋谷駅~笹塚駅経由~阿佐ヶ谷駅間、阿佐ヶ谷線)の京王便と、宿51系統(新宿駅西口~参宮橋経由~渋谷駅間、渋谷線)が、永福町営業所から中野営業所に移管され、方南町~永福町間の区間運転が廃止されます。

これにより、渋谷駅から、NHK線(渋谷駅~NHKスタジオパーク間、朝の送り込みの渋68系統の永福町→渋谷駅間を含む)やハチ公バス(春の小川ルートと丘を越えてルート)を除いた永福町営業所の一般路線バスが撤退することになります。

それに伴う車両の動きが気になります。

渋66系統の永福町営業所から中野営業所への移管により、京王バス中野営業所所属路線と都営バスの共同運行便が、1988(昭和63)年10月15日をもって都営バスとの共同運行のまま廃止された中63系統(大久保線、下田橋~中野駅、大久保駅経由~国立医療センター間)以来30年4ヶ月ぶりに復活することになるけど、当時の中63系統の都営バス便は、練馬自動車営業所(現、北自動車営業所練馬支所)所属であったので、都営はUD車、京王は日野車が使われていました。

1979(昭和54)年11月までは、(旧)橋63系統として新橋駅まで直通運転が行われ、京王バスも新橋駅まで乗り入れていたのであります。

現在の橋63系統は、都営バスの小滝橋自動車営業所による運行で、小滝橋車庫~大久保駅、市ヶ谷駅経由~新橋駅間で運転されています。

今回乗った三菱ふそうエアロミディMK(TKG-MK27FH)のA31314(練馬200か28-12)号車は、2013年の渋61,68,69系統の永福町営業所から中野営業所に移管された時に導入された唯一のエアロミディであり、エンジンは、6M60型(220PS)で、トランスミッションは6速MT(マニュアル)であります。

TKG-MK27FHは、2012(平成24)年新エコカー減税対応により発売されたモデルであり、一昨年(2017(平成29)年)まで製造されていました。

TKGということで、卵かけご飯みたいだなと思いました。

三菱ふそうエアロミディ(中型路線バス)は、一昨年の2017年をもって製造が中止されてしまった為に、Jバス系の日野レインボーやいすゞ(ISUZU)エルガミオを選ばなければならなくなってしまいました。

都営バスでは、2013年以来三菱ふそうの路線車が導入されていない状態だけど、京王バスの場合は、路線バス、高速バス共に三菱ふそう車も継続導入されています。

渋61系統の初台坂下~初台駅間は、反時計回りであり、初台駅→初台坂下間では、初台の商店街の中を走るので、東急バスの時代から親しまれていたその風景が見納めとなってしまうのが残念であります。

今回の渋61系統の廃止は、京王バスのファンだけでなく、昔からの東急バスのファンにも惜しまれています。

こちらは、ハイスピ(HIGHSPIRITS)で、1推しであるさやぽんこと葉月沙耶氏が、4月初旬にゆみみこと天野有美氏と共に卒業してしまうことと同様であり、さやぽんは、2016年5月から10月までステーション♪で活躍していたことにより、ハイスピのファンに加え、ステーション♪のファンにも惜しまれているので、さやぽんの卒業を、東急バスから受け継がれた京王バスの渋61系統の廃止に例えたくなります。

そんな自分(しゃもじ)は、渋61系統に乗った後に、渋谷の新生DESEOminiで行われたはいしゅぴ(ハイスピの派生ユニット)が出てきた対バンライブ(さやぽんも出てきた)に行き、さやぽんに会ってきたのであります。

この日は、東武東上線の川越ラッピング電車(池袋・川越アートトレイン)、こどもの国線のうしでんしゃの内装変更などの出来事があったけど、初台から渋谷まで17日をもって廃止される京王バスの渋61系統に乗り、はいしゅぴに会いに行くことを選んで正解だと思いました。

渋61系統に乗れるのは、今日(2月13日)を入れてあと5日となるけど、16日の土曜は土曜出勤(休日EXE、アウェイ)であり、17日の最終日は混乱が予想されるので、昨日にしておきました。

明日(2月14日)は、バレンタインデーなので、今月10, 11日にステーション♪に会いに行った時に、ステーション♪の「スキスカバレンタインデー」を聴くことや、1推しのあーにゃこと水湊あおひ氏からチョコを貰うことが出来たことで幸せを感じていました。

自分(しゃもじ)の京王電車や京王バス関連の記事は、お陰様で高いランキングとなることが続いています。

このように、初台から渋谷まで、廃止までのカウントダウンを迎えた京王バスの渋61系統に乗ることが出来て良かったです。






一昨日(2月10日)は、明大前から吉祥寺まで、京王電鉄井の頭線の1729F(レインボー編成)による、急行吉祥寺行きに乗りました。

吉祥寺駅では、2番線に到着し、折り返しは各停渋谷行きとなったけど、先発の1708F(初期型の水色(ブルーグリーン)の編成)による、急行渋谷行きとの並びを撮影することも出来ました。

1729Fは、2009(平成21)年に薄い水色(ブルーグリーン)編成として東急車輛製造(現、総合車両製作所横浜事業所)で製造された、1000系後期車のうちの1編成であり、2012(平成24)年10月3日からレインボー帯(正面色は白色)の特別ラッピングが施され、好評の為に現在も継続されています。

こちらは、1号車(吉祥寺寄り)がさくら(赤色から紫色)、2号車があじさい(紫色から紺色)、3号車が神田川と鯉(紺色から緑色)、4号車が井の頭公園(緑色から黄色)、5号車(渋谷寄り)がハチ公(黄色から赤色)と、井の頭線沿線の名所や魅力が表現されたステッカーが貼られ、側面の帯の色も前面と同様のグラデーションカラーとなっています。 

渋谷寄りがハチ公のステッカーとなっていることで渋谷らしさを感じているけど、吉祥寺寄りがさくらのステッカーとなっているのは、井の頭公園の桜との絡みもあります。

吉祥寺寄りの先頭車(1号車)の運転台後部には、ハートの吊革が取り付けられているのが特徴であり、こちらも撮影しておきました。

井の頭線の1000系の前面のカラーは、7色(レインボー)であり、ブルーグリーン(薄い水色)、アイボリー、サーモンピンク、ライトグリーン(抹茶色)、バイオレット(紫色)、オレンジベージュ、ライトブルー(濃い水色)であり、1962(昭和37)年から2011(平成23)年まで活躍していた3000系から受け継がれています。

ブルーグリーン 1701,1708,1715,1722F

アイボリー 1702,1709,1723,1730F

サーモンピンク 1703,1710,1724,1731F

ライトグリーン 1704,1711,1725,1732F

バイオレット 1705,1712,1726,1733F

オレンジベージュ 1706,1713,1727,1734F

ライトブルー 1704,1714,1721,1728F

レインボーラッピング 1729F

井の頭線では、今日はどの色の編成に乗った?ということを自慢することが出来るという魅力があります。

この日は、新大久保のクオーターノートで、ステーション♪が出てきた対バンライブに行っていたけど、その後に井の頭線に寄り道した理由は、高井戸駅の近くにある日帰り温泉施設である高井戸温泉美しの湯に行きたかったことに加え、ステーション♪のかのちゃんこと松島佳乃氏が井の頭線を推していることでありました。

この日は、高井戸温泉に行く前に、明大前から吉祥寺まで行き、吉祥寺駅で撮影した時に、かのちゃんのメンバーカラーである水色の編成との並びも撮影することが出来たことで、かのちゃんとの話題になったのであります。

かのちゃんのメンバーカラーに当たる色は、ブルーグリーン(薄い水色)のほか、ライトブルー(濃い水色)も挙げられています。

昨日(2月11日)は、押上(スカイツリー前)にあるワロップ放送局で、ポリリン学園の観覧での後の物販で、あーにゃこと水湊あおひ氏とのチェキ撮影したけど、その後に、かのちゃんとのチェキ撮影を追加したのは、前日の井の頭線の絡みであり、撮影した写真をかのちゃんに渡したら喜ばれました。

井の頭線の吉祥寺駅(2面2線の相対式ホーム)では、2本並びが見られることで有名であり、かのちゃんもこのことを話題にしていました。

京王れーるランドにある3000系の保存車である3719号車は、バイオレットカラー(紫色)であり、ステーション♪では、かののんこと瀬尾かのん氏のメンバーカラーに当たります。

上毛電気鉄道(群馬県)に譲渡された元井の頭線の3000系は、700型として活躍中であり、薄い
青緑色1色から、8編成異なる塗装(薄い青緑色、青、赤、黄色、ピンク色、淡青色、薄緑色、オレンジ色)となったことで楽しませてくれているけど、今年から順次新車に置き換えられる予定となっています。

その新車も色の異なる編成が踏襲されればいいなと思っています。

このような編成毎に異なる塗装の列車は、井の頭線が元祖であります。

自分(しゃもじ)が1729Fの乗車、撮影を行ったのは、昨年7月22日以来であり、当時はステーション♪のあゆゆこと中谷亜優氏と、かののんこと瀬尾かのん氏と初対面した日でもありました。

このように、京王井の頭線で、1729Fのレインボーラッピング編成に乗ることや、吉祥寺駅でそれを撮影することが出来て良かったです。