借地110と他社との違い

テーマ:

私はまずこの借地110番を世に広めるためにwebサイトを作成しましたが、これだけでは収入がなく借地人さんを救いあげることができない、と思い宅建士の資格を取りました。

ただ、借地の仲介手数料だけでは(そもそも借地の価格というものが低いため)また難しいこともあり、webデザインの仕事を片手間にしつつ借地110番を運営しております。

 

また、他の不動産会社さんとの違いは

「借地人さんが望んでいることをやり遂げること」

「無理なものを引き受けないこと」

「このような人には無理だと思ったらこちらから辞めさせてもらうこと」

「借地の過去の経緯を徹底的に調べること」

です。

 

まず、不動産屋というものは手数料が欲しい(当然のことですので全く否定はいたしません)ためとりあえずどんな借地でも売りに出してしまうところが多いです。

また一般の大手の企業に多い事は、契約書や今までの借地の経過を見ず、弁護士も借地に全く無知な方を入れてしまいます。

そのようなところで頼んでしまったため、地主から民事訴訟を起こされてしまったお客様が借地110番にかけこんできたこともありました。

その大手企業が出した買付証明書には、喧嘩状態にある地主の判子が必要な条件がいくつも並んでいました。

これで借地の買主としてその企業が通るわけがまずありません。

また、借地の過去の経緯を見せて頂くと、地代を何ヶ月も払っていなく地主からさんざん言われていたことや、無断改築をしていたことが発覚し、到底借地人に権利があるとはいえない状況でした。

 

ですので、そのような借地の経緯をきちんと調べて、これは地主には勝てない、民事にいってしまうと思う無理な借地権は引き受けません。余計借地人さんの不利益に繋がってしまうからです。

 

また、時々ご説明しても借地のことを理解されない方もいらっしゃいます。

そのような方には申し訳ありませんがこちらからお断りをさせて頂きます。

 

不動産会社ではなんとか案件を取らないと営業成績が、というのがありますが、

このネットの借地110番は私1人+裏方1名でやっているため

ある意味非常に自由にやっております。

 

焦る必要がないというのは、借地人さんの立場になって考えることができます。

 

ですので借地人さんにお会いしたらまず、どうしたいのか、何を解決したいのかをお聞き致します。

 

ただ、借地について全く無知の方が多いのではじめはまず借地権の勉強から入ります。

 

お会いするとまず借地の勉強会で2時間ほどたってしまいますが、その辺りはご了承くださいませ。