2011年09月23日

100回倒れても、起き上がればいいんだ!(ニック・ボイチチ)

テーマ:若者の方へ
神戸で行われたラブソナタでのニック・ボイチチのビデオです。

彼は両手両足がなく、鶏のような小さな足と指があるだけ。

このような境遇に生まれた彼は人生をのろいますが、­ある時神に愛されていると気がつくのです。

それから彼は各地を回り、沢山の子供達を励ましています。

「100回倒れても、起き上がればいいんだ!」静かに自らの身体を使って子­供達に伝える姿は、何度見ても感動があふれます。

http://www.youtube.com/watch?v=Ak60leHW5QI&feature=related


------------------------------------------------------------------

AD
いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「若者の方へ」 の記事
2011年03月18日

[prayforjapan.jp] 地震発生後、インターネットに投稿された心温まるつぶやき

テーマ:若者の方へ

http://prayforjapan.jp/message/


= = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = =

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005年04月24日

4/24 若者ニ告グⅣ

テーマ:若者の方へ


勉強も教える通信教育受験塾の捨面子(シャメンツ)です。

前回は、「趣味 や 好きなこと の延長線上に自分の天職がある」という趣旨の新聞記事をご紹介したが、ほんとにそうだと思う。

私事で恐縮だが、小生は昔、民間会社のサラリーマンをやっていた。 自社の製品をつくるための生産設備機械の設計がおもな仕事であった。

仕事は気に入っていたが、多忙すぎるとか、人間関係とか マァいろいろあってサラリーマンをやめることにしたとき、つぎにやる職業を、鍼灸師
(シンキュウシ:ほそい針を人体に刺したり、皮膚にモグサなるものを付け、それを燃やしたりして病気や痛みをなおす治療をおこなう者)にしたのである。

鍼灸師を選んだ理由は、妻の知り合いに鍼灸師がいて、それがえらく繁盛しており、そのマネをしようと思ったのである。
小生はそれまで鍼灸にはまったく興味がなく、また、人の病気をなおすことにも興味はなかった。
つまり、「金儲けのため、イイ生活がしたいため」 だけで選んだのである。

鍼灸学校に通って、おもしろくもない勉強をして、鍼灸師の免許を取り、いざ開業してみたら、惨敗であった。
治療した患者さんから「もういちど治療してほしい」と言ってこないのだ。
小生が鍼灸を好きでないこと、病気をなおすことに興味がないこと を賢い患者さんたちは、それこそ肌で感じたのではないだろうか。

しかたなく、鍼灸開業までの期間を食いつなぐつもりでやっていた学習塾を今もメンメンとつづけているわけで、カッコわるいことこのうえない。
まぁ学習塾も、成績が上がったときの生徒のよろこぶ顔を見るのがたのしい(下がっちまったときは地獄だが)とか、生徒と冗談合戦をするのがおもしろい などの楽しさはあるのだが。


そんなわけで、はじめの方に書いた「趣味 や 好きなこと の延長線上に自分の天職がある」というフレーズが、小生には、あざやかにきめられたボディブローのようにズシーンと心にひびくのだ。

ご自分の進路で悩んでおられる青春まっただなかの貴殿、小生のような愚かな輩(こういうのをホントの愚輩というのだ!)の轍を踏まないように、自分が好きなもの、心ときめくもの は何なのか? ご自分の心の声によーく耳をかたむけられるよう、お願い申しあげる次第である。


好きこそ ものの上手なれ



勉強も教える通信教育受験塾

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2005年04月18日

4/18 若者ニ告グⅢ

テーマ:若者の方へ

勉強も教える通信教育受験塾の捨面子(シャメンツ)です。

[4/11 若者ニ告グⅡ]にひき続いて、ご自分のやりたいことを模索中の方のお役に立ちそうな記事を紹介させていただく。
朝日新聞なので、すでにお読みの方には申しわけないのであるが。

朝日新聞 4月12日>Let's 仕事のかたち>小島貴子のキャリアスタートQ&A 欄
[よかったと思える仕事 探すには? 第三者に相談するのも一法]



[ Q1]
自分のやりたいことが具体的に分からない。
学部で勉強していることが実社会にどうつながるのでしょうか。
どういう職種に就職すれば有利なのかもよく分かりません。
(私立大4年 OUさん)

[ Q2]
興味のあることはたくさんあるのですが、それを生かしてどんな仕事につけばよいのか分かりません。
この仕事でよかったと思えるような仕事を見つけるにはどうしたらよいでしょう?
(国立大2年 YKさん)



[ A ]
「しまったはずの場所にナイ! わあぁ~」という時、OUさんはどう探しますか?
自分の行動を思い出す?
それともいつも置く場所を探しますか?

自分で見つけられない時、私は探し物発見名人(夫ともいいます)にお願いします。
名人は聞き取り調査の末、私の記憶や行動とかけ離れた場所から探し出してきます。

仕事探しも結構同じみたいですよ。
自分が思い込んでいる自分より、第三者(弱音を吐けたり、一緒にいて楽な人)が見つけてくれる自分の方が、すてきな仕事を探してきてくれたりします。

私が支援してきた経済学部の女子大生は、控えめでおとなしい感じです。
大企業の一般事務職希望。 何十社も面接し、きちんとした応対で感触もいいのに、最後の最後が通らない。
本人にも周りにも落ちる理由が分かりません。

趣味を聞いてみました。
映画、それも結末はどんでん返し、ハラハラドキドキする映画が大好きだというのです。

嫌いなことは繰り返し作業。
好きなことは結果のみえないこと、身体を動かすこと。

どうですか? 経済学部だし、事務職希望は順当かもしれません。
でも、彼女の心と身体は違うものを求めていたようでした。

それを一番感じたのが面接官だったのです。

私は、彼女が考えもしなかったエリアから仕事を探してもらいました。
好きなことから関連する業界・職種へ発想を広げていく連想ゲーム方式でたどり着いた仕事は「旅行添乗員」。

どんなアクシデントが起きるか、最後までわからないのが旅。
責任感の伴うこの仕事が、彼女にはピンときたようで、今は、元気に日本中を飛び回ってます。

彼女の一言「旅先に興味が広がり、ワクワクしています」

(埼玉ヤングキャリアセンター講師)


勉強も教える通信教育受験塾

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005年04月11日

4/11 若者ニ告グⅡ

テーマ:若者の方へ


勉強も教える通信教育受験塾の捨面子(シャメンツ)です。

3月21日に[若者ニ告グ!]というタイトルで、「己の運命をご自分の意思で切り開いて、いきいきと生きていただきたい。」旨の記事を書いた。

しかし、これでは若者の皆さんに対して中途半端な言い様であることに気がついた。

気がついたきっかけは、数日まえの朝日新聞の[声]欄に載っていた19才の短大生の方の[若者は目標を必死に探そう]というタイトルの投書である。

それによれば、「やりたいことが見つからない」若者が多いそうである。

やりたいことがはっきりしていないのでは、羅針盤(最近はGPSらしいが)のない船のようなものだ。
小生が申し上げた「己の運命をご自分の意思で切り開いて云々」以前の問題だ。

小生がゴニョゴニョ言うよりも、百聞は一見にしかず、上記の方の投書をそのままご紹介しよう。

あわせて、同じ朝日新聞の4月10日付けの同じ欄に載っていた19才大学生の方の投書も紹介させていただく。


[若者は目標を必死に探そう]

最近いろいろと話題になっているフリーター問題。
私の友人にもフリーターがいる。
フリーターでも目標を持っていたり、人生の経験として役立てたりしている人もいる。
しかし、フリーターの友人たちの多くが「やりたいことが見つからない」と声をそろえて言う。
私は福祉の分野の短大に入り1年。
その友人たちに「いいよね、やりたいことが見つかって。うらやましいよ」と言われた。
とんでもない、自分の進路を考える大学受験期を迎えたときは本当に悩んだ。
私だって何をやりたいのか、自分には何が向いているのか、見当がつかなかった。
しかし、「やりたいことがない」なんて言い訳にすぎないと考えて、自分探しをした。
母が福祉の仕事に携わっていることに加え、10年前から要介護状態にある祖母の存在が大きなヒントとなり、福祉を学ぶことにたどり着いた。
自分なりにこれでよかったと思える。 それは、自分の進路をどうするか、あのとき必死になれたからだと信じている。
悩んでいる人たちは、自分を模索する努力をまず始めてみてほしい。
悩んで、苦しんで、損することなどないということを伝えておきたい。


[自分の進路は行動してから]

「若者は目標を必死に探そう」(6日)を読んだ。
しかし、いつまで悩んでいても、何も変わらないままだ。
私は、高校生時代には機械や電子などに興味があったが、現在は環境情報学部に所属している。
地球を取り巻く環境が悪化していることに影響を受けたのが、志望した動機だ。
入学当初は、これでよかったかなという思いもあったが、次第に自分のやりたいことが見えてきたように感じる。
それは、私にとって意外なことだった。
1年もたつと、自分の考えが次第に変わってきたことに気づいたのだった。 周りの環境が自分をつくるとも思った。
将来の進路を考えて悩むより、自分の進んだ進路で悩む方が重要ではないだろうか。
そうすれば、意外なところで、やりたいことが見つかるかもしれない。


勉強も教える通信教育受験塾塾長・捨面子

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2005年03月21日

3/21 若者ニ告グ!

テーマ:若者の方へ
最近、「若者たちが無気力になったのは、日本の社会が、若者たちに夢をもたせることができないような貧乏で荒廃寸前の社会になってしまったからであり、日本の社会をこのようにダメにした大人たちが悪い。」という論評をしばしば見かける。

戦犯である大人の一員たる愚輩が言うのは愚の骨頂もいいところだが、たしかに、この論評はかなり正しい。
若者の皆さんに謝らなければならない。

しかし、若者の皆さん方がこの論評に賛成なさるのはもちろん結構なのだが、皆さんの中には、

「そうだそうだ。大人たちが悪い。おれたちはちーとも悪くない。おれたちは運のわるい被害者だ。ついてねえや、こんちくしょう。」

と、その上にあぐらをおかきになって、あいかわらず無気力のまま日々是無為日をおきめこみになり、高僧の悟りのごとく、行く雲や流れる水のようにいっさいをなりゆきにまかせるご心境でお過ごしいただいている方々もいらっしゃるようである。

そのような方々にたいして、「戦犯のくせに何をぬかすか。」と叩かれるのを承知のうえで、ひとこと(ふたこと、みことになるかもしれないが)言わせていただきたいと思う。


夢をかなえることがきわめて困難な、貧乏で荒廃寸前の日本国に生を受けられたこと、まことに不運で、ご同情申し上げる。

だが、その不運を己の運命として超素直にうけいれてしまい、その運命に唯々諾々と従って生きることで、貴殿はしあわせなのだろうか?

死期は誰にも平等にやってくる。
天皇陛下にも、朝青龍にも、イチローにも、松井秀喜にも、上戸あややにも、スマップにも、佐藤琢磨にも、黒田あゆみにも、そして貴殿にも、死期は確実にやってくる。

死ぬ1時間前、貴殿は何を想うだろうか?

「おれの人生、充実していた。くるしいことも多かったが、せいいっぱい生きて、たのしかった。」

私事で恐縮だが、愚輩はこう想って、死んでいきたい。

そのためには、運命に唯々諾々と従って生きるのではなく、己の夢の実現のために運命と闘わねばならないだろう。
それは、勝算がきわめて小さい闘いかもしれない。

だが、闘うこと、それ自体が大事だと思う。
闘わずして白旗をあげてばかりいたら、死ぬ1時間前に前記の想いはできない。

愚輩はそう思うのだ。


言わせていただきたかったことは、以上である。

これをどうお受けとりになるかは、当然ではあるが、全く貴殿のご自由である。

----------------------
勉強も教える通信教育受験塾


(補足・3/22)
上記の文章では、「安らかに死ぬことために、生きているあいだ努力せよ。」と、「死ぬ」ことが主役のように受け取られかねないが、そうではなくて、主役はあくまでも「生きる」ことである。
すなわち、愚輩が申しあげたいのは、
「己の意思で運命を切り開き、いきいきと生きていただきたい。 そうすると、結果として、オマケとして、安らかな死をむかえることが付いてくる。」
ということである。
ただ、そのように書くと、愚輩のきらいなお説教調になってしまって面白くないので、上記のような書きかたをさせていただいたわけである。
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。