社会福祉法人 水澄み会 スタッフブログ

社会福祉法人 水澄み会 スタッフブログ

施設のできごとや話題、島根県の観光情報など、さまざまな情報をお届けします。

☆特別養護老人ホーム ロング・レンの栄養です☆

 

令和3年5月5日(水) この日は「こどもの日」でした!

端午の節句にちなんで、鯉のぼりをかたどった“鯉のぼり寿司”をお出ししました♪

 

 

端午の節句は「菖蒲(しょうぶ)の節句」とも呼ばれています。

「菖蒲の節句=尚武(しょうぶ)の節句」とされ、男の子の健やかな成長を祈る日となったともいわれています。

なぜ鯉のぼりには“鯉”が描かれているのかと言うと、最初は吹き流しだけだったのが「滝を登り切った鯉は竜になる」という故事にちなんで、鯉が描かれるようになったそうです。

「子どもたちの立身出世や元気に成長してほしい」という願いが込められています。

 

ちなみに今回の献立のすまし汁には今が旬の筍が入っていましたが、端午の節句に筍を食べるのは、竹にあやかってまっすぐすくすくと育ってほしい…という願いが込められているのだとか。

 

 

子供たちの元気にあやかって私たちも元気に過ごせるように、鯉のぼり寿司をご用意しました!

お客様からも「鯉のぼり上手にできとる!」「かわいいね!」など嬉しいお言葉をいただき、ました(*^^*)

そして、食が細く残されることが多いお客様も、残さず召し上がられる方が多かったです。

 

これからも皆様が元気に過ごしていただけるよう、美味しい食事作りをがんばってまいります!