梅雨パワー | 浅瀬男の本音(野尻湖&桧原湖ガイド)

浅瀬男の本音(野尻湖&桧原湖ガイド)

野尻湖&桧原湖プロガイド奧泉悠介の日常を。

アンリミテッダーのday2!




南風の爆風!


魚は映る!
けど、目の前を通すだけじゃノーバイト。

強風下のラインメンディングしっかり、通すコースをしっかり!

そして『喰わせ技』を入れればバイト率高め!



技を仕掛けないと喰わない。
仕掛けると喰う。


つまりワームを良く見てます



ワームを良く見てるからこそ、皆が投げてるワームは…






野尻湖はワーム1つで
同じリグでも圧倒的大差が出る湖。





奥泉ガイドもこまめにワームを変えてます。

ディトレーターのラバーチューン。





スモールは釣られたワームを覚えます。


野尻湖スモールは学習能力が非常に高いので1年でスレます。





奥泉ガイドも4年前は『2インチヤマセンコー』

2年前&3年前は『3インチグラブ』

去年は『3インチグラブのラバーチューン』

今年は『4インチグラブやディトレーター、ディッシュワーム、3インチ&2インチシュリンプ』とこまめに変えて、スモールの意識をそらして見切られないように使い分けてます。


回りが使ってないワームやリグなど、新しい物に強い反応を示すのがスモールの習性。




ワームが合えば連発!


出会えば即喰い。




フリーリグも釣れはするけど去年ほどの爆発力は無く、ストロングを感じない。
(皆が全域であれだけ投げてればスレるのも早い…)





そこにきて、喰わせのフリーリグに反比例してリアクションのフットボールが強く浮上してきています。
ジグ&ポークトレーラー。
ポークも使ってる人は少ない。
スモールからすれば、新しい物。






梅雨の低気圧で浮き浮きサスペンドスモールにはディッシュワームやディトレーター(ラバーチューン)のホバリングキャロ





魚探のスモールのポジションを見て、ゲーリーワームのソルト入りとノンソルトのワームを使い分け。




ボトム寄りの映像には4インチグラブ&シュリンプでボトムキャロ




雨が強くなってからはフィーバータイム突入!







シュリンプも爪カットのヤゴチューンが強く利きますよ。



初夏の映るけど喰わないスモールを、通し方、誘い方、ワームなどスモールの目先を変えてバイトを伸ばしていった1日でした。






2日間、無事故にたくさん釣らせてくれて感謝☆





#スモールはワームを学習する
#ワームは毎年変えろ
#回りが使ってないワームが釣れる
#新しい物に好反応
#リグやパターンは時代を経て一周する
#昔のリグやパターンが復活する
#梅雨パワー
#たくさん釣れた
#これも釣りなんだよ
#ライトリグこそ
#技を使え