なんて楽し気な戦いなのでしょう!

 

エルフは(今も昔も)リノ虫オチにまみれていますが、ここ最近は特に顕著に「コスト1妖精さん」のまき散らかしが凄まじい傾向にあります。

そして「コスト2の茨」のディフェンスで序盤~中盤を制してウィスプ利用のリノ虫叩き込みオチで敗北する。。。

 

そこで、そんな馬鹿の一つ覚えを繰り出すしか能のないエルフ勢に一泡吹かせてやろうと編み出したのが「グラスの林檎遊び

 

 

かつてニュートラルネクロのおデックで、ツインプリズナー・フラム(攻撃時リーダーに2ダメージ)を利用した攻撃的な遊びの変化形、グラスのディフェンシブな面を活かした遊びです。

 

レジェンドの「トワイライトクイーン」が2、3枚あることが必須なので難度は高め。

 

動画の通り、ターン4でトワイライト(グラス破壊までにラストワード発動しておく必要がある)、ターン5でグラス+林檎が抜群に流れとして相性が良いので中盤を制するナイス陣組に活躍してくれます。

 

この手はもちろんエルフだけではなくて、小モノを散りばめるロイヤルやヴァンパイア(今だとコウモリブームなので効果抜群!)、あるいは原初利用のドラゴンにも効果的です。

極端な話、分裂後に2体場に出て、さらに1体を手札から繰り出し進化アタックするのであれば、計3ダメージを相手の場のフォロワー全体に叩き込めるのだからそれはそれは非常に強力な場の掌握力と成り得ますし、ターン6で「黒鶴」を叩き込めれば鬼の大破を狙うことだってできるのです!

 

動画の対戦では私は後手でしたけど、トワイライトクイーンは4/3のサイズなので、先手でポンっと出しておくのも効果的です。

次でグラスと林檎が決まる前提であれば、先陣切って配置しておくとよいでしょう。(つまりは、進化アタックで処理されるとして、攻撃力4に対しての相手の体力で1残しの可能性が、次のグラスの全体攻撃1と相性が良い。)

後手でも進化アタック時の6/5というサイズは相手にとって脅威となりますので、スペル処理が出来なければ進化アタックで潰すしかないでしょうからしかし、6という攻撃力に耐えうることは難しいので、1体で2体を処理する可能性すら秘めていて、進化ポイントの温存にもつながるナイスカード、それがトワイライトクイーンなのです!

 

注意点として、ラストワード発動カードが多くあると、グラスの林檎遊びをいざやりたい時、トワイライトクイーンの効果がなくなってる!?なんてことにもなりかねないので、ラストワードを持つカードは控えめに、あるいはグラスの林檎遊び一点に絞るかしなければなりません。コスト1スカルもラストワード持ちです。。。注意してね!

 

ペタしてね