ミドストのライン | 浅瀬男の本音(野尻湖&桧原湖ガイド)

浅瀬男の本音(野尻湖&桧原湖ガイド)

野尻湖&桧原湖プロガイド奧泉悠介の日常を。


テーマ:
(ごめんなさい、Instagramの記事と重複します)

ミドストの時に使用しているラインについて。

プリスポーンの時期は、卵を抱えている大きな個体が釣れる時期。

年間を通して、もっともウェイトが大きくなる時期です。

普段から引きが強く、『走る』スモールマウスバスが、ウェイトが大きくなりパワー増すので、下手なラインではラインブレイクが懸念されます。

歯が鋭いスモールマウスバスにはフロロカーボンが適応だと思います。

ミドストの時に奥泉が使用しているのはラインシステムの『G7ストラテジックフィネス』の3ポンド。



ミドストはロッドシェイクによるラインスラッグの作りでアクションを付けるのですが、このラインスラッグ次第で大きく釣果が別れます。

ミドスト上級者と初級者のラインスラッグは、横から見ていても一目瞭然で、そのラインスラッグの作りを見れば、そのキャストが釣れるミドストか、釣れないミドストかはすぐに分かります。

その時に使用しているラインの固さ(しなやかさ)によって、ラインスラッグの作りやすさが全然違うので、しなやかさもありつつスモールの鋭い歯にもブレイクされないライン選びが重要になります。

テクニックを底上げしてくれるのは、やはり道具です。

奥泉はG7ストラテジックフィネスの3ポンドを使用しています。
参考までにどうぞ。



Instagramの方で新しく奥泉ガイドサービスのアカウントを立ち上げました。

こちらのInstagramアカウントでしか発信しない限定情報、お客様の釣果情報や以前好評だったファイトシーン動画、ヒットルアーや野尻湖情報などをどしどしアップしていきます。
(24時間消失型のストーリーでは、シークレットリグやシークレットパターンの公開、ライブ動画の配信予定)


更新率はブログより高いので、是非フォローよろしくお願い致します。


奥泉悠介さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス