『エヴァ4』と『島育ち』を試打

こんばんは、りゅうです。



年明け最注目機種『エヴァ4』と、

年明け個人的注目機種『島育ち』を試打しました。



まずは『CR新世紀エヴァンゲリオン 使徒、再び』

スペックの特徴は昨日書いたとおりで、

リーチ演出やその他の詳細はHPを参照してください。

     ↓

  エヴァ4のサイト


で、感想。




「すいません、ハマっちゃうかも」


僕は『エヴァ』シリーズはほとんど打ってません。

『エヴァ』の原作も知りません。

でも、「おもしろいかも!」って感じました。


会社の先輩(ちなみに先輩はエヴァマニア)が、

「今まで打ったことのない人でも打てる『エヴァ』」

って言ってたのがよくわかりました。

大当たり中に簡単なストーリーが流れるのもグッジョブ!!


突発当たりもインパクトあります。

変動中にいきなり初号機が出現して大当たり。

ほかのタイミングもありそう?


細かいところにも芸が。

連チャンすれば図柄のキャラ絵が変わったり、などなど。


あとは、やっぱりあの筐体はインパクトあるな~って感じ。

操作面では、ハンドルは固定できそう?(笑)

ただ、ボタンを押すタイミングがわかりにくいかな。


かなり期待していいと思いますよ~。



次は『島育ち』

スペックの詳細はHPにアップされてますので割愛しますが、

注目はボーナス合成確率の甘さですね。

設定1でも87分の1、設定6だと73分の1という甘さ。

「1日100キュイン」も夢ではない!?


ゲーム性は『島』シリーズの緊張感を再現。

BBとRBの比率が1:2で、BBは純増約312枚。

しかし、RBはたったの14枚になります。


で、感想。




「僕は打ちます!」


「5号機キュイン」はこれでいいんです。

RTとかはいらないんです。

いっぱい「キュイン」って鳴ればいいんです。


ストック機能の1G連はないけれど、

自力で1G連させればいいじゃん!!

そのための、甘いボーナス確率なんだから。


『島』シリーズの、ヒリつく(とまではいかないけど)感じが良い。

BBかRBか、今回は枚数が天国と地獄になってます。

ボーナスサウンドも懐かしい~。



久々にホールで打ってみたいと思う2機種でした。



人気blogランキングへ ←いつもありがとうです

         よかったら、ポチよろしくです